Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« Cheshire The Teaching Dog そのままではなれないもの。 | トップページ | セミナー「動物虐待と人への暴力性の関連」のご案内。 »

2012年10月 9日 (火)

K君のその後・・・

102785617_org 画像と本文は関係ありません。かってに友情出演~しちゃってもらいました。

先週のKくんのママさんから、少しあわてたメールが来ました。

噛まれた!!!!!っと。

へちまこ思わず、アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

この報告のこの文字を観て「ソレミタコトっ、ヤッパリネ」となんて、思った方~( ´_ゝ`)フーン

・・・まぁ、ごく普通の気持ちでしょうかね?(副作用とか?

でも、ご安心くださいね。

実は、噛まれたのはK君なのです。

k君は先週も誰も噛んではいません。

Kくんは、同族に噛まれたのです。

向こうの飼い主さんの、「うちの子は大丈夫」を鵜呑みにして。

これはママさんのミスですが…

この後のK君とママさんがすばらしかった。

鼻の横を噛まれたらしいKくんのことを、とりあえず水で流して消毒せねばと、思ったママさん。

でも、Kくんは痛さのあまり、ヒーヒーと鳴いていたそうな。

そんなK君の顔に水をかけるなんて、咬んでくださってよろしくてよ、と言っているようなもの。

今までのK君なら?

咬んでくる!という確信がママさんにはありました。

でも、咬まれてもいい、水で流しておかないと、と思ったそうです。

ところが、K君。

噛まずにママさんのやることを受け入れたそうです。

噛まれたことでブルブルと震えていたそうですが、水で顔を流すとヒンヒン鳴いていたそうですが、それでも咬むという行動はなかったそうです。

その後も、獣医さんで治療を受けても噛むこともなくて、ほっとしたママさんとパパさんでした。

へちまこは、犬が誰かを噛んだ(犬、人)噛まれたという場合、その後の犬のボディ・ランゲージや頭部のシグナルがどんな感じだか、詳しく聞きます。

そのようすから、その子の情動を推し量るわけですが、今回の噛まれちゃったKくん。

噛まれた当初はぶるぶるでしたがお散歩を再開すると、だんだんとごく普通の気持ちに戻ったようで、その後は震えることもなくお散歩したそうです。

へちまこはそのお話を聞いて、酷いトラウマにはならんだろう、と思いました。

ママさんが犬嫌いになりますか、と、訊ねてきたので、一定の犬種(今回噛まれた犬種やそれに似たような風体)には用心すると思いますが、犬全般がダメにはならないと思います…と、返しておきました。

すると、ママさんがいつも挨拶できるシーズーは唸っていて、他の子は大丈夫でした。と。

これは、ホントのところはk君に尋ねてみないとわからないけど、噛んだ子の形と風体が似通ってるので、用心のためにK君は唸って「『嫌だよ』を伝えていたかも。と、返しました。

私たちも何か怖い目に遭うと、その人間から負わされたことでもないけど、似たようなタイプ、似たような服装の人に用心をしますよね。

それと同じことが、犬たちに起きても何ら不思議ではありません。

当分、Kくんが嫌だよ、という子には近寄らず、K君がいいね!という子との交流を勧めておきました。

この反応も一時的なものであって、そこそこ自分で用心することを学習していれば、次回は噛まれることもないと思います。

相手の犬は微動だせずKくんが近寄るのを待っていたそうです。
これはもう、近寄るな、来るな、咬むぞ、と警告を発しているのですよ。

狙いを定めるボクサーのようなもんです。

Kくんママさんは、唸らなかったし、歯もむかなかったので、大丈夫だと思ったそうです。

いえいえ、同じような挨拶行動や首を下げる(頭部)耳を引くというシグナルが手にとって見えるくらいならいいですが、わからないなら近づけるのはやめた方がいいでしょう。

それにしてもKくん。

先々週は、注射針(血検)5回失敗されたようですが、それも我慢できたようです。(すごいよね~~、人間だって嫌になるのに。K君には攻撃性なんてないんだよ

唸りだしたけど「我慢だよ」で、唸りが鳴き声(ヒンヒン)に代わって、我慢できたそうです。

ただ一度、玄関から飛び出しそうになった(あとでよく考えたらそう見えただけだったらしい)Kくんをいきなり後ろからつかんだら、歯を当てられたそうです。

これは咬まれたではなく、噛んだでもない、いわゆる反射で、Kくんも噛んだとは意識していないことでしょう。

人間だって、意図しない時にいきなりのものがあれば手で払いのけるでしょう。
それと同じです。

防御でも防衛でもないです、だからいわゆる反射。

犬は手がないから、口なだけです。これは咬んだに入りません。

だから、この場合のK君は噛んだという意識がないから、ルンルンでいたそうです。

ただこの時にパパさんもいて、ママさんは「あの対応はまずいんじゃない。別な方法があるでしょ、スワラセルとか」と、パパさんに何度かいわれてしまったといっていました(いつもはママさんが言う立場なのに少々悔しかったらしい( ^ω^ ))

ステキなご夫妻ですね~~

今まで(へちまこが関わるまで)何も努力をしてこなかった人達ではありません。

このようなエピソードを毎週聞かせてくださる、Kくんママさんたちに感謝

そしてね、今後噛まれるようなことはあるだろうけど、あわてずに自分たちの頭の中の引き出しを開けてくださいね。

今までの対応をパズルのように自分たちで当てはめていけますように~~

へちまこ。ひと安心。

ここまで真摯に取り組んでくれる人たちって、清々しィね。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« Cheshire The Teaching Dog そのままではなれないもの。 | トップページ | セミナー「動物虐待と人への暴力性の関連」のご案内。 »

咬んでたけど咬まなくなったワンコのこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: K君のその後・・・:

« Cheshire The Teaching Dog そのままではなれないもの。 | トップページ | セミナー「動物虐待と人への暴力性の関連」のご案内。 »

最近のトラックバック

カテゴリー