無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月26日 (火)

存在しない犬たちのこと…サヨナラの予感。

Dcim1151 2週間ぶりのグロネンくろちゃん。

どんどんどんどん、かわいくなっていく。

どんどんどんどん、かわいくなっていくころにサヨナラの近づく予感が。

ここにいるより、ちゃんと我が家と呼べる安心で安全で、夜も人間がいてくれるところがいいに決まっている。

そんなことはわかっている。

そろそろ、良い個人でも団体でも探してあげないとならないとわかっている。

でも、クロちゃんにはチョークなど使ってはほしくない。

どうして巷のシェパード好きは訓練をしようとするのだろうか?

どうしてチョークチェーンを使うことを無上の喜びにしようとするのだろうか?

犬が望んでいるのだろうか?

センター職員もへちまこも、クロちゃんやシロちゃんは特別扱いしてきた。

だって、ほかの保護犬たちとは違うこと、『かじっちゃうよ』ということがあるから。

Dcim1153 クロちゃんがかじっちゃうことの原因は大概が人間側の問題だ。

人間はバカだから犬をもらうとすぐに自分のモノだと勘違いする。

犬は、自分のために生きていて、自分のためにいろんなものを守ろうとするだけなのに、人間はバカだからそれは許すことができない。

力ずくや痛みでもってクロちゃんのかじっちゃうことを直そうとすれば、今のクロちゃんは確実に後退し、再び酷い咬みを与えようとする可能性があるし、それをなくすために強制的な訓練をすればするほど人間を信用しなくなるだろう。

犬をすぐに自分のモノにしたがる人間には、クロちゃんやシロちゃんの心の隙間を埋めることはできないと思う。

教えてもらってこなかったことが多すぎるクロちゃんも、近ごろは声をかけるとうれしそうにしっぽを振るようになった。

能面みたいだった顔にも明るい日差しが似合うようになったきた。

一緒に歩いていると、チラッと観る回数が増えてきたし、クロちゃんが先を歩いていても「ちゃんとついてきてくれているよね」と、振り向くようになった。

かわいいとしか言いようがない。

みんなで頑張ってきたということはこういうことだから。


Dcim1155 ボール遊びが好きだと言うことがわかってきた紀州シロちゃん。

和犬らしく、知らない人にはおやつはもらうが、もらうだけで触ろうとすれば唸ってしまう。

おやつくれたら、もうお前なんか怖いからあっち行け!と、くるぶしあたりにパクつくし(笑)

職員さんでもあまり関わりのない人にはかなりの警戒心を持つ。

和犬らしい和犬だと思う。

それだけに時間をかけて関係性を築いてくれる人にもらってほしいのだ。

慣れている人に見せるシロちゃんは、やはり、かわいいかわいいシロちゃんだから。

クロちゃんもシロちゃんも誰にでもどうぞとあげられる子たちではない。

特別扱いしていることがこの子たちの安定させているからだ。

特別扱いとは、いい食べ物あげるとか、やたら食べ物やるとか、いやらしく気を使うとか、ベタベタかわいがるとか、そんなことではない。

常に、安心で安全な環境とそのような人間であるということを、犬たちにわかり易いメッセージとして伝えてほしいだけだ。

だから、恐怖や痛み、脅かしでもって、犬と人との関係を築いてほしくないだけなのだから。

Dcim1154

どこかの施設では少しでも咬む可能性のある犬は処分の対象らしい。

川崎も以前はそうだった。

何もせずにいい犬なら右から左への譲渡だけで職員さんも楽だ。

川崎のセンターは全国一殺処分数が低い。

限りなくゼロに近い殺処分のある施設だ。

以前なら、クロちゃんもシロちゃんも処分の対象になる犬だろう。

最初から人と暮らすにはかなりの問題がある犬なら分かるけど、クロちゃんもシロちゃんも、ましな人間に出会うことができなかっただけだ。

人間に原因があって、犬側にまだ人への信頼の回復の可能性があるなら、希望という名を厭わないでいたいと思う。

私は、クロちゃんシロちゃんがかわいくて仕方がないから。

どうか、どうか、この子たちをもらう人間がこの子たちに過大な望みをかけないでほしい。

それだけが願なのだから。

だって、この子たちは充分人間の身勝手さに付き合ってきたのだから…。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年3月25日 (月)

