無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« つまんないよ、シロ君 | トップページ | ななちゃんとKさん。 »

2014年11月29日 (土)

エミリー・ラーレムセミナーを終えて。

Img_20141123_114247
去る、11月22日、23日 品川フクラシアクリスタルスクエアにおいて、エミリー・ラーレム先生による『強化トレーニングの進化形』セミナー、無事終了しました。

受講者募集開始当時、わずか2日かで満席状態となり、これではせっかくエミリー先生の講義を聴講したいと願う日本のトレーナーたちに申し訳ないと思い、急きょ、会場変更して開催に漕ぎつきました(゚ー゚;

その後も、キャンセル待ちが相次ぎ、セミナー委員会一同、ご希望に添えなかったこと、深くお詫び申し上げます。

Dsc_03952
セミナーの前日、個別のセッションを開いてくれたエミリー先生とチェシア。

エミリーには、チェシアを観てもらえる(いえ、ただのデモ犬ですけどsweat01)という幸運(いえ、リード引きが思いきりでる犬ということで・・・)を、いただけました。

世界有数のトレーナーに自分の犬のリードを持ってもらうなんてo(*^▽^*)o

もうもう、感激でした。

そして、エミリーのクリッカースキルの高さと、口だけではない、身体的および心理的な脅かしや罰を用いないトレーニングも間近で見ることができて、久しぶりに犬に何かを教えるって、本当にいいなぁ、と思いました。

Dsc_03972
犬の強い引きを止める時にはどうしてもリード圧がかかってしまうことになるけど、刺激の少ない環境で、少ないリード圧に逆条件付けで慣らしておくようにします。

つまり、リード圧=これに気づいて戻ったらごほうびです。

それが上の画像、ニコニコのチェシアですね。

エミリーもハーネスを使うトレーナーです。

むしろ、ハーネスしか使わないトレーナーといった方が正しいかも。
Img_20141128_232853
エミリーの講義は、わかり易く、実行可能なトレーニング方法がたくさんありました。

エミリーは、会いしなから私たちにとても気を使い、そして、いつも微笑んでくれました。

そういった人柄が、滲み出る、講義だったのです。

少しまとめられたものが、Harness User'sTechnical Support Group(HUTSG)のFBページに公開されていますので、そちらをお読みくださいませ。

さて、エミリーのセミナーを聴講してから、あれ?と、気になって引っ張り出した一冊のレジュメ。

Img_20141128_190924


そうだ、私はあの『カルチャー・クラッシュ』で著名なジーン・ドナルドソンのトレーニングセミナーを受講していたんです。 

そうだ、神戸まで日帰りで行ったんだった(若かったな~(^_^;))

エミリーの講義を聞いていてどこかで聞き覚えのある、言葉や方法が脳裏甦って来ました。

十年も前なので、エミリーの『プログレッシブ強化トレーニング』と比較すると、エミリーの方法はより細分化されているなあ、と感じました。

それから、とても勇気付けられたことが・・・

私はチョークチェーやプロングカラーを使う強制訓練を経験してきたし、人にも薦めてきた時代がある。

もう、そこへは戻ることはないが使っていた事実は消えません。

空港までエミリーを迎えに行った日、夕食を共にしていると、アメリカでもそのようなトレーナーがいて、そのようなトレーナーはクロスオーバートレーナーというのだと、エミリーが教えてくれました。

チョークチェーンやプロングカラーの時代を経験していて、その経験が二度と、そこへ戻らないトレーナーを作り出しているのかと思うと、チョークチェーンやプロングカラーの時代を経てきたことは無駄ではなかったと思えたのです。

ハーネスでは犬の不適切な行動は治らず、かえって、犬やその飼い主を苦しめるだけだというトレーナーもいて、速効性のあるチョークチェーンやプロングカラーを使う、または、飼い主が根気や継続、クリッカーのタイミング、環境を変えることをめんどくさがり、時間がないという飼い主の要望に応えるようにトレーナーがチョークチェーン、プロングカラーを容認してしまう。

私は、純粋に犬で食べさせてもらっているトレーナーではないけど、だから理想を追えるんだ、呑気な考えのトレーナーだと言われてしまうことがあるけど、エミリーに出会って、今は、クロスオーバートレーナーでいいんだと、強く思えるようになりました。

そして、エミリーが言った、“いったい誰のためのトレーニングなのか?”という言葉。

それを良く反芻して、今後も揺るぎないハーネストレーナーであり続けたいと思った、2日間なのでした。

エミリーにもらえた勇気、大切にしたいです。
Img_20141124_005505

サイン入り、DVD、いただきました。

Thank you Emily sign01

今度日本に来る時には犬有ワークショップを企画したいですね。

では。
あ、来年は、BATセミナー、12月5日、6日でやります、乞うご期待sign03

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« つまんないよ、シロ君 | トップページ | ななちゃんとKさん。 »

セミナー関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/60729055

この記事へのトラックバック一覧です: エミリー・ラーレムセミナーを終えて。:

« つまんないよ、シロ君 | トップページ | ななちゃんとKさん。 »

最近のトラックバック

カテゴリー