無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

「BATがなぜうまくいかないか」の続き


Dcim0016こんな状態、(あれ~~あれはなにかな~~う~~ん)から始めてみる。


続きを書くと言っておきながら、落ち着いて書くことができる時間がなかなかできずに、延ばしに延ばしてしまいました。

訪問数をみるときっと続きを気にして、拙ブログに訪れていただいてる事はわかっていましたが、サラっと書くことのできる内容ではないので、お待たせする時間が長くなってしまったことは申し訳ない次第です。

さて、BAT(Behaivour Adjustment Training 以下BAT)は、かなりこちら側でこのBATが機能するように環境を用意する事が重要になります。

デコイ(囮)と呼ばれる反応を呼び起こす対象物の用意も必要になりますし、十分な広さと犬が身を隠せる茂みやモノも必要です。

なので、BATの環境を普段の犬の暮らしに用意(特に散歩)するのは大変なことですし、仮想デコイとなる犬もお互い過剰反応同士で吠えあうのでは、まずすぎます。

BAT
がうまく機能できるようにするには、日本の犬を取り巻く環境(特に都会や市街地)ではかなり難しいじゃん!となってしまう訳です。

それでもへちまこが、犬の飼い主たちにBATを薦めるのは、やはり、効果があるからなのです。

犬に多くの行動の選択を与えることは、犬語を認めていることですし、犬を安心させることができます。

私の方を見ていれば怖くないと言うのは、それは犬語を理解しているとは言えないと、へちまこは思っています。

それに、私たちはあまりにも多くのことを犬に求めすぎている・・・と、気づいてから、そこに注意を払うようになってきました。

もちろん、私の趣味である、小学校や老人介護施設での動物介在活動、または行政主催のしつけ方教室においてのモデル犬としての同伴させる事、それとFuntaskという、犬に様々な仕事を教えてやってもらうことも含まれる訳です。

それらは、へちまこが犬に勝手に求めていることで、それは、あらゆること、人間がこうたいんだと言うことに付き合わせているということを理解しておかないと、BATをうまく機能させることはできないし、効果があると言うことが見えてこないのではないかと思うのです。

なになにの犬種は必ずオビディエンスが必要とか、仕事を与えないといけないとか、犬のとのコミュニケーション確立のためには(絆ともいう)様々トレーニングやActivityが必要であるとかという考えを取っ払っておくこと


でないと、犬はリードを持つ人間を含め、様々な関連付けを行うからです。

リードを持つ人間が変わったら、その反応が起こらないと言うのは、その人が技術的にうまいとか神業とかというモノではなく、リードを持つ人間を含めた関連付けがあるかないかも含まれるわけです。

飼い主も環境の一部なんですね。

つまり、この人がリードを持つと(散歩すると)必ずと言って、嫌なことが起きると言う関連付けがあるのかもしれないということになります。

その時にご褒美をもらおうが、楽しい経験をさせようが、その前にはもう過剰反応起こしているよりも、何も起きないことがよりべストになるわけです。

だから、過剰な反応が出ている間は回避するということ、回避したいと言う犬の言葉が見えているなら、その回避行動を認めてあげ、付き合ってあげる、または、その行動を促してあげてほしいと思っています。

だって、今まで犬が嫌だって言ってるのに頑なな人間が、行き違わせよう、すれ違いをさせよう、慣れさせようと躍起になってきた結果が過剰反応なんですから。

先ほども言ったように日本では、BATの環境を用意するのは難しすぎるので、大抵の飼い主が犬の過剰反応が起こってから回避行動をさせようとしていると思います。

Img_20140412_103442ふ~~~ん、なんだろうね、犬?ネコ?いやなもの?・・・穏やかに見ているかな?