ようこそ!「犬の砂場」工業高校へ。

Dcim1160 23日に開催されたDog Communication Class「犬の砂場」。

この日は、まるで工業高校並みの女子率の低さでした。

10頭中、7頭が男子犬。

女子は、ダダ女史、ミューズさん、リデルの3頭で後はみんな犬男子です。

この日のメインは、ベルジアン・タービュレンのアーサー君。

大都会の真ん中に住む、イケメンタービュレン5歳でした。

タービュレンのアーサーくんには、本番の「犬の砂場」以前に、ミニ犬の砂場的なところで一度リデルとは会っています。

その時のリデルのアーサーくんへの対応は「このヤロー」でしたね~(;´▽`A``

なにがこのヤローかと申しますと、観るわ観るわ、ガン見もいいところ。

犬が好きすぎて観てしまうし、アーサー君は相手への興味がありすぎて勢いまでもありすぎて、どうしてもガンガンドコドコズカズカと近づいてしまうのです。

そして、アーサー君は、空間を読めない男でもありました。

ほら犬って全速力で走っていても、障害物になかなかぶつからずに走りますよね。

人が栗林していても、その場所をヒョイヒョイ避けて走り抜けていく子が大概です。

が、アーサー君は相手を追うのに夢中になるあまり、ぶつかりリデルをなぎ倒したことがあるのです。

リデルは草ハミハミしていてちょっとうつむいていました。

そこへ、うちの走り屋チェシアの後を追って来たのです。

チェシアはもちろんリデルを避けて走り抜けましたが、アーサー君は夢中のあまりあろうことか、リデルをなぎ倒してしまったのです。

へちまこ、久々、リデルの背中の毛がおっ立つほどの怒りを見ました。

言葉にすればannoyき・さ・まーーーーーーっsign03コロすpunchヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;」でした。

アーサー君は、アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

danger実際にコロシはしませんから、ご安心を(;´▽`A``

その後のアーサー君に再会したことになります。

で、リデルの反応は「このヤロー」であったわけでありますが、あの日何かを学んだのか、

この日のアーサー君のいろいろな場面で、あの日のことが反映されていたのは確かなことでした。

Dcim1162 空間感覚も、狩りをする動物にはなくてはならないものだと思います。

相手との距離や、仲間との距離。

仲間の位置や障害物を把握していないと、ハンティングはうまくいきませんよね。

空間の距離感を学ぶには同族との遊びは欠かせません。

犬は、仲間との遊びを通してその空間距離を学んでいるんだと思います。

ほら、犬たちって狭いところで遊んでいてもぶつからずにいることが多いと思いますよ。

ぶつかりそうで、ぶつからない…周りの状況をよく観ていないとできないことです。

そのことを学んで何になるのか。

なんて穿った事を考えずに、犬が同族を通して学ぶことは後あとになって、そうか、これがあの時のインパクトだったんだ…と、ニンゲンがわかる時が来ます。

周りのモノを気にするようになると、自然と相手へのガン見が減ることは確かなことなんですよ。

だって、周りに気を使うことは、視線が外れると言うことなんですからねwink

Dcim1161 こうたくんの成長も、周りを驚愕させました。

ね、穏やかでしょう。

以前のチンピラはありません。

まだまだ、自分のやりたいことを押し通そうとする時もありますが、チンピラにはなりませんでした。

へちまこはこうたくんとアーサー君はどうかな~と、思っていたんですが、案ずるより産むが易し…争うことはなかったフタリでしたhappy01

Dcim1163 ふむ、この平和を乱すモノはいないのか…と、言っているかどうか?

ここへ全てをお伝えできないことは残念ではありますが、あれだけの♂犬が集まり、中には未去勢の犬もいました。

少々のいい争いはありましたが、あの犬男子が対峙した時の嫌な緊張はなかった…。

♂同士は、すぐにケンカするモノではないのです。

犬との社会性があるオス犬は優位性の牽制の応酬はありますよ。

でも、すぐに流血ざたのケンカになるわけではありません。

「お前もなかなかのもんだな。よし、今日は、このぐらいにしておいてやろう」と、お互いがお互いの存在を認めあうことで、激しい争いが避けられているのかもしれませんね。

Dog Communication Class「犬の砂場」で語られる様々な犬語は、人間に向けられる犬語ではなく、すべて純粋に同族へ向けられる犬語です。

へちまこは、犬たちの言語のレパートリーの多さには、毎回、驚かされるのです。

そして、ノンバーバルな言語(正しい使い方ではないとは思いますが)を、駆使しながら同じ空間を共有する平和を保とうとする犬たちに、へちまこは感服するのでした。

では。

非公開の方は今しばらくお待ち願います~m(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年3月14日 (木)

