無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月26日 (日)

大人犬の社会化はそれなりに。

Dcim1410
「Rちゃんの選択」の記事のRちゃんが、5月16日に2度目のセッションに来てくれました。

すごいイケメンでしょうo(*^▽^*)o

へちまこ、こういう子大好きです。

色合いがいいんですよ。

Rちゃんは、保護犬で今の保護者さんと出会うまでは、どこで何をしていたのかはわかりません。

わかることは、新しい環境に慣れるのに時間がいること。

音に敏感なこと。

犬が嫌い(苦手というレベルではなく嫌いなレベル)

たまに受け入れることができる同族はおとなしめの同族か、お年寄り犬だそうです。

ご家族思いで、お客さんには吠えかかってしまう。

日本犬気質のある、まじめなオジサンという感じです。

さて、大人犬の再社会化に励む飼い主さんの悩みのひとつに、他犬との良好なすれ違いができない、同族に吠えかかるということがあります。

Rちゃんもそんなオヒトリ。

どうしてそうなったかなんて、もう考えても仕方がないので、これからどうするかを考えなくてはなりません。

大人犬の社会化で、へちまこがまずお勧めするのは「ほっとけ」です。

ガウガウ吠えかかろうが、突進しようが、「ほっとく」のです。

cueですわらせたり、やたらコマンドかけて行動をコントロールしようとしたり、食べ物を使って気を紛らわそうとしたりしないで「ほっとく」のです。

ただ、相手の犬に跳びかかれない距離を充分に保つことは言うまでもありません。

ガウガウガウガウ激しく吠えかかっていても、犬はいつかやめます。

または、やめられる距離をとるようにしてあげます。

そして、やめてくれたら、そこで初めて言葉をかけ、食べ物なりほめ言葉なりをかけてあげるのです。

Rちゃんも、この日、チェシアに会いました。

一目見た時から、オスかメスも確かめずに激しく吠えかかり、突進してきました。

Rちゃんは、同族を欲してはいないのです。

だから、チェシアがどんなに友好的なシグナルで話しても、大きなお世話なのです。

それはRちゃんが悪い犬でも凶暴な犬でもありません。

なにかの原因はあるとは思いますが、もう無理して同族と仲良くさせると言うことは、望む必要はないと思うのです。

また、そのような犬に慣れろで、あれやこれやするより、自分でその行動をやめたことに対してのほめてごほうびの方がわかり易くなります。

やめさせようと、犬の鼻先に食べ物をつけて誘導する必要もありません。

人は、距離と時間に配慮し、犬が自分から落ち着けるよう環境を操作するだけで、犬はだんだんと落ち着いてきます。

そして、犬がいても落ち着いていられることを、心地よく感じてもらうために人は穏やかなな口調と、緩慢な動きで対応していきます。

上のRちゃん、穏やかですよね。

でも、実は2m先にチェシアがいるんですが、チェシアはこの時はRちゃんのことを気にせず、伏せていました。
(ただしこのフセは訓練系のフセではなく休めで、チェシア自ら伏せてます)

Dcim1409 まぁ、お前がそのくらい離れているんなら、許してやろう・・・2ⅿは犬のソーシャルディスタンスなので、相手が許さない限りそのラインを越えてはいけないし、超えるような犬でも困ります。

大人犬にの再社会化は、その子なりのスペース確保と、自分をコントロールできる距離を確保してあげることが、最初の一歩で成功の一段階なんですね。

大人犬はそれなりにプライドを持ってる子も多いと思います。

犬は子どものような存在であっても、すでに大人犬になった犬を子犬扱いをするようなことはしなくていいと思います。

また、大人犬だからチョークチェーンで強制的にということも必要はありません。

たくさんの犬や人に会わせることも避けてあげます。

絆や信頼関係や信用と言うことばにも捉われない方がいいと思います。

私たちができることは、今目の前にいる犬が自分で乗り越えられることに手助けをすることなんですが、その手助けが大きなお世話にならないように気をつけることだと思います。

では、Rちゃん、いまごろ記事アップでごめんなさい。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年5月17日 (金)

犬の養生に努めること。

Dcim1413 (なんかさぁ、今日はわたし忙しかったわぁ、あ、こっち来たらpunchよ。チェシアは向こうで寝なさい・・・穏やかそうに見える?イヤイヤ、眼が笑っていませんsweat01

