無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 子どもたちに伝える意義。 | トップページ | パーフェクトフィット・ハーネスの装着サイズ調節について。追記あり! »

2013年4月29日 (月)

パーフェクトフィット・ハーネスサイズ調節へのSyuipapaさんからの質問とお返事

>いつも貴重な情報をありがとうございます。

いえいえ、こちらこそ、ご愛用ありがとうございます。

>私もフィッティング時に”PFHは愛犬の体に密着させるものと”思い、かなり各部を締めてみましたが、窮屈そうでしたの早々にユルユルにしました。
そこでお手数とは思いますが、可能でしたら下記3点ご指導をお願いできますでしょか?

>1点目
記事中の調整法は小型・中型犬にも当てはまるものでしょうか?
愛犬はウェスティで約9Kgで、現在の状態は胴回りは手の甲まで
はいる程度。 首回りも同程度です。

大型犬(40㎜)なら拳ひとつ(ブログ記事参照)で大丈夫ですが、ウェスティ9kg(20㎜)なら親指を抜かした手の甲での緩みでちょうど良いと思います。
ただ男の方で手の甲の厚みなどがかなりある方は、手の甲まで入れずに指4本で目安にするといいと思います。
小型犬(15㎜)なら指3本~2本程度を目安にしています。

犬種というよりはその子の身体で都度都度違うので、あくまでも目安です。

PFHのオーダーを受ける時には必ずご愛犬の体重をお聞きするのは、ゴールデンです、ダックスですと言われても、肉付きの良い子、胴周りに張りのある子、♂と♀の骨格の違いなどがあり、胴周り部分のcmサイズだけでは対応が難しくなります。

>2点目
フロントとガース間の長さはどの程度が適正なのでしょうか?
愛犬は現在ガースのDリング先端が、左右前脚の中心を結んだ
線よりほんの少しだけ後ろ程度。

Dリングが犬の前胸のとんがった骨の部分、そこにかぶさる感じか、Y字のV部分と骨の先端が重なる感じがよいように思います。

>3点目
現状の調整で愛犬の体に問題は発生しないか?

ごめんなさい、質問の意味が少々わかりにくいのですが、現在問題が生じているかどうかですよね。?
視認、できる問題かどうかということなら、ごく普通にご機嫌にお散歩していれば大丈夫かと思われます。
脇が擦れているや喉に刺激があるとかがなければ、当面の問題は発生していないと思います。

以上3点です。

>PFHの使用記事はあるのですが、具体的な各部の調整法は見つからず、
現状でよいか不安なユーザーも、多数おられるのではないでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

ご指摘ありがとうございます。
当方の気付かない所でした。
これもある方からのご質問が機になってのブログ記事となりました。
より快適に、よりよく使っていただくためにも、これからもどんどんご質問くださいませ。

ひとつひとつ丁寧に検証してお応えできればと思っておりますm(_ _)m

>こちらのブログで得る情報は貴重で、いつも参考にさせて頂いています。
これから有意な情報を宜しくお願いします。
又、6月のサリー先生の公開講座には私も参加予定です。 その時お会いできましたらどうぞ宜しくお願いします。

サリー先生の公開講座お申し込み、ありがとうございます。
こちらこそ、6月のセミナーにてお会いできることを楽しみにしております。
今後も、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 子どもたちに伝える意義。 | トップページ | パーフェクトフィット・ハーネスの装着サイズ調節について。追記あり! »

パーフェクトフィット・ハーネス装着ついて」カテゴリの記事

コメント

丁寧な解説ありがとうございます。
擦れや抜けなどの問題が発生していなかったため”こんなもんか”程度の
サイズ合わせで使っていましたが、やはり少し緩すぎたようです。

3点目の質問は言葉が足りずにすみませんでした。
愛犬は現在PFHの使用に際し目に見える問題はないように思います。
しかし、ブログの記事を読み”緩過ぎるのではないか?”と感じました。
ハーネスは本来”真後ろにリードを出して使用するものと”理解していますが、
実際の散歩ではなかなかそうもいきません。
たまにという頻度ですが、犬が音等に驚いた時に犬の体に対して横方向に
力の掛かることが有り心配になった次第です。

解りにくい表現ですみませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/57268361

この記事へのトラックバック一覧です: パーフェクトフィット・ハーネスサイズ調節へのSyuipapaさんからの質問とお返事:

« 子どもたちに伝える意義。 | トップページ | パーフェクトフィット・ハーネスの装着サイズ調節について。追記あり! »

最近のトラックバック

カテゴリー