サリー先生 来日記念セミナー「犬のストレスを考える」を開催します。

ビッグなお知らせですよ!みなさんo(*^▽^*)o

フリース・ラインド・ハーネス&パーフェクトフィット・ハーネスの考案者であるサリー先生が、この度、日本に来ることになりました。

サリー先生は以前から、

「私のハーネスを使ってくれる日本のドッグオーナーに会いに行きたい」と希望され、

そのお手伝いを、Harness User'sTechnical Support Group
(以下HUTSG)と、

かわさき犬・ねこ愛護ボランティアがすることに・・・。

サリー先生はフリース・ラインド・ハーネス&パーフェクトフィット・ハーネスの考案者でもありますが、ご自身も長年アジリティーやフライボールをご自分の犬と楽しまれてきました。

その中で培われた犬へのストレスを軽減しながらトレーニングする知識を、私たちに伝えてくださるそうです。

少しでもたくさんのドッグオーナーにサリー先生のメッセージが届きますように。



サリー・ポプキンズ公開セミナー

「犬のストレスを考える Stress Management in Dogs」

日 時  2013年6月1日(土)  
      10:00~16:00 9:30開場(受付開始)

会 場  東京八重洲ホール 東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル
      *東京八重洲中央口から徒歩3分

参加費  一般:6,000円 後援団体会員・学生:5,000円
      *受付で会員証・学生証をご提示ください。
      
      参加費は指定口座への振り込みとなります。

      詳細は↓
      
      セミナー詳細PDF
      
http://kawasaki-inuneko.org/kawasaki-ku/20130601.pdf
     
      
↑重いようでしたら一報ください。差し換えますm(_ _)m


danger お詫びと訂正です。口座名義:カワサキイヌネコ…がPDF並びにリーフレットがカサキとなっておりますが、こちらのミスでございます。
お手数ですが、カワサキ…とご記入くださいますようお願い申し上げます。

主 催  かわさき犬・ねこ愛護ボランティア(川崎市条例21号35条)

共 催  Harness User's Technical Support Groupdog

協 力  Sala Labchick

後 援  公益法人東京都獣医師会/社団法人川崎市獣医師会
      特定非営利活動法人動物介在教育・療法学会/
      一般法人日本ペットドッグマッサージ協会
      日本フリスビードッグ協会
      NPO法人日本ペットドッグトレーナーズ協会

*定員100名になり次第、締め切らせていただきます。

145_large
みなさ~~~ん、来てくださいね~。

きっと、何か良いお話があると思いますから(*^ω^*)ノ彡

では。

しばらくこの記事がトップです。

いつもの記事はこの下になります。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年3月 9日 (土)

存在しない犬たちのこと・・・続き。

Dcim1029 先週(3/1)のクロちゃん。

本当に少しずつだけど、人間と何かすることが楽しくなってきてくれたようで、食べ物をもらうだけの関係から、意識して言葉を待つようになってきました。

こういう犬たちに出会うといつも思うのですが、もっとましな人間に出会っていたらとか、もっと手をかけてくれる人間と出会うことができていたらと…考えてしまいます。

この日もごほうびと間違えてかじっちゃたのは、2回、血豆で済みました。

痛いよ、というと、「あ、そんなつもりでは・・・」というような、表情も出てきました。

職員さんを酷く噛んだと言うので心配をして見にいった先週ですが、落ちていたキャベツの芯を拾おうとしたので、止めようとしたら咬まれてしまったということだったんですが…

クロちゃんにしてみたら、自分のモノだと主張したに過ぎないだけ。

そして、そんなことをしなくてもいいんだよと、教えてもらっていなかっただけなこと。

教えてもらってないことはできませんって。

Dcim1028 いや、ほんとすんまへん、なんせガサツなヤツでして、そこんところわかってくだせい。

でもね、今週(3/8)のクロちゃん・・・
Dcim1074 ほら、こういう顔をするようになりました。

うちのチェシアにそっくりなぐらいの良い顔をするようになりました。

シェパードなんだなと思わせる行動も多くなりました。

人間の声やしぐさや、何を言われているか、自分の知っている言葉があるかどうかを一生懸命探ることが多くなりました。

10年間、人間との希薄な関わりしかなかったグローネンダールのクロちゃん。

人が手をかけることの大切さを教えてくれる存在です。

この日は、大好きなボールをカミカミしていいけど、許可があったら噛めること、離すの指示があったら離すこと、を習いました。

大好きなカミカミがたくさんできて、やりたいことをさせてもらって、ほめてもらって、ごほうびもらった後の良い顔のクロちゃんです。

もうさほど長くはないクロちゃんの犬生ですが、どうか、良い人にもらわれますように。

まだまだ、数年は元気でいられるとは思いますが、クロちゃんの良さを全部受け止めてくださる良い人間さん、お願いします。

そして、ここにも、もう一ついるんだな~と。
Dcim1037 紀州のシロ君。

これは先週(3/1)