本日は、Dog Communication Class「犬の砂場」が開催されました。

本編の画像はこれからこちらへ届くので、認証制ブログへの記事アップは後になります。

これは、砂場参加の犬とその保護者さんへのお願いの記事となります。

リデルもチェシアも、Teachingという仕事を好き(素質や適正、自発的があること)でやってはくれていますが、一度砂場が開かれると、その後の一週間は、他の犬との接触をひたすら避け、犬の養生に努めています。

睡眠時間をなるべく多くとらせ、散歩は20~30分で切り上げ、やたら触らず、やたら声かけず、なるべく多くの睡眠と休息を与えるのです。

それができないと、今後のティーチングに大きく影響されることもあります。

Teachingができる犬は同族を求めてはいると思いますが、リデルもチェシアも普段のべつ幕なし同族との接触があるわけではなく、リデルもチェシアも普段は犬に会わない散歩の方が多いくらいです。

せいぜいご近所の、本当に何の影響も与えあわない同族と会うだけの暮らしぶりです。
Dcim1414
また犬は、平均して18時間は眠る生き物だそうで、リデルなども起きてるのは4時間などという日は珍しくありません。

それが犬という生き物だそうです。

犬は、素早く動き、敏捷で活発に動き回るというイメージがありますが、実はそれは人が作りだしていることが多いそうです。

子犬期を過ぎたチェシアも今は一日の半分以上を寝て過ごしています。

また犬は、ストレスがかかり過ぎると犬は眠れなくなるそうです。

疲れ過ぎるとイライラし不眠症になる人間もいますよね。

その生物としてのもつ睡眠時間を眠ることができると言うのは健全の証なのかもしれませんね。

Dcim1415 (ごはんうまかったわ~~、二日ぶりだし~眠るから起こさないでね~sleepy

犬が集まる場所というのは、それでだけでストレスフルな状況になります。

また日常の場所から移動させられることも、ストレスです。

砂場へ参加する犬たちは何らかの手段で、いつもの場所から違う場所へ勝手に移動させられているわけですから、本日参加した犬たちには多くの休養を与えてください。

静かなに、穏やかな環境を、人はそれを作らなくてはならない義務があるように思うのです。

そして、何でもそうですが、やり過ぎないことは大切なことなのです。

いきすぎた社会化、やり過ぎる社会化は、かえって犬に負担を与えかねません。

犬に慣らす、環境に慣らす目的でやたら連れ回すのも負担です。

犬の社会化は、小さなハードルをいくつも越えるとことができるように手を貸し、助走を広くとり、刺激の少ないところから始めるのが成功の第一歩です。

へちまこが、少し前関わった犬で、犬を観るとやたら興奮し、人を観てもやたら興奮し、なにを観ても興奮激しい犬がいました。

リデルが抑え込んでもそれがかえって刺激になり興奮します。

なにをどうしても、アドレナリンがすぐに脳内をいっぱいにするようでした。

へちまこがアドバイスしたことは、一年間犬や人や激しくかわいがる人に会わせるな、でした。

その子と再会したのは、一年半後。

あの落ち着きのなさや興奮がなくなり、同族にあっても無視もできるようになっていました。

社会化しようとして、あれやこれや詰め込みすぎた結果のようでした。

社会化するべく、犬に負担をかけていたことを実感した一例でした。

Dcim1416(はぁ~~~チェツちゃん、今日良く働いたわ~~、ごはん食べたしねるわ~~sleepy

犬って、いろんなことを教えてくれる、ありがたい存在ですね。

だから、大切に養生させてくださいね~

では、本日の犬たち、たっぷりと休んでくれたまえよ~リデル&チェシアよりsnail

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年5月13日 (月)

サリー先生来日記念❤ハーネス無料体験会と販売会のお知らせ

56_large
サリー先生のこれまた来日を記念しまして、フリース・ラインド・ハーネス& パーフェクトフィット・ハーネスの無料体験会と販売会を開催します。

このふたつのハーネスは、英国の獣医先生とレスキューセンターが推奨している、全犬種・全年齢に最適な犬の身体に優しいハーネスです。


日  時  6月2日(日) 11:30~15:00(閉場15:15)

会  場  ファミリーナガーデン南青山 
http://www.pappyna.jp/
               東京都港区南青山6-15-4プラウドフラット南青山B2

