Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« アリス、来年の桜もみようね! | トップページ | FuntaskとAAA(動物介在活動) »

2012年4月15日 (日)

2012年度、前期「犬とのつきあい方と飼い主のマナー教室」始まっています!

Dcim0146 2012年3月25日の座学を含め〈新規生徒のみ)19名19頭で、「犬とのつきあい方と飼い主のマナー教室」が始まりました。

今回は、メインインストラクター3名、アシスタント2名~3名での構成です。

今回から、新規と継続を一時間ずつずらしての開催になりましたので、より、みなさんへの目配り気配りができるようになりました。

ので、ビシビシーーっ、しごいていきたいとStaff一同、決意いしておりますです(  ̄^ ̄)ゞ

教室参加のみなさん、心得て来てくださいませ~。

で、ここでは「犬とのつきあい方」とうことにも重点を置いてるのは、飼い主さんとの関係性が人社会での犬の不適切な行動を強化しまいがちだから、ちゃんと関係を築こうね、と、お伝えしたいと思ったからです。

3月25日の座学以外は犬同伴になりますから、新規生徒さんのワンコさんの中には吠えまくり、怯えまくり、逃げ腰、ケンカ腰・・・(びくびく犬さんの中には“それって演技とちゃうねん?と、いう子いますからね)

載せる画像でもお分かりのとおり、ここは一般市民の利用する寂れた公園でございます。

子どもは走り回る、トラックは通る、台車も通る、BBQはする(ホントは禁止)電車の通過音はする…と、いたって条件悪し。(へちまこはちゃんと公園内行為許可いただいてますよ)

そんな中で、犬たちとのコミュニケーションを築いていかなくてはならない参加者のみなさまのご苦労はいかばかりか

でも、この悪条件を克服できるペアであってほしいと願うし、Staff一同、参加者さんの底上げの手伝いを惜しみなくさせていただきますので、今期もよろしくお願いします。

Dcim0147 継続に昇進のペコちゃんペア。

イケイケドンドンの吠えまくりだったあのペコちゃんがw(゚o゚)wママさんの後ろを楚々として歩いています。

別段元気がないわけでもないし、怯えているわけでもないし、したいこともするペコちゃんですが、ママさんが「こっちよ~」と、いえば「は~~い。はいはい」と、ママさんを追いだしますし、なにしろママさんに気配りをするようになりました。

あーーー、一言言っておきますが、強制的なこと、罰的なこと一切使用しておりません。

ペコちゃんは本当はこういう子、だったということなんですね。

そして、秋の教室から6ヶ月、このペアの進歩はママさんの努力なんですからヽ(´▽`)/

「ずいぶん、努力しましたね」と、言うと「わかります、はい、そうなんです」と、誇らしげなペコママさんでした。

Dcim0148 愛情があればなんとかなる、と、思う飼い主さんもいますが、愛情で犬とのコネクションができるわけではありません。

犬は人の愛情などわかりません。

あるのは、その人が安全で安心な存在かどうか。

そして、自分を守ってくれる存在かどうか。

だから犬に甘えるのはやめましょう。

また食べ物をあげるからコネクションができるわけではありません。

犬が飼い主さんを自分で確認できているか?

飼い主さんが犬の適切な行動を拾っているか?

それに適時フィードバックを返すことができているか?

そして、不適切な行動に出る前に(失敗させること)適切な行動に誘導するタイミングを逃さないことです。

犬語の場合は、犬自身が同族を求める限り失敗しても人の手助けはいりません。

なぜなら、それは犬の社会だからです。

でも、ヒトの社会は人が教えていかなればなりませんよね。

そして、犬ほどに人はタイミングよく叱れません…叱るのがへたくそという飼い主さんが多し、叱ることばかりを考えるようになって、ほめるタイミングを逃すからです。

Dcim0150 犬があなたを見て、笑顔になるとき。

そこには確かに人と犬との絆が見えるはずだと思います。

その絆構築のためにも、なるべく早い段階でごほうびを抜くことをしていかなければ、いつまでもおやつコンタクトのつながりのままになってしまいかねません。

(こうたくん、パイロンスラローム2回目チャレンジでつどつどごほうびを抜くことに成功しましたね。すばらしぃ~~)

おやつを使わなくてもパイロン2個は制覇する、と、自信を持つこと。

最初はうまくいかないけれど、練習すれば上達することはたくさんあります。

できなかったことを後悔するより、うまくいかなかったことを顧みることができることを選択できるように。

そして、犬の適切な行動とは?この場においてどの行動が適切か?を、飼い主さんが選択できることが失敗をさせないことにつながります。

Dcim0151 人が犬の不適切な行動に視線を投げかけるだけでも、それがごほうびになるし、気付かせようと声をかけるのもごほうびになります。

これを依存している関係といいます。

依存していることに気づかず犬に視線を投げかけている方が実に多いです。

触りまくるから依存?

声を掛けまくるから依存?

いいえ、あなたの視線が犬を求めているからーーーと、気付いてください。

Dcim0153 こんなでかくてもパピー

うんPIしてるの観ていてもかわいいでしょ。と、聞いた時に、「はいなにしていてもかわいいですぅ~」と、自信を持ってお返事する飼い主さん!