この子ももっとましな人間に出会えていたら…。

ここまでビビりにはならなかったのではと思わずにいられない子です。

でもね、ま、それはそれ、過去は過去。

立派に進化中です。

Dcim1065 先週は近くの遺跡のある山に登りました。

初めての遠出です。

畑をまじまじ見ていました。

畑がある家がご希望のようです。

背中のハゲは、皮膚病の治りかけです。

ストレスを溜めこんでいる子は皮膚病になり易いようです。

シロ君もリードを引かれると、這いつくばり固まります。

犬の動きに合わせながらリードの操作を行うにも、シロ君みたいな子には首輪より、ハーネスが一番です。

フルチョークなんて論外。

ハーネスでのトレーニングは、人間が試されていると思えばいいんだと思っています。

犬を思うがままにコントロールしようとしていることに気づかない人間さん、一度、ハーネスで犬をトレーニングしてみるといいといいと思いますよ。

Dcim1077 3月8日のシロ君。

ね、だんだんと良い顔になってきてるでしょ!

不安が強くて、いつも動き回っていたシロ君だけど、この日は自分で考えて答えを探すと言うことに時間を費やしてあげると、落ち着き出しました。

お散歩も重要だけど、それはそれで限界があると思います。

人との関係を築いていくことの楽しさを教えてあげたいし、クロちゃんもシロ君もそれが必要だと思うから。

優しくて、イライラしなくて、心が広くて、一年後のシロ君の成長を見守ってくれるような人にあげたい子です。
Dcim1068 で、食用だったルイくん(ホントかいな?ホームレスさんのいうことだからねcoldsweats01

人間社会の音慣れのために、職員室ぐらしです。

ずいぶん慣れてきました。

食用でいるより、家族としてもらわれたいという、本犬の希望があります。

人に寄り添うことが好きな子ですので、物静かなご家族やご夫婦にピッタリな子です。

それから、抱かれている黒い子はセンター犬だったココア。

長い間、センターふれあい犬として活動してきた、市の大切な備品です。

ココアの良さは、天真爛漫、何があっても人間大好き、クイシンボウバンザイ。

数年前、へちまこがこの子がセンター犬に向いているとチョイスした時には、ココアの落ち着きのなさが、根気のない男性職員さんたちからは不評でしたが、母親のような女職員さんの手で見事なセンター犬に成長してくれました。

ココアは、先月のふれあい活動を最後に引退しました。

ココアも今後は、ココアを家族として迎え入れてくれる方を募集します。

ま、この中で一番の押しワンですよ、早い者勝ち~。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年3月 6日 (水)

Dog Communication Class 犬の砂場開催します。

34_large       寝るもよし、スワルもよし、語るもよし・・・

長い間お休みいたしておりました Dog Communication Class「犬の砂場」を開催いたします。

今回のメインは、タービュレンの男子。

気は優しくて力持ちですが どうも女子犬たちの心が読めないのでは、というご相談です。

このタービュレン男子に愛の手を差し伸べていただける、クラスメイトを募集します。

もちろん 心強い犬男子のクラスメイトも募集します。



chick日 
時  3月23日(土) 12:00~

penguin場 所  参加犬さんのみお伝え

dollar参加費  犬さんの飼い主&見学者 2,000円
             (ハーネス普及活動に使途されます)

pig見学は、過去参加犬さん、参加者さんの推薦が必要です。

snail参加犬さん、同伴人間さん、見学希望の人はコメント欄から
 お申し込みくださいねsign01

danger締め切り 3月21日まで よろしく~ヽ(´▽`)/


danger犬さんたちの参加状況によってはお断りする場合がありますので
 ご了承くださいませm(_ _)m


full参加許容数にに達しました。募集を取りやめます。
 ご協力、ありがとうございましたm(_ _)m


追記です・・・


danger初参加の希望の犬さんには保護者さんの砂場見学からお願いしています。

danger同族に対して攻撃的に見える、突進して困ると言う場合は、必ず個別のセッションを経てからの参加をお願いしております。

dangerメインで参加になる、ならないは個別でのセッションで決めさせていただいています。

97_large  
近づくもよし、尻の匂いを嗅ぐもよし 目当ての女子に近づいて玉砕するもよし
      
      思うがままに 自分の気持ちを伝えてみよう ふられて傷ついたこころは

              君の大切な人間さんが癒してくれるよ( ^ω^ )

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年3月 4日 (月)

Cheshire is Nature  心からそれが好きかどうかなのよね?

