無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 10月23日 ドッグ・コミュニケーション・クラス 犬の砂場 開催します。 | トップページ | K君のその後・・・ »

2012年10月 4日 (木)

Cheshire The Teaching Dog そのままではなれないもの。

44_large (チェシアにティーチン・グドッグの素質があるといえば、あるのだろうと思う。それはリデルと暮らしているからそうなるという理由ではなく、生まれ持ったものかどうか)

今日、夕方のお散歩で子犬の時によく遊んだ、柴犬のCちゃんがいた。

Cちゃんは柴女子だから、けっこう気の強いところもあるけど、仲間を本気で噛むような子ではない。

チェシアに会うといつもフタリで走りまわっていたが、チェシアがあまりにもCちゃんに執着するので、Cちゃんとはしばらく遠ざかっていた。

しばらくすると、Cちゃんには新しい柴女子の友だちがフタリもでき、チェシアと遊ばなくても
さみしい思いはしないだろうと思っていたが…

Rちゃんという柴の子とCちゃんなら、割と穏やかに遊んでいられるけど、そこへもうヒトリの柴女子Mちゃんが入ると、とたんにCちゃんは形勢不利になってしまう。

Cちゃんを、フタリで追いかけまわし、脚を噛み、マウントする、それでもCちゃんは弱音を吐かずにこのフタリに応戦する姿を毎回見ていた。

でもCちゃんの表情は口角が引き連れ、尾は下がり気味になる。
それを観ても、犬語を知らない飼い主たちは「ガンバレCちゃん、もっと走ってうちのを疲れさせて」と、うるさい。

そんなところをチェシアは観てしまうと「ああ、Cちゃんが大変だ、助けたい」と、騒ぎ出す。

へちまこは、チェシアが何をしたいか、よくわかっている。

Cちゃんをあの危険な遊びから切り離してあげたいのだ。

でもここは一般の飼い主が集まる場所で、犬の砂場のようにティーチングさせていいようなところではないと思うので、なるべくならスルーをさせてきた。

でも、今日、なんだか人間のいじめの記事などを眼にし過ぎたせいか、この傍若無人な意地悪な柴女子たちを少し懲らしめてやろうと思った。

周りの飼い主たちは「チェっちゃんも走りたいのね~、興奮しちゃってるね~」なんて言うけど、チェシアの尾を観れば興奮などしていない。

上がってはいるが、大きく振られることはないからだ。

ティーチングできる素質は持って生まれたモノ+ティーチングに必要な判断力を養えれるか、どうかだ。

素質があっても、どう動かなければいけないかは、先輩犬や人が調整する部分がある。

へちまこは、小さな声でチェシアに「行っていいよ」と、囁くと、チェシアは、すーーーーと、柴女子たちを目がけかけ出した。

でも、駆け出したはいいが、Cちゃんを遊びから切り離そうとして、Cちゃんを追いかけまわす。

これでは別のフタリに加勢してると違わなくなる。

チェシアにしてみれば、Cちゃんこんな子と遊ぶのやめなよ、と、大きな声で教えているのだが、それではイケナイのだ。

この行動を変えていかないとティーチングドッグにはなれない。

切り離すより、他の柴犬をターゲットだと教えていくのだけれど、その行動が現れるまで人が介入し、犬の行動を制止させ、したいことを取り上げながら、その行動が現れるのを待つしかない。

チェシアがCちゃんの追いかけそうになるたびに介入し、行動を止めていく。

その間もフタリの柴女子はCちゃんに絡み続ける。

犬の遊びはその役割が入れ替わることが理想だ。

追いかけられる役が好きな子もいるけど、途中途中でこれは遊びだよという、シグナルやボディ・ランゲージが随所にかわされるはずだが、このフタリの柴女子にはそれがなく、一方的にCちゃんを追いかけまわす。

もうこれは、狩りかいじめだ。

それに気づかない飼い主はけっこういて、「いつの間にかうちの子、犬嫌いになった。あんなに遊んでたのに」と、思うことが多い。

我慢の壺がいっぱいになれば、あふれだすしかない。
小さなシグナルを読まれることがなかった犬は、一気に威嚇、攻撃となってしまう。

そうなる前に飼い主さんは自分の犬を救いだしてほしい。

チェシアの行動をの中にRちゃんやMちゃんを追いだす行動が見えだし、それが正解だと教え続けて行くと・・・

突然、flairついたようにRちゃんを追いかけ出した。

Rちゃん、矛先が自分に向けられ、チェシアに追いかけまわされる羽目に。

Rちゃんは必死に逃げ回る・・・MちゃんはあんなにCちゃんを追いかけまわすのにチェシアとは絶対走らない。

チェシアに追いかけまわされるRちゃんを、ただただ見ているだけだ。

Rちゃんの勢いがなくなりだしたころを見計らって、今度はチェシアを止めるためにへちまこの傍らですわっていたリデルを促す。

チェシアを止めて・・・といえばRちゃんとチェシアの間に走り入り、チェシアを止めてくれた。
ごく自然にすっと介入できるのは犬ならではだと、改めて感心する。

これが、犬の行う、スプリッティング・アップなのだ。

人間が行うものなど、足元にも及ばない。

Cちゃんは矛先から解放されて、ほっとしていた。

このフタリの柴犬女子、少しは懲りたかな?
一方的にやられる恐怖、追いかけまわされることがどんなことだか?

犬にもいじめはありますから、飼い主さん、ちゃんと見てくださいねcoldsweats01

56_large
Teaching Dog は、基本、優しくて、強いんだよ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 10月23日 ドッグ・コミュニケーション・クラス 犬の砂場 開催します。 | トップページ | K君のその後・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/55814565

この記事へのトラックバック一覧です: Cheshire The Teaching Dog そのままではなれないもの。:

« 10月23日 ドッグ・コミュニケーション・クラス 犬の砂場 開催します。 | トップページ | K君のその後・・・ »

最近のトラックバック

カテゴリー