それではもう遅いと言うか、カーミング・シグナルを観察しようとしている間に対応が遅れるのかもしれません。

BAT2.0
は、BATゾーンを海の波打ち際でうまく犬の状態を表していました。

以前のBATは、犬のカーミング・シグナルを回避のタイミングとしていましたが、2.0は、それすらも出ない、その前に段階での回避を行うようです。

波に脚先が使って犬が「ん?んんと?」と、子首をかしげるような状況です。
 
(激しい吠えかかりや突進はすでに犬がおぼれている状況です)

この状況の犬の状態なら、食べ物を使うことなく犬を導くことができるように思います。

まだ犬がカーミングも転移行動も示さないうちに回避行動を促すことと、万が一、間に合わなくて過剰反応をさせてしまったら、その日は潔くかえって犬を休ませてみてください。

過保護のようですが、狭い地域での散歩では、避けきれない、回避できないと言うこともあり、また同じような経験をさせ、よくないラビット・モーメントの連鎖が始まります。

あの角を曲がったら、あの垣根の向こうに、その時匂い、空気の感じ、似たような犬のシルエットに・・・という、よくないラビット・モーメントが潜むのですから。

そうならないうちに犬を連れて帰り、たっぷりと時間をかけて上がってしまったアドレナリン値を下げることをお勧めします。

犬は穏やかになれば、犬なりの判断でも大きな間違いを起こさなくなっていきます。

その日まで、回避行動続け、穏やかさが前面に出ている状態を保つようにしてみてください。

完全なるBATの環境を用意できない相談者の飼い主のために、へちまこはサリー直伝のスプリンクルズやトリーツボックスも利用しています。

Image
鼻を使わせるって大切!それもさりげなく使わせると、なおGoodgood


この二つのツールで、できるだけ過剰反応の原因である蓄積されたストレスステージを下げておくと回避行動を穏やかに促せる場合があります。

お散歩前からものすごく興奮している場合には、小さめのタッパーのような容器にクリームチーズやレバーペーストのようなものを塗りなめさせます。

ガツガツゴツゴツと激しくなめている間は興奮度(あまり高い興奮は犬の身体にとってもストレス)高いと判断します。

何度かなめさせて、ゆっくり丁寧に舐めるようになったら興奮度が下がってきています。

そして、重要なのが、玄関の扉を開けた時に犬の目に何が一番最初に飛び込んでくるかなのです。

これが、その日の一日の状態を作ってしまうと言っても過言ではないかもしれません。

だから、玄関を出て運悪く苦手なモノ恐怖のモノが犬の目に飛び込んで来ないように、注意をして見ることです。

犬が扉を開けたらポーチに視線が下に落ちるように、予め、匂いの強い細かい食べ物をまいて食べさせてみてください。

そして犬が拾い終わってため息などついてくれたらよい状態ですし、まんざらでもないという顔(眉間にしわが寄らない、耳の付け根がピン止めにならない、口角に緩みがある、尻尾の付け根に力が入ってない←ゆくっ理揺れる尾)などなどを観察してみてくださいね

ただ~~し、ギロギロジロジロと見ない事!

効果があるかないかは、その犬によりますが、へちまこの経験上、効果のある犬は多いようです。

052502
警戒ばかりで首が上しか向かないそこのキミ、やりたまえよ…by壱


dangerトリーツボックス・スプリンクルズノやり方は
fcebook
Harness Users Technical Support Group(HUTSG)のページで見られます。(よく読み込んでの使用をお勧めします)。

danger公開記事ですので、誰でも読むことができます。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2014年5月17日 (土)

BAT(ビヘィビア・アジャストメント・トレーニング)がなぜうまくいかないのか?

Img_20140330_190452
BAT(Behaivour Adjustment Training)が、近ごろ更新された。

BAT2.0
というので、今後も研究されてバージョンアップをされていくようだ。

先日、台湾にてBAT2.0のセミナーが開催されて、聴講した友人から話を聞くと、より飼い主(人間)の介入を控えて、黒子のように犬につて歩くように見えたという`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

(聴講したかったなぁ(;ω;))


これをトレーニングと言えるのかどうか?と、友人も首をかしげてしまったそうだけど、BATが効果的に表れる犬とそうでない犬がいるのは、それはどんな訓練方法でも同じだと思う。