Dcim1052 あたち、チェシア、あら、もう2才になったんだから、もすこし、大人口調じゃないとダメ?
でもチェはね、いつまでも永遠のガールでいたいわけ。

でね、この永遠ガールのチェは、先週ね、とある小学校のetc.でね、AAAって言うもんにデビュタントしてきたわけね。

AAAってね、Animal Assisted Activityって英語で書いて、アニマル・アシスティッド・アクティビィティって読んでね、日本語で動物介在活動ちゅーの!

で、長いから、英語の頭文字とってAAAとか人間が使うわけ。

まったく、人間って、ややこしい言葉が多いから面倒な生き物よね~。


Dcim1051 この日の犬族メンバーは、ジェイドさんとシンくんと、教官のレディーひなさんと、二日目はパルタンが来てくれたの~。

お写真はぁ、ジェイドさんとシンくんだよんheart01

パルタン、お写真なくて、ごめんよ、ごめんよ~(古いっ)


Dcim1053 ほらーあ、ここがたいいくかん?というものらしいのね、へちまこなんて「あら、懐かしい~」なんて言ってた。

チェちゃん、こんな広いリビング見たの初めてで

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

となりそうになったけど、へちまこが「今日、それはしないの」とか言うンで、やめてあげたわよ。


Dcim10541 今はね、個人情報なんとやらで、ちびっこさんたちのお写真は勝手にとれないし、許可も下りないので、これで我慢してちょ。

Taskの教官が、あたちたちの取り説をちびっこたちに詳しく易しく、やさし~~~く、教えているところね。

ちびっこたち、目をキラキラ~お耳ぴくぴくできないけど、よく聞いてくれてたのgood

ジェイドねぇのTaskも、シンちゃんも、レディーひなさんのTaskも上出来で、チェのダルマさん転ばす、起こしてあげるも上出来、パルたんのお手伝いTaskも、自己評価満点!

これは、人間に付き合ってやってるんだから、文句は言わせないし、言わせたくないよね~みんなぁ!

Taskが終わったら、犬と友だちになろうタイムで、チェは人気者。

チェが動くだけでみんな大喜び~、みんなちーちゃん、ちーちゃんって言って、ニコニコするから、チェ、うれしくてみんなをベロベロなめてあげたら、死ぬほど喜んでくれたの!


Dcim10611 へ、あたちって、AAAにむいてるかしら?

みんなが天性の素質があるって言うけど、それって食べ物かしらん~bleah




へちまこ談:リデルのピンチヒッターとしての登板でしたが、なにしろ天然ピエロ体質。

人間大好き、ちびっこ大好きなところは、天性でしょうかね。

チェシアの人に対する親和性は持って生まれたモノなのだろうと思ったので、チェには子犬期から極力人から食べ物をもらわないで育ててきました。

でないと、チェシアが本当に人間が好きかどうかがわからないからです。

つまり、自発的に人との関わりを、飼い主が指図せずとも求めるかどうかだと思うのです。

これは、動物介在が少なからず動物たちにストレスを与えてしまうことがあることを考えれば、好きなことを進んでやることが…それほどストレスがかからないと思われるからです。

人でも、アイドルやホスト役、コンパニオンという職業が心から好きであれば、それだけでモチベーションとなっていると思う(接客業に向いてるとかね)

子犬期の社会化は大切ですが、子犬の個性をよく見て、食べ物を必要とするかしないかを見極めて使う方ようにしたいなぁ~と、思っています。

とくに、将来、AAAのような動物介在に関わりたいと思うなら、自分が関わりたいから後付け的に犬に人との良好な関係を食べ物を使って強化するより、へちまこは待って生まれたモノを大切にしたいと思っています。

いろいろな活動で、自分の犬を使う方は多いですが、犬が抱いてほしいと言っていないのに犬を抱かせることや、犬の表情は硬いのに人だけ楽しんでいるとか、食べ物をもらえるから我慢して触らせているとか、飼い主が喜ぶからやっているとか、媚びるように這いつくばっている犬を人が好きだとか…は、ちょっと違うように感じるんです。

あ、僭越なこと言ってしまいましたが、お許しを。

では。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

最近のトラックバック

カテゴリー