      *お車でお越しの際は近隣駐車上をご利用くださいませm(_ _)m  *会場への当イベントのに関するお問い合わせはご遠慮くださいませ。

詳細PDF http://salalab.com/2010602.html

主  催  Sala Lab  http://salalab.com

後  援  Harness User's Technical Group
       
かわさき犬・ねこ愛護ボランティア川崎区


また、この日はサリー先生が直々ハーネス体験の面談も開催してくださるそうですよ~happy01

二つのハーネスを考案したサリー先生は日本のハーネスユーザーとの会話を楽しみにしています。

ぜひ、これを機会にハーネスユーザーになってみませんか?

以下の犬さんと犬の保護者さんに有効なハーネスです。


★お散歩中の引っ張りでお困りな犬さんと保護者さん
★ハーネスに興味がある、犬さんと保護者さん
★ハーネスでのお散歩でもリードを引かずに歩けるようになりたい犬さんと
 保護者さん
★首輪だとゼエゼエしてしまう力にお悩みの犬さんと保護者さん
★気管支や咽頭への負担にお悩みの犬さんと保護者さん

喉の不快と犬語の無理解に悩む犬さんと保護者さんのご来場を、ヒトリでも多くなりますようにお待ちしております。


18_large
チンピラ返上中のこうたくん~~heart04ハーネス似合ってるね~wink

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

サリー先生来日記念セミナー「犬のストレスを考える」残席わずかです!

Dcim1400
dogお知らせ~、満席となりました(5/28現在)ありがとうございます。m(_ _)m

pig当日空席の確認は、申し込み用紙に掲載されているmobilephoneに、セミナー当日の受け付け時 間内にまでにご連絡くださいませ。

empty席があればご聴講できます。
なお、途中からのご聴講は受け付けておりません。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

フリース・ラインド・ハーネス&パーフェクトフィット・ハーネスの考案者でもあるサリー先生が来日します。

日頃ハーネスのことで知識をいただいていますが、サリー先生はご自分でもフイボールやアジリティーをご自分の犬で楽しんでいまます。

また、ごく普通に家庭で暮らす犬のトレーニングにも携わる先生です。

人と暮らす以上、どんなに飼い主が心尽くしてもストレスはゼロにはできませんし、軽いストレスさえもない暮らしは、かえって犬にストレスを与えてしまうことがままあると言うご報告もあります。

私たち人間も人社会で暮らす以上、ストレスを感じて過ごしていくわけですが、ストレス軽減の方法を私たちは知っています。

よく、自分へのごほうびとして、おいしい食べ物、買い物やウィンドウショッピング、温泉やマッサージ、どんちゃん騒ぎやカラオケ、スポーツや娯楽・・・

これらは人間のストレス発散であり軽減として楽しまれるものですね。

その中に犬と何かを共有し活動する時間もあって、それらがアジリティー等のドッグスポーツまたは様々な犬の競技会、そして、犬のマナートレーニングや社会化トレーニングに含まれると思います。

人間のストレス軽減のために行う犬との楽しい時間が、かえって犬に負担をかけてしまわないように、私たちは犬たちのストレスサインを読み取り、それに気付き、早目にストレス軽減の方法を知る必要があります。

保護シェルターやセンターで過ごさなければならない犬たちの、ストレス軽減のヒントもあるかもしれません。

サリー先生の、「犬のストレス」に関するお話をご聴講してみませんか?


サリー先生プロフィールを載せるよ~Sally Hopkins
Sally_hopkins_3   
dogケーナイン・コンサルタント

Pet Dog Trainers of Europe(PDTE)のメンバーとして、定期的にEU諸国(ギリシャ、フィンランド、アイスランド、ノルウェー、スイス、イタリア、ドイツ)を巡り、PDTEが推し進める陽性強化によるトレーニングを指導しいた経験を持つ。
またサリーはUK Assocination Of Pet Dog Trainer(英国ペットドッグ協会)のメンバー。
ストレス軽減のトレーニング方法に関する知識と、長年にわたるアジリティー及びフライボールに関する知識を合わせ“アジリティーとフライボールにおけるストレス軽減”についてレクチャーをしています。
またフリース・ラインド・ハーネス&パーフェクトフィット・ハーネスの考案者・デザイナーとしても著名。フリース・ラインド・ハーネスはヨーロッパや米国にて高い評価を受けています。

