Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 存在しない犬たちのこと…サヨナラの予感。 | トップページ | 同族が好きってホントっ? »

2013年4月 7日 (日)

存在しない犬たちのこと・・・明日への約束。

Dcim1202先週(3/29)のグロネンクロちゃん。

なに?なにか、言ってるよね?オイラに関係あること?あ、スワレかな。

やっとね、こうして、ニンゲの語りかけに期待やら希望やらを見いだせるようになってくれました(o^-^o)

先週は、認証制ブログ記事におわれて、センターのクロちゃん、シロ君の記事が書けませんでした。

『犬の砂場』のマネさんは優秀な記録係でもありまして、『犬の砂場』が開催されると写真係に徹してくださり、毎回400枚近い画像を送ってくれます。
良いシーンばかりですべて使いたくなるので、記事ひとつ上がるの一週間ほどかかるのです。
後200枚以上の写真を元に記事をあげる前に、やはり、クロちゃん、シロ君のことを皆さんにお伝えしておきたいなぁ~と、思っていました。
Dcim1205パァ~と、うれしそうな表情をすることも多くなりました。

ああ、こんな顔もできるようになったんだね~
へちまこはうれしいよ、うれし泣き( ´;ω;`)ブワッ

一度、人がいらないと棄てたモノを再生してまた利用するのを、リサイクルというでしょう。

へちまこは、センターの放棄犬を、たまに『ああ、リサイクルしてんだぁ~』と思うことがあります。

たとえは悪いけど、一度棄てたもんを再生して、それをまた生かしていく…

そこにもし付け加える言葉があるなら、もう一度人間を愛してくれる礎を築くことなんだと思うのです。

Dcim1228

これは、4/5のクロちゃん。だんだんいい顔になってきました。
人の顔を見上げるときにも緩んだ表情が出てきました。

うれしいと言う耳もするようになってきました。

Dcim1229ただ、自分のしたくないことはしたくない、という一面はあります。

でも、今週は、去勢手術前検査採血も保定で乗り切ることができました。

無理やり抑えつければできるじゃん…なんて言う人もいますが、それだと今まで培ってきたクロちゃんの私たちへの信頼が失せてしまうかもしれません。
(口輪とか、数名で抑えつけるとかしません)

毎週チャレンジしてみて、クロちゃんの拒絶の態度がどの程度下がって来たかで、採血を決行することにしていました。

Dcim1226_2これも4/5のクロちゃん。リードを引っ張るなんてことはしないクロちゃん。

リードを持っているのはクロちゃんにかじられちゃった職員さん。
自分の対応が悪かったことを知っているので、がんばってクロちゃんのお世話をしています。


時間がある時には幾度もクロちゃんをお散歩に連れ出してくれています。
Dcim11963/29のシロ君。

要求吠えをするようになってきました。

ごほうびが早く欲しいと吠えるようになるまで人を信用し始めました。

シロ君は見つめられたり、すばやく動かれたり、見知らぬ人を警戒してしまうことが、まだまだ多いです。

これは苦手な職員さんから、ごほうびを投げてもらっているところ(*柵越しです)

なるべく多くの人、なるべくいろんな状況で、たくさんの良い経験を積ませて行きます。
Dcim1197大好きな人を見ると、こんなにニコニコに・・・

シロ君史上、こんなに人間に関わるって、なかっただろうねぇ。

Dcim1230_2
4/5のシロ君。

やはり、パーフェクトフィット・ハーネスはシロ君みたいな、恐怖を感じ易くなってしまった子や興奮しやすい子にあっていると思う。

先週から使ってみてもらいましたが、適度なラップ感が犬たちを安定させているようです。

何かを回避する時の方向転換も無理なく力かけることなくできるし、シロちゃんが落ち着くことが早くなったと口々に評価してくれました\(^o^)/

Dcim1231ごく普通の犬の反応が多くなってきたように思う、この日のシロ君。

こうしたことは首輪ではわからないことが多いと思うのです。

犬の自然なボディ・ランゲージやカーミング・シグナルは犬の頭部の自由を奪っては表現できないし、どこか不自然な犬語だったりします。

へちまこが、センターやシェルターの犬たちにハーネスを薦めるのは、履歴がわからない犬にすぐにトレーニングをする必要がないと思うから。

そして、痛みや嫌悪刺激では得られない、犬たちの笑顔を知ってしまったからだと思うのです。
Dcim1232職員さん、リードの扱いもうまくなってきました。

『そうそう、ぼくの動きの邪魔にならないようにしてくれたまえよ…』

犬を気持ちよく歩かせる…なんて言うと、巷のトレーナーさんはブッたまげるかしら?

人は犬のやや後ろからついていくなんて言うと、けしからん、と思うかしら。

でも、クロちゃんもシロ君も首輪でギューギューや咬む犬は危険といわれてチョークでガンガンされていたら、この笑顔は得られなかったかも。

センターやシェルターへ保護や遺棄されてしまった犬たちに、もし、明日への約束ができるなら・・・

再び、人間を信用し、信頼に足るモノだと、わかってもらえることだと思うのです。

そのために、犬たちには優しい犬具を選んでほしいと思うのです。

お知らせ~

川崎市動物愛護センターで譲渡会が開催されます。

日 時  4月21日(日)11:00~14:00まで。雨天決行

川崎市高津区蟹ヶ谷119 044-766-2237

(参加団体:ダンデライオンさん、ケンの家さん)

センターの譲渡動物は今のところいませんが、当日までの収容動物の状況により参加することもあります。


にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

<

« 存在しない犬たちのこと…サヨナラの予感。 | トップページ | 同族が好きってホントっ? »

シェルターワーク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 存在しない犬たちのこと・・・明日への約束。:

« 存在しない犬たちのこと…サヨナラの予感。 | トップページ | 同族が好きってホントっ? »

最近のトラックバック

カテゴリー