無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 市民祭りの中の犬たち | トップページ | 『犬の砂場』への参加希望、見学希望、非公開ブログ閲覧希望について »

2014年11月 6日 (木)

New Harnessと5ⅿリードのご紹介と試用のご報告

Dsc_01832
写真のハーネスは、最新のHarnessです。

Balance harness(バランスハーネス)といいます。

このHarnessは、Behavior Adjustment Training(BAT)のグリシャ・スチュワートさんの友人が考案し、製作しています。

http://www.balanceharness.com

来年、BATのセミナーを開く予定でいるので、さっそく購入し、ここ一月ほど試してみました。

サイズは、S,M,L,の展開ですが、サイズの調節が首の両側、腹側、背中、胴周りと、広くカバーできています。

Dsc_01812
左がM (リデル体重17㎏~18kgで試用)調節部分はまだたっぷりあるので、リデルの体重以上でもカバーできそうです。

右はL (チェシア体重27kg~28kgで試用)これもまだ余裕ありです。

驚くのは、その軽さと柔らかさと滑らかな手触り。

ジョイントの部品も質の良いものを使ってるので、音が鈍く、カチッと音がするのを嫌う犬にはいいかも。

ただ、その細さゆえ、PFHやFLHよりはクッション性が望めないかも。

Dsc_0328
首の作り・・・△のリングがよく考えられています。

Dsc_0329
背中の作り・・・ここでもサイズ調節ができます。

Dsc_0330
お腹の作り・・・ここでも調節できます。

縫い目も犬の身体に極力負担がないように処理してあります。

Dsc_0331
胴周りですね。

Dsc_0290
フロントにはDリングがもれなくつきますが、PFHのようにカチャカチャ音はしません。
と、いうのも、へちまこ、このフロントリングの作りに感心しました。

Dsc_0332
わかりづらいかな・・・犬の身体に触れないように作られています。

ほとんどのハーネスがこの部分の作りは同じですが、このハーネスは、この部分が立ち上がるというか、密着させないように、つまり犬身体に過度な刺激が伝わらないようになっています。

Dsc_0334
フロントリングにリードをつけて引っ張ってみました。

バランスハーネスというだけに正中線の大きなずれもなく、リデルとチェシアに試用した感じでは、いいハーネスの部類に入ります。

Dsc_0338
PFH,FLHより、胴の部分は後ろ気味ですが、きちんとサイズの調節がしてあれば、柔らかい腹部にはかかりません。

写真もろっ骨のちょうど最後尾あたりで合わせてあります。

ただし、このハーネスは、首を通さないと装着できないので、首を入れることに嫌悪がある犬さんには、少しずつ慣らすという過程は無視しないでくださいね。

Dsc_0327
で、こちらが、グリーシャさん特製の5mリード。

こちらも驚きです。

Dsc_0325
展開は2種類だけですが、まずはその軽さ・・・こちらは大型犬用。

Dsc_0326
こちらが小型犬用~中型犬用でリデルはこのサイズです。

やはり滑らかで、手触りも優しいです。

BATに使用するリードはゴム引きのリードを推奨していません。

ゴム引きですと、意図しなくても強く止めてしまうことがままありますが、こちらは意図しなくても柔らかい止め方が可能です。

Dsc_0339
で、ほら、ロングリードって、横着してぐちゃぐちゃでしまい込むと、ところどころ絡まって、だんごを(結び目)を作ってしまうじゃないですか?

解くのにも、固くなってるとイライラ(#゚Д゚)y-~~イライラ

使用中に知らずのうちに結び目作って、それを犬がガンガン引っ張ったら、かた結びになって、そのまま・・・という悲しい結末に(;д;)

ところがです!

このグリーシャさん特製5ⅿリード、結び目ができないのです。

できても、スルッとすぐに解けますgood

軽くて汚れに強くて、おまけにいろんな色があります。

BATのストアーから購入できます。

Dsc_01852
我が家の引っ張り娘にも試したわけですが、PFHより強い引きの子に対応できそうです。

PFHのフロントリングは方向転換用であまり強く止められてはいませんが、バランスハーネスはしっかりと付けてあります。

その分、ダブルエンドリードの場合などはバランス良く制御できるように思いました。

また、濡れにも強いし、秋のとげとげ草にも悩まずに済みました。

海の砂もフリースだと入り込むことがありますが、こちらはすぐに落ちてしまいます。

夏場暑そうだと言われるPFH,FLHですが、こちらも夏場用やレジャー用に用意しておくといいかもしれません。


では、新しいハーネスとリードのご紹介でした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
















« 市民祭りの中の犬たち | トップページ | 『犬の砂場』への参加希望、見学希望、非公開ブログ閲覧希望について »

ハーネス&ロングライントレーニングについて」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/60608113

この記事へのトラックバック一覧です: New Harnessと5ⅿリードのご紹介と試用のご報告:

« 市民祭りの中の犬たち | トップページ | 『犬の砂場』への参加希望、見学希望、非公開ブログ閲覧希望について »

最近のトラックバック

カテゴリー