要注意ですよ。

それが依存ですから。

それでは、犬にしてほしい適切な行動を見つけることは難しくなりますから。

では、お写真撮れなかったペアさんたち、(*_ _)人ゴメンナサイ 次回、心がけますね。

本日もお疲れさまでしたm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« アリス、来年の桜もみようね! | トップページ | FuntaskとAAA(動物介在活動) »

教室のこと」カテゴリの記事

コメント

へちまこさんをはじめ、スタッフの皆さんお世話になります。
新規組のこうた家です。飼い主の皆さんとは、よりよい犬との関係を築きたいという思いが重なるのか、とても雰囲気に馴染みやすく内容にも集中することができます。
今日のスラロームではリードは手に持たずに腰に付けましたよね。練習してるときから感じてたんですが、手に持ってるときよりも腰に付けてるという不安みたいなものが、犬とのコミュニケーションを取りやすくしてるような…手に持ってると引っ張られても大丈夫だけど、腰だど犬の行動を把握してその前に良い方向へ持っていかねばという意思が強くなるというか。こうたは力が強いですからね(笑)特にそう感じたのかも知れません。
そうそうすいません、次回の新規組は今日と同じ時間ですか?

こうた家さんへ。

昨日はお疲れさま~。

この日はリードを腰につけての誘導のトレーニングで、時と場合によっての脚側のトレーニングになります。
こうた家さんのご指摘のとおり、リード操作に頼らずいかにして犬の行動の先読みができるようになるか…なんです。
リードで犬が制御できない分、こうたくんの力ならママさんなどなぎ倒すでしょう…
でもリードなら、いざとなったら抑えちゃうもんね!と、リードに頼ることになります。

まずはそこからの脱皮でしょうか(脱ぐのかっ

いつもいつも脚側で歩く必要はないし、多くの犬飼い人さんたちもそれを求めてはいませんが、
まったくできないよりは、できる方が犬との生活の質は上がります。
そして、周りで見ている一般の方、犬が怖い方に安心感を持ってもらえると思います。

忘れてはならないこと、犬も善良な一市民にすることなんですから~ヽ(´▽`)/

お時間は、この日と同じです(新規生徒さんは10時からです)
よろしくお願いします。

昨日はありがとうございました。

こうた家が教室通いをしたいと思った理由の一つには、へちまこさんのおっしゃっている様に、
通りすがりの人々などへの安心感を持ってもらいたいというのがありますので、今回の課題を
頑張りたいですね。パイロン何個行けるかな。
そして、そろそろ脱皮をしなくては(笑)

次回も10時からですね!!
よろしくお願い致します。

先日はカーチスとその飼い主2名、大変お世話になりました。

へちまこさんとスタッフの方には飼い主の愚痴のような泣き言の様な話を聞いていただいて有難うございました(汗)
お蔭様で今までの迷いがキレイさっぱり吹っ切れました。

本日の散歩でキャリーバックに遭遇、突進しそうでしたがレクチャーしていただいたリード使いで吠えることなくすれ違うことができました。
それ以外にも困っていた行動がぐっと遠慮がちになっていて驚きました!
カーチスもどこかホッとして体から力が抜けているような気がします。

思い切って参加させていただいて本当に良かったと思っています。

あとは依存に気をつけて・・・これが一番難しいかもしれません^^;

次回もまた宜しくお願いします。

mihoさんへ。

日曜日はお疲れさまでした~。
あのあと、カーチスくん、爆睡だったのでは?( ̄ー ̄)ニヤリ

心身ともによい疲れ「疲れている犬はいい犬だ」ですよ。

早速、アドバイスの実行をしてくださり、ありがとうございます。
そして、成果があるようでホッとしております。

カーチスくんはもともとビビりで繊細だと、飼い主さんたちが見抜いてくれていたことはすばらしい観察眼です。

じゃあ、カーチスくんはそんなビビビりなのにな、なぜ、いろんなものに吠えかかるのか?
怖いということもあるのですが、カーちゃんは俺が守るぜ!的な強がりもあったようです。
でも本当は怖い。

今度はmihoさんたちがカーチスくんを守る人になることなんですね。
「そんなに嫌なら、わたしの後ろに下がっていなさい、私にまかせなさい」と、メッセージを送ることだと思います。

へちまこはリーダー論や支配性というものは必要ないと思っていますが、犬の保護者的な存在は必要だと思っています。
導いてあげなければ、犬は路頭に迷ってしまいますもの。

それから、今の対応を今後も当分続けてくださると、ありがたいです。
一日二日でカーチスくんのいままでの行動が消去するわけではありません。
適切な行動が定着するまで時間がかかります。
だから、mihoさんの体にいまの対応を定着させてくださいね~。

では、また次回に!

>あのあと、カーチスくん、爆睡だったのでは?( ̄ー ̄)にやり

カーチスは勿論、飼い主も爆睡でしたw


>へちまこはリーダー論や支配性というものは必要ないと思っていますが、犬の保護者的な存在は必要だと思っています。
>導いてあげなければ、犬は路頭に迷ってしまいますもの

理解しているつもりが、ビビリで繊細だからと丁重に扱いすぎ、
こちらの意思がカーチスには伝わっていなかったんだなあと実感いたしました。

これまでカーチスに重責を背負わせていたのだと思うと目から冷汗が・・・。
日曜日を境に、ビシッと任務を解任してやりました。


マンションの敷地内では人に会うと吠え、先頭を切って歩こうとリードをギリギリ引っ張って
歩いていたカーチスが、私の隣をゆっくり歩くようになりました~。
泣ける!

コメント何度もスイマセン^^;
返信は不要です。

ではまた宜しくお願いします^^

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« アリス、来年の桜もみようね! | トップページ | FuntaskとAAA(動物介在活動) »

最近のトラックバック

カテゴリー