サリー・ホプキンズ公開セミナー

「犬のストレスを考える Stress Management in Dogs」

日 時  2013年6月1日(土)  
      10:00~16:00 9:30開場(受付開始)

会 場  東京八重洲ホール 東京都中央区日本橋3-4-13 新第一ビル
      *東京八重洲中央口から徒歩3分

参加費  一般:6,000円 後援団体会員・学生:5,000円
      *受付で会員証・学生証をご提示ください。
      
      参加費は指定口座への振り込みとなります。

      詳細は↓
      
      セミナー詳細PDF
      
http://kawasaki-inuneko.org/kawasaki-ku/20130601.pdf
     


danger お詫びと訂正です。口座名義:カワサキイヌネコ…がPDF並びにリーフレットがカサキとなっておりますが、こちらのミスでございます。
お手数ですが、カワサキ…とご記入くださいますようお願い申し上げます。


主 催  かわさき犬・ねこ愛護ボランティア(川崎市条例21号35条)

共 催  Harness User's Technical Support Groupdog

協 力  Sala Labchick

後 援  公益法人東京都獣医師会/社団法人川崎市獣医師会
      特定非営利活動法人動物介在教育・療法学会/
      一般法人日本ペットドッグマッサージ協会
      日本フリスビードッグ協会
      NPO法人日本ペットドッグトレーナーズ協会

*定員になりました~、締め切らせていただきますm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年5月 9日 (木)

J君、久しぶりに女の子の匂いを嗅ぐの巻。

お久しぶりです。

連休も明けてしまいましたね~。

へちまこも一週間ほど、犬たちとGWを楽しんできました。

だから、リフレッシュ!

また、よろしくお願いします。

さて、本日は個別セッションがありました。

本日のご訪問犬さんは、ゴールデンのJ君。

3歳の金髪の美しい、シティボーイです。

目下のお悩みは、同族への吠えかかり…すれ違いもままならぬというお話でした。

都会で暮らす犬にとっては、他犬への吠えかかりは深刻になる傾向があります。

なにしろ、都会は犬の密度が高い。

お散歩時間をずらしても、会わない日はないと言うぐらい犬密度の高さです。

その中で暮らす犬にとって、同族が苦手て吠えかかってしまう、ということは、犬にもストレス、保護者さんにもストレスになってきます。

犬のストレスは気にして軽減するけど、人の方のストレスは犬のために我慢しろというのは、へちまこはうなずけません。

できる限り、双方のストレスを軽減する…一方が我慢ばかりでは不健全です。

都会での吠えは、他人が気軽に気にするな、などといえるモノではありません。

Jくんのママさんも、もう今更の犬友だちはいらないけど吠えかかることを軽減させてあげたい、という思いがありました。

J君のママさんは、お山で知り合った白いお友だちから、すばらしいハーネスがあることを知り、へちまこに会う前にパーフェクトフィット・ハーネスをご購入してくださっていました。

Dcim1388_2
あとは、パーフェクトフィット・ハーネスをよりよく使っていただくために、ハーネスでのリード操作を覚えてもらうだけです。

J君は、人が大好きなゴールデンらしいゴールデンでした。

J君の犬苦手意識の原因はいろいろあるけど、全部の同族がダメというわけではなく、幼馴染の同族は平気だと言うことでした。

そして、ママさんもわかってはいたけど、年上のよい先輩犬に巡り会うことができなかったことも一因。

子ども同士、同い年同士、友達同士では同調することはあっても、社会のルールを教えてもらえることはないのです。

そして、犬社会のルールは同族しか教えられません。

私たち人間は、人社会のルールを犬に教えていくことはできますが、犬語の世界は教えることができないのです。

J君も、そんなヒトリでした。

さて、PFHの特徴は、力持ちでない人でも大きな犬の力を半減以下に抑えることができるこですが、それも、少しコツをつかむことでよりよく使用できるようになります。

PFHはダブルリード(背中に一本、前胸に一本でこれをつなげる)でのご使用をお勧めします。

まずは、止めるですが、みなさん腕で止めようとしますが、腕ではなく、握り(グリップ)加減と膝の屈伸で犬の突進を止めます。

犬が突進しようと跳びだしたら、腕の力を一瞬抜く感じでリードの伸ばし握りも緩めます。

ほんの一瞬です。スルッとリードと腕を伸ばす感じです。

スルッ、とん、スルっ、とん・・・と三回ほど繰り返しことで、緩衝材の効果が上がります。

緊急時でない限り、一度で止めないようにします。

そのためには犬が突進する対象物との距離をよく見ておいてくださいね。

これと、あと、こちらへ行こう、を教えます(Followingです)

