Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« フリースラインドハーネスTraining Session&犬の砂場 3月24日に開催します。 | トップページ | 久しぶりの夕日のフタリ。 »

2012年3月10日 (土)

2012.2.26のフリースラインドハーネスのTraining Sessionより ふじ丸くんの場合

050_2
3ⅿリードや5ⅿリードとフリースラインドハーネスのコンビネーションでのお散歩スタイルが一部広まりつつまりますが、犬が飼い主さんのコントロール限界線を容易に越えて犬の気持ちだけが独り歩きしてますよ~が目に付くという続きの記事になります。

犬の不適切な(ニンゲン界で)行動の多くは、犬の習性に適ったものばかりで犬にとっては当たり前な行動です。

その当たり前な行動を受け入れてあげることで犬のストレスレベルは軽減されますが、その半面、自由ばかりを与えられていた犬は自由な行動ができなくなるとこれまたストレスを感じるわけです。

過干渉、過保護は必要ないとは思いますが…外へ出た途端、今までの関係はなかったことにーーーでは、少々、さびしくありませんか?

そして、犬の後を小走りでついて歩くばかり…の犬飼い人さん。

へちまこはヒトの犬の飼い方に云々いう趣味はないと、毎回お伝えしておりますがぁ~

でもね、自分の犬が困ったことに遭遇した時に、大切な、ア・ナ・タ という存在が助けになってほしいと願っておりますよ。

そういった意味でも、犬がアナタを確認するチラ見は大切なことなんだと思うのです。

さて、上の画像のふじ丸くん。

ロングラインでのお散歩の最終目的は前を歩く、あなたの犬がアナタを何の指示なしでもつどつど確認するかどうかです。

名前を呼んでとか、舌うちでとか、そうったことは最初は必要ですが、いつまでもヒトが語りかけない限りアナタの存在を確認しないとうのは、いつもでもコマンド待ちの犬にしかねないのですから。

また繁雑に名前を呼ぶ、舌打をするのは犬にうるさがられるからやめましょう。

犬の自由度の高いお散歩の中で、ランダムにこのトレーニングを取り入れ、そして、ごほうびを出さない時、そしてごほうびを持たずに出かける日を作ります。

そういったことで、犬がどのぐらいこのことを学習できてるか?

そして、ごほうびに頼らずに、犬の気持ちを自分に惹きつることができるか?という確認にもなります。

へちまこは、チェコは別として、リデルの散歩時には食べ物は持ち歩いてもあげないことが多いです。

多分もうなくても大丈夫な関係だと、へちまこは思っています(リデルに確認してないけど)

(リデルはご飯嫌いだけど自家製ジャーキーは好物!)

そして、普段使わないことで、タスクの時のモチベーションを上げたり、行政から委託されるしつけ方教室のモデル犬などで抜群の集中力を発揮してくれるのです。

051

ヒトが止まってリードがはると、止まってくれるふじ丸君ですが…後ろを自ら振り返るということはありません。

声をかけるっと振り返ってくれます。

ふじ君はトレーナーさんから由緒正しいトレーニングを受けた柴Boyです。

へちまこは、その子がどこで訓練を受けてこようが、それが強制であってもその犬の飼い主さんにそれは間違っていたとほとんど言いません。

知らなかったことやよかれと思っていたことでしょうし、間違いであったと言ってしまうのはその犬がこれまでしてきたことさえも否定するからです。

ふじ丸くんはいろんなことをトレーナーさんに教えてきてもらってきています。

ヒトが指示を出せば必ずミッションを遂行します。

そういったことができるふじ丸くんの良さを否定することは、今までのふじ丸くんを否定することだと思うからです。

052

ハーネスで下方向に圧をかけると犬は自然に振り向きます。

いいですかぁ。みなさん!下方向ですよ。

振り向いたら、こっちだよ~、犬が振り返ると同時に歩きだします。

ロングラインは犬を呼び戻しをトレーニングするものではなく、大切なニンゲンを自ら確認しながら歩くことをトレーニングします。

だから、犬が飼い主さんを確認できる範囲にいるならとやかくは言いません。

053ふじ丸母さんです。

犬が先行するお散歩の合間にママさんを追わせるというトレーニングを入れてくれるように提案。

チョコチョコとふじ丸くんの後を追っていたママさんの背筋が伸び出しました。

リードは短くしません。

歩道などでは短くするべきですが、ある程度の広さがあれば自由な行動をさせてあげてくださいね。

054 脚側を教えているわけではありません。

が~~、ふじ丸母さんの歩き方が変わってきたので、ふじ君も付いていきやすくなったみたいです。

057 こっちだよ~~

このトレーニングは、リードが張る前に犬を自発的に飼い主の後を追わせることで、いろんなことを回避できるトレーニングになります。

あわててリードを手繰ったり、犬の行き先を遮る必要はなくなります。

すれ違うなら、このまま反対側に誘導し、リードを犬から近いところを持ってすれ違います。

最初はヒトの指示するアクションも大きいですが、犬にもヒトの言葉を理解してもらう必要はあると、へちまこは思っています。

犬語を理解することはヒトには大切ですが、犬にもヒトの言葉をわかってもらいたいですものね。

ヒトのアクションは徐々に小さくしていき、最終的には頭が反対方向にむいたら、飼い主さんは遠ざかってしまうんだ、と犬がわかってくれるようになります。

058 いそげいそげ、おいてかれちゃうぞ。 

いそがないと…

065 まってまって~おや?

