無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

これからのドッグ・トレーナーの見分け方

Img_20140808_070113
近ごろ、巷ではハーネスユーザーとハーネスドッグを多く見かけるようになったと思いませんか?

特に中型犬から大型犬の装着率が増えたような(o^-^o)


本当に喜ばしい\(^o^)/

小型犬の装着率高いのですが、日本ではまだまだ大きな犬には不向きな犬具とされていることが多いです。
...

今、世界的に見ても、特にヨーロッパでは犬にはハーネスという動きが起こってきているようです。

かわさき犬・ねこ愛護ボランティアで招聘したエミリー・ラーレム先生も、ハーネストレーナーです。


それにエミリーも、チョークチェーンのような矯正(情報が.間違っていました、訂正してお詫び申し上げますm(_ _)m)首輪にリードをつなぐ危険性に気づきハーネスへ転向したトレーナーです

Img_20140808_070307_2



  こんな話を聞くことがあります。

ハーネストレーナーは、攻撃的な犬を扱ったことがない、そういう犬と真剣に向き合ったことがない、だから、ハーネスとか言ってられる、お気楽だ・・・

正直、凹みます。

こんなに咬む犬やったんやで~~と、犬に噛まれた傷をさらけ出されたら、へちまこは心痛します。


私が一番最初に出会ったハーネストレーナーは、英国の攻撃性問題行動のスペシャリスト、アンジェラ・ストックディエルですし、フリースラインド・ハーネス、パーフェクトフィット・ハーネスの考案者のサリーも様々な問題行動に対峙するハーネストレーナーですし、エミリーもシェルターで働いていそうですから、ごまんと攻撃的な行動に出る犬にであってきていると思います。

犬の問題となる行動を多少の痛みを伴ったとしてもすぐに直せば、保健所送りや処分されずに済む、結果的には殺処分を免れて、犬を救ったことになるし、譲渡へすぐに回せる・・・

確かにそうですが、それが犬のためなのか、それとも人間のためなのかを考えてしまいます。

Img_20140813_172803_3

もし自分が、とんでもない不良になってしまって、どこかの矯正施設に入れられることになったら、○塚ヨットスクールみたいなところへは入れてほしくないなあ。

でもそれが、あなたのためなのよってという言葉が出てきたところで、それは私以外の人のため、つまり親や飼い主となるんじゃないかと思う・・・

犬の問題行動に対して、痛みや過剰な不快を与えない、別のアプローチはたくさんあるのですよ。

それが、ハーネスというひとつの選択なのではないかと思うのです。


そうそう、今、ヨーロッパや北米で飼い主はトレーナーを選ぶ時にこんな質問をしてみて、その答によっては、よく考えて選んだほうがいいといっています。

その質問とは・・・たったみっつ。

1.犬が正解を出した時に、犬には何が起こりますか?

2.犬が不正解を出した時には 犬には何が起こりますか?

3.自分の知っている方法よりも、優しい方法を知っていますか?

3は、既存の方法や、自分の知っている方法よりもより犬の尊厳を大切にするやり方を知っている、知りたいというのも含まれます。

これを質問してみて、人道的で犬により優しい方法を選べるトレーナーをチョイスできるといいですね。

口だけで優しいトレーニングとか、ほめてしつけると言いつつ、実際は犬の尊厳とか尊重とかを侵略しているトレーナーはいますから。

たとえそれが、食べ物を使って優しい方法とされてもってことも含まれます。

今まで犬はしつけないとならない、それに伴うトレーニングをしなければならない、社会化をしなければならないということが、当たり前に言われてきたことですが、個々によってはそれが犬の尊厳を冒している場合もあるというのです。

消極的な犬を公の場に連れ出し、社会化と名乗ってむりくり口に食べ物頬張らせてやることが、果たして、誰のためかを考えたいと、近ごろはそれで、少々、悩んでます。


では。
Img_20140814_093917_2

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2014年8月24日 (日)

夏夏夏!常夏じゃないけど房総の夏!