つまりUターンですね。

犬が早足になる、リードの余裕がなくなるほど引っ張らせる、ということはさせません。

リードが張ったら、人間が止まります。

この時に、前胸についているリードを犬の身体斜め平行に軽く引きます。

これで、大概の犬は先行をやめて、振り返ります。

振り返ったら、誘導します。

これを数回繰り返すと、犬は自然にUターンして、人間についてきます。

ちなみに都会の道路では、へちまこは3ⅿリードはお勧めしていません。

2ⅿもあれば十分ですし、慣れないと、手繰り寄せることもあたふたします。

広くて犬の安全が確保できる場所に着いたら、3ⅿや5ⅿのリードに付け換えてあげればいいのですから。

また、PFH装着で遊ぶ時は、背中のリードにして下さいね。

それと、J君ママさんはJ君に話しかけすぎていて、それで少しJ君がセンシティブになっているようでした。

その部分を注意していただくことと、話しかけが多いと重要なお知らせが犬の耳に届かなくなることもあります。

どうしたの?どこいくの?なにしてるの?は、心中でつぶやいてくださね。

声をかけるのは、犬の行動を引き出せたら、ですよ。

そして、後退するにもできな状況(前からも犬、後ろからも犬)の時には、リードを短めに持ち、犬が止まろうとしても止まらず、ズンズンと歩いてください。

その時に、大丈夫とか、こっち見てとかいわずに無言でズンズンです。

通り過ぎて、犬が落ち着いたら、穏やかな声でほめてくださいね。
Dcim1387_2
さて、J君(お鼻切れちゃって、ごめんね)

リードが張ったら、止まること、前に進むには緩んでないとダメなこと、そしてUターンすることができるようになったので、同族を観るとどれほどのものか、ということでチェシアと会することに・・・

10ⅿはあろうかの距離でチェシアに、ものすごく反応し吠えかかりました。

でも、その言葉は、来るなー、来るなー、来たらやるぞーっpunch怖いよーsign03と、言っています。

そして、ママさんの動向を気にする様子も…どうすればいい、どうすればいいの?

どうもしなくったって、チェシアは一言も相手が怯えるような言葉は話してないのです。

へちまこは、J君の現在のようすでは、リデルのような厳しい犬語を話す犬では逆効果だと思いました。

で、我が家の博愛主義、チェシアの出番です。

興奮と恐怖の状態の最中に近づけば攻撃はしてくると思いますが、興奮と恐怖から繰り出す咬みは精度がありません。

子どものケンカで手数はあるけど、当たってない、当たらないことが多いですよね、そんな感じです。

J君が落ち着くまで、ひたすら人が歩きながら介入し、ひたすら距離を調節し、ひたすらすれ違いをし、一時間後…

パーソナルエリア手前まで、チェシアに接近してきました。

チェシアの排泄の匂いを十分かがせてから数分後、J君は、自ら、チェシアに近づきお尻の匂いを嗅いだのでした。

J君のほうは、犬語を教えてもらわなくてはならない時期に、適切な先輩犬がいなかったために、チェシアが匂いを嗅ごうとすると、怖がって嗅がせることができません。

できない、いやだを、これまた幼い犬語で返してしまいます。

幼い犬語というのは、おおげさで激しい犬語になります。

そのつど、チェシアは自分のお尻を向け、J君にこうするんだよと、教えてくれました。

途中でプードルの子が通りががって、それに吠えかかったのをママさんはすぐに介入し、対処もできていました~good
Dcim1385
J君は、本当に久しぶりに初対面の同族とお近づきになりたいと思い、そして、久しぶりに天然女の子の匂いを楽しんだのでした~o(*^▽^*)o

いつか、J君も本編の「犬の砂場」にご招待できればと思っていますよ。

それまでに、またチェシアに会いに来てくださいね。

お疲れさまでした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

最近のトラックバック

カテゴリー