Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« シロ君の話しをしようじゃないか・・・ | トップページ | 「犬にはとりあえずハーネスを」セミナーin新潟&川崎市動物愛護センター »

2014年6月29日 (日)

2014年前期「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室」終了しました

Img_20140615_105158
2014年6月18日(日)

暑すぎるぐらいの中でしたが日蔭を選びながら「川崎駅前犬さん同伴ツアー」を持ちまして、今期の「教室」を終了しました。

思えば、まだ肌寒い季節に開講した教室でしたが、終わるころには半袖の季節(今期は19ペア、スタッフ6名で構成)

最初のころの、やたら落ち着きのなかった犬の保護者さんも←(ここ大事!)
犬たちもいつの間にか、その場にあった行動を、そして、保護者さんはマナーを守れるようになってきました。

私たち、かわさき犬・ねこ愛護ボランティアが主催する教室は、スワレ、フセ、マテ教えない教室です。

開講当時(平成11年秋)は、チョークチェーン等の嫌悪刺激首輪なども使用可でした。

しかしいくつかの転換期を迎え、現在は、ハーネスでの教室参加を推奨しています。

そして、開講当時は、いわゆる、オビディエンスを主体にしてましたが、現在は、人と犬とのコミュニケーション確立を大切にし、まずは、犬たちにこの環境は安心と安全であると伝えられる犬の保護者を目指していただいています。

では、今期の教室の様子を画像でお伝えします。

お写真に写ってないペアさん・・・ごめんね~~

Img_20140427_110929_2おかーさんに話しかけるみちるちゃん

犬の要望に応えてあげることは、犬を安心感をあたえることができるようです。

これは食べ物への要望ばかりでというわけではなく、日蔭がいい、もっと離れたい、
などの、その犬自身が不快と感じる環境を取り除くことも含まれます。

犬の要望に応えておくと、次には人間の要望を聞いてもらえることは多くなることも。

ただ、応えられない要望も中にはあります(危険とか、相手の犬が嫌がってるとか、迷惑になる行為とか・・・)

それに関しては、その場から動かないで待っていれば(犬とは眼は合わせません)大概の犬さんは諦めれくれます。

諦めてくれたら、ありがとうといって、その場を離れてからごほうびなどの対応をしていきます。

Img_20140427_110849
また、別段、これといって犬に命令をしません。

たとえば、人が止まったらオスワリして待つことは教えません。

保護者さん同士が話しだしたら、好きな体勢で留まれるならOKです。

すれ違いも、犬を左や右に付ける場合と、人間が犬の傍に行き、犬を守るような形ですれ違いを補助する場合もあることを学びます。

Img_20140525_105236
遠足の日ですね。

若い犬の中には好奇心旺盛で、あっちの子、こっちの子と忙しくあいさつ回りに出かけますが、大方の犬さんたちはまったりと過ごしていました。

それぞれのスペース(パーソナルディスタンス、ソーシャルディスタンス)を気にかけながら、交流していました。

Img_20140525_105254スリム系ラブのレオ君。いい加減の活発さのラブラドールです。

慣らそう、社会化させようと躍起になるより、まずは保護者さんが犬を取り巻く社会への現状を知ってほしいと思っています。

それには、まずは保護者さんが犬とともに穏やかに過ごせるようにしてみてください。

Img_20140615_101725左からランちゃん、ちかちゃん、チャ―君

「川崎駅前犬同伴ツアー」の始まる前の歓談。

いつも吠えていたチャ―君が吠えていないのでびっくり!

川崎駅犬同伴ツアーは、災害時の犬同行避難を範疇に行われます。

川崎市は同行避難を進めてきています。

いざというときに、少しでもあわてず騒がずの保護者さんになれることが、犬たちの同行避難を助けることになります。

Img_20140615_105646
チネチッタのスターバックスで一息。

犬専用でないカフェでないと、本当のカフェマナーは学べないと思います。

遠足時のかなり広いスペースに比べると、こちらはお互いのパーソナルが重なるほど近づいていますが、犬たちは穏やかにしていますね。

保護者さんが、犬を意識しないということが穏やかな空間をつくることもあります。

Img_20140615_111103
ほんと!どうしちゃったの?というぐらい吠えなくなってきたダックスのチャ―君

手前はななちゃん…拾い食いが酷いということですが、食べ物の選択肢が狭くて、それでフラストレーションをなっているかも?

犬は、ドライフードで十分育ちますが、それではあまりにも味気ないかも。

人が楽しむ空間に連れ出した日ぐらいは、犬さんにもそのお裾わけを・・・だって大切な家族なんですから。

Img_20140615_110912
病気を抱えてたことで放棄されたけど、きちんと治療してちゃん甘えさせてくれる保護者さんに巡りあったひまわりちゃん

最初のころは(昨年期)ガタガタブルブルでしたが、度胸?愛嬌?もついて、教室きってのオテンバさんになってくれました。

Img_20140615_111000
基本はしっかりしているのでぼくはいい子ですからね・・・と、R君

落ち着きが更に少しずつ進化してきました。

Img_20140615_110937
一番ガンバッタかも?ダビットくん

怖がりというよりも、人の社会をしらな過ぎるかも。

都会や雑踏は犬には適さない暮らしでしょう。

犬を飼うときに、特に初心者はそんなことを考えずに犬と暮らし始めてしまうことが多いと思います。

犬が暮らしやすいように、いろいろな刺激に慣らしていかないと、犬も人もストレスをため込んでしまうかもしれません。

過剰なストレスを犬に与えないためにも、少しずつ社会化をしていければいいです。

Img_20140615_111229
スタバデビューというマルくん。(実はママさんがスタバデビュー喜んでたかも

御歳10歳の手習い・・・けっこう楽しそうにこのイベントに参加していました。

課題のバイク吠えかかり突撃の回数も減ってきてるそうです


そうそう、今期から放課後部活ダンス部ができました。

Img_20140427_115326
教官は鬼にはなれない教室スタッフのYさん。

優しく熱心に指導してくれます。
Img_20140427_115333
小さいけど度胸は抜群のランちゃんと

Img_20140427_115650_4
オイラにとりあえず何か教えとけ!という、何かするの大好きカイくん。

あと、シュナのRくんも隊員です。

Img_20140427_120746
ドッグダンスは究極のオビトレといわれるように、ヒールに始まりヒールに終わる競技。

上の写真は厳密なヒールポジションを教えている(人間に)ところだったかな?

まあ、そこまでいかなくとも、犬と何かを一緒に楽しんでいけるなら、それはそれでいいことだとへちまこは思っとります。

犬にも脳みそがあるわけですから、良い刺激は退屈しのぎになります。

人間は盆踊りにならないように気をつけるそうです←そこが一番難しんじゃね?


では、暑い夏を迎えますので、くれぐれも熱中症に気をつけてお過ごしくださいませ。

今期の教室を盛り上げてくださったスタッフのみなさん、ありがとうございました。

来期もよろしくですm(_ _)m

後期教室は、9月28日から犬同伴(継続組)になります。

新規募集は改めてお知らせしますが9月21日講習会(犬同伴不可)からとなります。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

« シロ君の話しをしようじゃないか・・・ | トップページ | 「犬にはとりあえずハーネスを」セミナーin新潟&川崎市動物愛護センター »

教室のこと」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« シロ君の話しをしようじゃないか・・・ | トップページ | 「犬にはとりあえずハーネスを」セミナーin新潟&川崎市動物愛護センター »

最近のトラックバック

カテゴリー