ただ、BAT(ビヘィビア・アジャストメント・トレーニング)は、ハーネストレーナーとハーネスユーザーには切っても切れないつながりがあることは確かなことだと思う。

アンジェラから教えてもらった犬の行動問題の回避方法が、BATという名前であったのはサリーが来日してから初めて知ったので、もしかしたら、アンジェラの時にはそのような名称ではなかったのかもしれない。

日本でBATを実施するのには、いくつかのハードルがあって、それをどうするのかが問題なんですが、日本より、より犬にとって環境条件の悪い台湾においてのセミナーは大盛況の呈であったそうです。

へちまこのハーネスリードワークセッションに訪れる犬の多くがいわゆる突進系、ガウガウ犬だ。
 

社会化が失敗していると言えばそうなのだけど、飼い主のリーダーシップがないからとか、リーダーになってないからとかは一切関係ないと思う。

人間の親も親になってないから、愛を与えていないから、子どもがよその子どもとケンカするわけではないと思う。

彼らの意思でもってケンカをするだろうし、親や周囲の大人はそれがやり過ぎにならないように監視する事は必要だけど、ケンカにもルールがあることを子どもたちが学べばいい話だ。

だけど、犬に限っては、少々の唸りや威嚇でも、しつけがなってない、ちゃんとリーダーになってないからだと言われてしまう。

 

すると、飼い主たちは厳しくしつけ直さなければと考え、強制訓練の門をたたいたりしてしまうことがある。

犬の行動上の問題を、首への不快な痛みや締め付けでもって、こうすればリーダーになれます、すぐに効果が表れますと、目のあたりにしてそれを信じて、自分の犬に施してしまう。

いくつかの犬たちは気立てがいいもんだから、痛いけど痛いとは言えずに、たとえ言ったとしても、一瞬の事だから平気だとか、犬の首は人間よりも丈夫にできているとかで納得してしまう。

そして、犬はやがておとなしくなって、しずしずと飼い主の後をついて歩くようになって、ガウガウも突進も修正できたかと思っていると、ある日突然、以前よりも激しい突進と攻撃的な行動が現れ出し、飼い主たちは困惑してしまう。

だけど、これは強制訓練だけの話ではなく、いわゆるごほうびトレーニングのように叱らない、犬を否定しないというトレーニングにおいても起こりうることでもあります。

ごほうびを出すタイミングや犬のメンタルな部分を強化すると言われても、犬の情動の変化は常に動いていて、人ほどにすぐに心の安定は望めないし、悪い関連付けが書き換えされない限り、ごほうびを出すタイミングが悪いと、
 

対象物を凝視→ガウガウ→名前を呼ぶ→犬戻る→いい子ねでごほうびもらう→収まったようだからと安心する→食べ終わる→対象物に再びガウガウで、振り出しに戻る・・・

延々とループを描くことになり、犬の突進ガウガウ行動は一向に収まらなくなり、飼い主はこの犬は、このような犬とラベル張りをしてしまうことになる。

ガウガウという突進系の行動ばかりを繰り返していれば、その行動がデフォルトしてしまい、飼い主の声やら行動やらの介入なしにして、デフォルトした行動が収まる事がなくなってしまう。

犬の自発的行動が消失し、常に飼い主の介入がなければ、いい判断ができなくなっていく。

また、飼い主や一部のトレーナーは社会化不足とし、行き違いトレーニングや集団でのトレーニングを継続させてしまう。

 

犬がそこへ行きたいと言ったわけでもないトレーニングは、人間の行きすぎる管理にもとに慣れさせられるトレーニングだと、へちまこは思っている。

でも、社会化をしないと犬はこの人間の社会では、もっともっとストレスを感じながら生きていくかもしれない。

そのジレンマを、BATを使うことで、犬に多くの選択肢を与えいくやり方は、犬の平和的な回避行動を回復さてくれるのだ。

以前から回避行動をとっているが芳しくないと言う方からのお便りもあるけど、BATに大切なことは、犬のボディ・ランゲッジが読めているかどうかが、関わってくる。

自己流BATの飼い主の多くが、ガウガウが始まってから回避行動に出ている事があるように思うのです。

それでは、もう遅いと思うのです・・・続きます。
 

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村



 

 

 

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

最近のトラックバック

カテゴリー