Img_20140812_083104サルスベリと書いて百日紅とは・・・日本語の美しさよ・・・

お盆休みったら、帰省するというのが日本の夏休みのような・・・

田舎を待たないへちまこ家は、田舎を作るということにしたのが5年ほど前。

房総の方田舎の田舎の家をコツコツと作り換え、昨年からは庭を大改装。

犬専用に庭にするために重機をいれて、日本庭園だった庭を犬のために造り替え。

ほとんどの庭木を撤去したのだが、この百日紅だけは残しといてよかった。

夏の花らしく、青空によく映えます。

Img_20140815_063207ああいいねぇ~芝生。犬としてはたまらんよね・・・

いつかは永住になる予定で田舎家をかったわけで、年とったら、温暖の地ということで房総半島の田舎家に落ち着くことになったわけですが・・・

田舎の夜の暗さに驚き

虫の大きさにおののき・・・

植物の繁茂に悪戦苦闘・・・


Img_20140816_082534それぞれの遊び方の違いはあれど・・・楽しかろ・・・

どうにか芝生も育ち(庭師さんのおかげですが・・・)

お犬さまたちにご満足いただいています。

Img_20140815_063659自発性スプリンクルズは毎朝の日課よ。夜の訪問者の痕跡探索中。


手のひら大のゲジゲジやアシダカクモヒコ(アシダカ軍曹)等にお目にかかると、いまだにぶっ飛びますが・・・

Img_20140816_110848
こんな幸福そうな・・・・

日向ぼっこを見たことあるかい・・・(T T)

Img_20140817_150417


ダーリンだって、ギンヤンマ!ギンヤンマ!と、虫網持って追いかけるてるし・・・

ダーリンは、とおおおおおおーい昔の

 

子どものころの夏休みを思い出して幸福なんだろうし

 

Img_20140815_062154
庭にはワンサカとカニが住んでいおるし。

朝早起きすると・・・

 

なに?なんでこんな早いの・・・え、マジこのニンゲン?

なに早起きしてんの?ないない・・・この時間はカニの時間よ

 

あだーーーーーっ!

なにつかまえてんのよ!

なにすんのよ こんな黒い中いれて やめれ!

 

と、カニの観察もできる・・・田舎っていいなぁ。

 

Img_20140813_175219


ダラダラと とかにいるときよりもさらにだらだらと散歩し

だらだらと すごす 2014年 房総の夏



Img_20140814_110811


反町さんや 広末さんが座って 夕陽を見ていたベンチに座り

 

夕日が海に沈むのを 観るだけの夏なのです・・・・だらだら最高!









2014年8月23日 (土)

後期「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室」新規参加者&日程

Img_20140615_105646犬も人もスタバデビュー(前期のようす)

暑いですね~。

残すとろこ、一週間ほどで9月なんですね。

ということで、
かわさき犬・ねこ愛護ボランティア恒例秋の・・・

「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室 後期」参加者さんを募集します。

dog 教室主旨 tulip 

犬と人、双方の社会化のお手伝い。

人の社会において、犬自身が安心と感じ、安全だと判断できるように、その手助けができる関わり方を飼い主さんにお伝えしています。

飼い主さんには、人社会においての犬と暮らすマナーをお伝えしております。


「犬にはとりあえずハーネスを」運動を展開しております。

chick募集人員  7~12組 すでに4組ほどお申し込みがあります。
   (一人ヒト犬です。多頭の場合犬フタリを人一人ではお受けしておりません)


日  程   9月21日(日)  オリエンテーションと座学
                   (新規の方は必須です)

 

        9月28日(日)  犬同伴 10:30~12:00

 

        10月12日(日) 犬同伴 10:30~12:00

 

        10月26日(日) 犬同伴 10:30~12:00

 

        11月9日(日)  犬同伴 10:30~12:00

 

        11月30日(日) 犬と遠足 時間未定

 

        12月14日(日) 犬と川崎駅前同伴ツアー(トップ写真参照)

danger 新規の参加者は9月21日の座学を受けなければ、原則、参加できません。

danger 多頭の場合は他のご家族に協力を得るか、無理な場合は次期教室で入れ換えてご参加ください。

詳細は当ブログコメント欄に、実名と必ず郵便物が届く住所、必ず返信できるメアドをご記入くださいませ。(メール送信からは受け付けません)

当ブログコメント欄は非公開ですので、ご安心くださいませ。

お申し込みが確認できましたら、ご案内と申し込み用紙を郵送します。

応募多数の場合は、川崎市内犬飼い人を優先しております。
ご理解いただけると、ありがたいです。


座学オリエンテーションは川崎駅前となりますbook

danger 継続組の参加者さんは9月28日にいつもの場所にお集まりくださいねsign03

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2014年8月 4日 (月)

ネコダッシュとチェシアのその後。

Img_20140606_092500どう?すっかり大人の女って感じでしょう。”ゴハン”で、この顔ってどうよ!


