Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 新『子犬、育ててます』 ピコ初めてのお外へ | トップページ | 新『子犬、育ててます』愛あふれる正の強化を使おう。 »

2014年12月25日 (木)

新『子犬、育ててます』 穏やかな犬にしたいのなら子犬のうちから

Img_20141219_0729242


落ち着いてて、穏やかな犬に育てたい…というのが大概の飼い主の望みですが、多くの飼い主が落ち着きのない穏やかでない犬に育ててしまいます。

子犬でも穏やかに過ごさせることが必要なのですが、子犬は激しく遊ばせなくてはならない、子犬は活動的だと思い込んで、子犬のハイパーな遊びに付き合ってしまいます。

外での社会化をうまく進めるためにも、家の中でも穏やかな遊びや落ち着いた時間を過ごさせることが大切になります。

ピコ、わすが3ヶ月の子犬なのにご飯が配膳されるまで、自ら、伏せて落ち着いて待てるようになってきています。

これらは、周りの犬の行動を自分で観察して、自分で選択した行動です。
Img_20141220_092132

私は、キューでピコの行動をまだ管理していませんが、キューやコマンドを出さなくても、待つときはスワルやフセを選択するということができてきたということです。

また、リデルもチェシアも過剰にピコを遊びに誘わない、またはピコの遊びの催促に乗らない、常に一歩引いていて、子犬の過剰な興奮には即時介入しています。

子犬を過剰に構い、手で遊ばせ、興奮させることが人慣れだと思い違いしている人は、今すぐやめて、落ち着いた環境に子犬をおいてあげてください。

噛んでいいものを与えそれを噛んでいたら誉めること、ごほうびベースのゲームをすること、また家の中でのボール遊びや引っ張りっ子は興奮しやすい子犬にしますのでほどほどにします。
Img_20141220_092457

よく外の散歩から帰ってきて、家の中を走り回る犬がいますが、その多くの犬が散歩をセカセカ歩き、飼い主が小走りでついて回っていたりしています。

また、その逆で、外では消極的、好奇心も興味も示さず、おずおず歩いていて、家に入ったとたん、大暴れだったり。

こういった犬は外で、自分を自由に表現できず圧し殺しているのかも知れないと、その反動で家の中での過剰な走りをするのではないかと思っています。

そうそう、エミリーのセミナーで子犬の走りに付きあってはならないといっていました。

人間の歩幅に合わせようと子犬が早足や駆け足で散歩をすると、そのまま大きくなり、結果、リードを引く犬になるそうです。

特に大型犬の子犬は、早脚のまま成長すると、リードを引く犬になるそうです。

子犬の時には、人間がゆっくり歩くことをお勧めします。

そして、落ち着いて穏やかな犬にしたいのなら、それはお家の中から始めることも、お薦めします。

* この記事はへちまこFBからの転載になります。

  FBではかわいいピコくんの動画が見られますので、どうぞそちらもよろしく!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

« 新『子犬、育ててます』 ピコ初めてのお外へ | トップページ | 新『子犬、育ててます』愛あふれる正の強化を使おう。 »

子犬、育ててます。」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 新『子犬、育ててます』 ピコ初めてのお外へ | トップページ | 新『子犬、育ててます』愛あふれる正の強化を使おう。 »

最近のトラックバック

カテゴリー