Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 今年も「わんちゃんフェスタ」がかわさき市民祭りにやってくる! | トップページ | 「サイレント・コミュニケーション」電子書籍のご紹介。 »

2013年10月20日 (日)

ハーネスと犬と人間と。


Dcim1984
昨日、ボランティアの仲間とお話しをしていて、どうしてハーネスの良さをわかってもらえないのか、と、仲間と愚痴りました。

特に行政が(川崎市は別)チョークカラーとリードショックでの過度な刺激を与えながら行う服従訓練からの脱却がなければ、人間界の体罰ありきの部活動や体罰でよくなった神話を排除できないのではと思うのですが。

ハーネスでの犬のトレーニングは確かに、チョークやプロング、その他の首の締まるカラーに比べれば楽ではない。

なにしろ犬の首から上をコントロールできないから。

ハーネスは不向きだと言われることがおおい。

つまり人間が楽ではないということ他ならない。

人間って自分が楽になる事があればそちらへ流れてしまいますが、その楽になる分を人間より立場が弱い犬たちにかぶせる必要はないように思うのです。

少し犬たちに自分の時間を譲ることができれば、チョークやプロングで自分が早く楽になるより、30分早起きしてハーネスでのトレーニングにチャレンジしてほしいなぁと、願っています。

それにハーネスは、チョークのように入れ方がどうの、掛け方がどうのや脚側でわき目もふらずに歩かせるなんていう、うるさく難しいことを要求するわけではないから、とても楽チンだと思うんだけどなぁ・・・

でも、この部分が犬に何も教えないと思われてしまうのかもしれません。

ハーネス愛用者でも、犬にしてほし行動、してほしくない行動は教えている方は大勢います。

この部分は、犬に好き勝手なことをさせる=ハーネス愛用者ではないように心がけたいところです。

だから、ハーネス愛用者さんたちは、がんばろー

へちまこは、
人の社会で安全で安心な犬とは、少々の辛い目にあっても根底に流れる人間への愛着があるから、それを乗り越える気持があると思っています。

そして、チョークチェーンやプロングやその他の首の締まるカラーが、安心で安全な犬を育てるのではなく、人間社会への充分な社会化があれば、そして普段のストレスが低ければ、犬は判断を大きく間違えることはなく、困った時には大切な人間へ助けを求めに来てくれると思うのです。

人間社会で安心で安全な犬にするためにも、人間が犬にとって安心で安全な存在になりたいと思っています(えっ、考えが甘いって…()

Dcim1942_2
マリノワ風、バッカスくんもハーネス主義!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村







« 今年も「わんちゃんフェスタ」がかわさき市民祭りにやってくる! | トップページ | 「サイレント・コミュニケーション」電子書籍のご紹介。 »

ハーネス&ロングライントレーニングについて」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハーネスと犬と人間と。:

» 第1回 練馬お散歩会 〜ハーネス散歩♪〜 [【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】]
お散歩風景とハーネスと お散歩序盤 林道コースを並んで歩く。 土のある道は足にも優しく、色々な匂いを楽しめます。 光ヶ丘公園は舗装路の両サイドも緑に囲まれており、快適なコースです。 今回の参加犬は老犬が半数を占めていたので、それぞれマイペースの散歩。 2歳..... [続きを読む]

« 今年も「わんちゃんフェスタ」がかわさき市民祭りにやってくる! | トップページ | 「サイレント・コミュニケーション」電子書籍のご紹介。 »

最近のトラックバック

カテゴリー