無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 小さなサヨナラ。 | トップページ | 私たちが犬たちのためにできること。選択をまちがわないでね。 »

2013年9月30日 (月)

多頭の中の一個

いつも二頭でお散歩をするわけではない、へちまこ家。

純粋にその子とだけの時間を、週に2~3回ほど設けることがある。

すると、馴染みの犬飼い人さんたちが

「あら、リデルちゃんはお留守番?かわいそう・・・」とか、

「チェシアちゃんは?お留守番?吠えないの、羨ましがって」とくる。

へちまこは、こう見えても(どう見えてんだか(;´▽`A``))三人の子どもを育てた。

で、たまに、ヒトリだけ連れて出かけることがしばしばあった。

あとの子は、家人とお留守番なんだけど、それはそれでいろいろと楽しくやっていたようだった。

なにしろ、ジージとオバーバ(叔母)オジージ(叔父)とかがいて、子育ての手は足りていたから。

その子だけ連れて出かけると、どうしたわけか、とても聞き分けがよく、そして、とてもうれしそうに話し、自分だけのことだけではなく、他の兄弟へのお土産などにも気を配っていた。

その子の良さというものが、普段忙しさに紛れてしまっていて、それに気づかなかった自分を大いに反省したものですι(´Д`υ)アセアセ

で、犬の話しなんですが・・・

多頭で暮らしている犬飼い人のみなさんも、たまにはヒトツヒトツの犬にたっぷりの時間をとってあげることをしてみては?と、思うのです。

たっぷりというと長い時間ということではなく、充実したフタリの時間です。

ご近所でも鵜飼の群れよろしくの犬飼い人さんもいますが、いつも犬のストレスレベルは高く、一頭が吠えればすべてが吠えだし、隣同士の犬の噛みあいが始まることも(^-^;

リードを引いて止めようにも違う犬のリードを引いてしまって、トバッチリの子は怯える始末だったり。

お散歩は楽しいものとは程遠いので、お散歩=ストレスに“出会い”に行くようなモノのようで、常に、この多頭の群れはヒステリックになっています。

一つの犬と歩くことは、多頭のときとは違うことを発見できるのです。

チェシアは、リデルと歩くときは、リデルよりやや前に出て歩きたがります。

斥候部隊です。

でも、リデルがいないと、斥候の役を降り、へちまこの傍らを付きづ離れずで歩いてくれます。

キラキラとした目を向けて、さも【楽しい】という表情をしてくれるのです。

Dcim1988_2向こうの端から近づくポメのタミちゃんを見つめるチェ、ああ、チロッと見えるべろのかわいさよ)

そして、そっと、寄り添ってくれたり・・・(ああ、うれしぃ(*゚ー゚*)

こうしてフタリで芝生に腰下ろして、しばらくあたりを観察したりして、あれはなに?という目を向けてきたり・・・

犬ですから、言葉はなく、その耳の動きやかすかな動作や瞬きなどを観ていると、どうしたわけか幸福すら感じるのです。(あ、単に犬バカか・・・)

もちろん、リデルとの時にも同じように、フタリきりの時にしか聞くことのできない息遣いや、眼の動きを楽しむのですよ。

2頭で出れば時間は短縮できるけど、ま、たまには多頭の中の一個と、お散歩するのもいいものですから、お試しを。

え、ヒトリで留守番できない?

ふむ、それは困りますね。

犬も自律できないと、ヒトリになった時に見失うものが多々あるかもね・・・
(少しずつ、短時間から慣らしていくといいかも~)

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村




« 小さなサヨナラ。 | トップページ | 私たちが犬たちのためにできること。選択をまちがわないでね。 »

」カテゴリの記事

コメント

おっさんも極たまに1頭ずつ散歩することがありますが、リキの方が顕著に楽しそうにしていますね。
ロクのこと嫌いなのでしょうかね・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/58297284

この記事へのトラックバック一覧です: 多頭の中の一個:

« 小さなサヨナラ。 | トップページ | 私たちが犬たちのためにできること。選択をまちがわないでね。 »

最近のトラックバック

カテゴリー