チェシアは猫ダッシュが子犬の頃から酷かった。

もう見たら最後、全身の力で私を引いて(たぶんこんなときは私のことなど忘れてる)追おうとするし、追えないようにこちらが立ち止まると、こちらへ戻って弾みをつけて思いきり飛び出す。

猫が視認されているまで繰り返されるのだけど、体重27~8㎏の四駆に二本足族はたまったもんじゃない(;-Д-)
...
そのチェシアが、いつの間にか猫ダッシュをやめて久しい。

猫がいれば気にはするのですが、以前の狩猟衝動に突き動かされることがなくなったのです。

チェシアの社会化にはサリーのハーネス以外使ったことはありません。

子犬期にはフリースラインド・ハーネスだったけど、間もくパーフェクトフィット・ハーネスに変わり、今日に至ってます。

猫ダッシュは犬の突然の飛び出しでいろいろな危険が予測されるから、チョークチェーンやプロングカラーの使用を薦めるトレーナーが多いけど、私は犬の引きの強さを半分から3分の1軽減してくれるパーフェクトフィット・ハーネスとリードワークで頑張ることにした。

パーフェクトフィット・ハーネス(PFH)だと、フロントと呼ばれる前胸にD型のリングをオプションでつけられ、ここにリードをもう一本つなげて使えば、突然の引きをしのげることが多い。

Img_20140317_091601Dリング見えるでしょ・・・これがミソなのよ(゚▽゚*)


とにかく犬の引きを止めるが、こちらへ来いや私に注目しろや、猫を見るなという働きかけは極力控えてみた。

時にはハーネスの背中部分を引っ付かんで、行かせまいという感じで自分の身体で止めたりもあったけど、何かの体罰を与えたり叱りつけたり(叱ったって聞いちゃいない)はしなかった。

玄関開ければ「猫ダッシュモード」興奮には、簡易スプリンクルやトリーツ・ボックスでそのレベルを軽減したりもした。

犬より早い猫センサーを搭載したのかと思うほど、街角に潜む猫の気配を感知して、回避行動を繰り返した。

猫を見ればダッシュという行動が出ないようにがんばった。

そして、苦節?3年?(^_^;)
Img_20140714_081910あーーーーあったあったね~~そいうことも・・・とおぉぉおーい眼

猫を見ても猫が走ってチェシアの前を横切っても、チェシアは自分の身体を自分でコントロール(自制)し、デフォルトしていた行動がとりあえずは前面にでなくなったのです(^o^)

プロトレーナーとしてで仕事をすることもあるのに、そこんところは、時間がかかり過ぎではない?どうなの?

そんなことしていたら飼い主が危険!とか、言われることもありましたが、あそこで蹴れば、あの時殴れば、思いきりリードショックをすれば、自分が楽であっただろうという思いは今もありません。

ある人の話で、チョークチェーンを推奨するトレーナーに、なぜ?そんなにも急いで犬をしつけたり行動問題の解決に嫌悪刺激をつかうのか?と、質問してみたところ、それは、当の飼い主が自分には仕事等があって時間がないから、とにかく早く仕上げてほしい、というニーズがあるからだという。

それを聞いて、私は、そろそろ日本のトレーナーもチョークチェーンからの脱却を考えてもらいたいなぁ、なんて願っちゃってます。

だって、人間のために暮らしやすく犬をしつけるという名目は、犬から見れば理不尽なことばかり・・・

犬を自分の生活に連れ込んだのは、人間に他ならないのに。

消費者である飼い主さんへ。

犬がそれをしてしつけてくれと、いっているのかどうか?

自分の時間を大切にするように、犬にも自分を表現し、いろいろな行動に対して納得のゆく時間が大切なんだということを知ってほしい。

また、トレーナーにここは気長に待ってあげてくださいと、アドバイスし、飼い主を説得できるスキルを身に付けてほしいなぁ、と、思っているのです。
Img_20140715_073607濡れてるのはいい女だからよ~~~~

じゃ、みなさん、夏本番じゃないのsun・・・楽しんでね by Cheshireheart01

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

最近のトラックバック

カテゴリー