と、気になってもふじ丸くんはこのままついてきてくれました。 

067_3
ふふふ~、立場が入れ変わってきたでしょ。

あなた追いかけるヒトから追われるヒト…犬を観るから犬に観てもらえる人。

この違い大きいかもですね。

後はふじ丸母さんが、どこでこういったことを使えばいいかを判断できるようになることですね~。

ふじ丸くんは犬語に少々疎いから、その分、母さんが安全で安心な環境を整えてあげながら、母さん、ふじ丸くん共々、犬の砂場を利用してくださいね。

そしてぇ~ごほうびは有効に使わないとね(・∀・)

ふじ丸家、アップ遅くて、人( ̄ω ̄;) スマヌです。

では。

追記:今回の記録係さんは、北海道から駆け付けてくださったGさんです。

遠いところから、本当に遠いところから、ありがとうございますm(_ _)m

感謝し足りないし、感激のしっぱなしでした~ヽ(´▽`)/

また来てください

なんて、軽々しく言えないけど、いつか再会できることを楽しみにしています\(^o^)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

« フリースラインドハーネスTraining Session&犬の砂場 3月24日に開催します。 | トップページ | 久しぶりの夕日のフタリ。 »

ハーネス&ロングライントレーニングについて」カテゴリの記事

コメント

へちまこさんこんにちは!

ありがたいお言葉恐縮ですヾ(´ε`*)ゝ

こちらこそ貴重なお話体験の数々ありがとうございました。

教室の皆様にも色々なお話伺えてとっても勉強になりました。

教室の皆様へちまこ様本当にありがとうございました。

是非機会があればまた参上いたしますのでよろしくお願いいたし

ます。

Gさん、こんばんわ~

いえいえ、こちらこそ、こちらこそ、最後には楽しいひと時までにも
おつき合いいただきまして、ありがとうございました。

話し足りなかったこととか、お伝え足りなかったこととかがあって、
後から、反省したりしてますが、またこちらに参上つかまつるという、
心強いお言葉にぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーでございます。

そして、ぜひとも、再会を果たしたいですね。
それまで、ご自愛くださいませ。

またトレーニングに参加したくなりました。
意識の問題だと思いますが、惰性で散歩をしている毎日です。

優継パパさんへ。

ごぶさたですね~。

優継ちゃん、お元気にしてますか?

教室は4月1日から、同じ場所、同じ時間で始まります。
よろしかったら来てくださいね。

お待ちしておりますよ❤

掲載していただきありがとうございました。私のほうこそ、コメント遅くなり大変失礼しました。

チョークチェーンで首に衝撃を与え続けたらそのうち脚足歩行をしてくれるのだろうかと思い過ごした3年間。
風が吹いてはっぱがゆらっとするくらいでも、ちょっとした音に驚くふじ丸は、1歩外にでると知らない音だらけで都度都度あっちに逃げようこっちに逃げようと普通に歩くことができなかったので藁をもすがる思いでした。
毎回衝撃を与えることにとても疲れてきていました。お散歩中ず~っとだったからです。腕も疲れてお散歩が苦痛になりきっと一生このままだと確信して、果たしてこれがわんこのお散歩?という疑問が最大限になったときにFLHに出会いました。
今回初トレーニングに至ったこと、心から嬉しく思っております。
結局私次第ということがよくわかりました。
自分でどうしてよいかわからないところを教えていただけるなんて、こんなありがたい貴重な機会はありません。

犬語については1歳半くらいまではドッグランなどにも入れたりしましたが、訓練をうけてからはわんこと触れ合う機会を一切不要とのことで絶ってしまい、匂いをかがせたりマーキングも極力させないようにしたためふじ丸ともどもわからないことが残念です。
これからもできるかぎり参加させていただきたいと思っております。
今後ともよろしくお願いします。
それからG様、写真とっても参考になりました。心からお礼申し上げます。ありがとうございました。
お教室もとても楽しみにしております。

他のセッションは空きがない状態ですか?

優継パパさんへ。

あら、教室復帰ではなくて別セッションのご希望でしたか!

失礼しました。

3月24日はまだまだ余裕がありますから、お早めにご連絡くださいませ。

お待ちしております。
(メールでお願いいたしますm(_ _)m

ふじ丸母さんへ。

すっか~~り、コメント返しが遅くなり申し訳ございませんでした。

過日、あの寒い中、こちらへお越しいていただきましてありがとうございます。

少々、母さんにとっては耳の痛い?アドバイスもあったと、反省しております。
これに懲りず(笑)また、教室の方にもご参加希望でとてもありがたく思っております。

ふじ丸くんが迷っている、不安である、困っている、ということが母さんにもわかる日が必ず来ますよ。
そのお手伝いが少しでもできれば、いいなぁ~と思っていますよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« フリースラインドハーネスTraining Session&犬の砂場 3月24日に開催します。 | トップページ | 久しぶりの夕日のフタリ。 »

最近のトラックバック

カテゴリー