無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

ハーネスにつながるリード圧に慣れてもらおう

Dsc_058822やあ、もうすぐ春になりそうだね・・・cherryblossom

ところでみなさん、ハーネスにつながる大切なリード。

このリード圧って、本当は少し犬たちにとって少々不快なの・・・(-ε-)

だから、のんびりゆったり散歩を実践するためにもハーネスに繋がるリード圧に慣れてもらうことを疎かにしないことをお薦めします。

こんなことぐらい気にするはずはない。
いずれ慣れるだろう。

と、いう考えは犬ではなく人間の考えじゃないかしら?

犬が本当にそう思ってくれるのならいいのですが、犬語を読むということはすべてが予測であって、決定ではないです。

相手の本当の心情や犬の情動は、すべて『たぶん』という大まかな見方です。

が、犬語の情報はずいぶんと研究されてきていて、大きく外れることはなくなってきています。

大きな犬語は分かりやすいのですが、微かなささやくような犬語の見落としは、やがてそれが澱のように溜まり、あふれ出て、過剰反応となって現れることになります。

微細な犬語をなるべく早くキャッチすることはゆったり穏やか散歩の実践に大切なことになります。

まず、人間がハーネスを着けてみて(ちょっと怪しいのでお部屋の中で。大型犬用のハーネスお持ちの人は。)リードを繋いでどなたかにリードを張って圧をかけてもらうとわかるのですが、以外と伝わってきます。

何でもないときのハーネスに伝わるリード圧はそれほどでなのかもしれませんが、それは何でもないとき(ストレスが限りなく低い)だからです。

私たち多くの人間は、犬が環境から受けること(人間含む)とてもデリケートで人間以上にストレスに弱いことを見落とすか、もしくは無視をしている場合があります。

知らないで見落とすことは致し方ないかもしれませんが、このぐらいは大丈夫という思い込みが犬を追い詰めていくことになってしまうこともあります。

私の犬は私との強い信頼関係や絆があるから、あんなにトレーニングしてんだからこのぐらいは平気なはず、というラベリングをしてまわないように気をつけ、犬の状態を直ぐに何でもない普通の状態に戻せる手助けができるようになりたいものだと、へちまこは思っています。

えっと、ハーネス圧に慣らすというテーマから外れしまいました(^_^;)

今回の動画は、よく観ることをお薦めします。

始まって直ぐにやや怪しくなるチェシアのようすがうかがえると思います。

チェシアはトコトン平和主義なものですから、『嫌だよ、そこは吠える子がいるよ』と、早足になりそうなところがあります。

広くて安全な場所ならその気持ちを尊重し、スルスルとリードを延ばすのですが、住宅街ではマナーの面、公道ということに配慮する使い方が必要になります。

住宅街では広場にいるよりも繁雑なリード圧をかけることになりますので、それを何でもないこととして犬に慣れてもらうことでリードフラストレーションを最小にします。

動画ではリードを僅かに延ばした後、リードを固定しチェシアの行動を止めています。

ここでリード圧がかかるのですが、チェシアには既にリード圧=いいこと。という学習がなされています。

リードを張って犬を止めたら、舌打ち(チッチッ、チュチュ)や名前を読んで振り向かせ人の側に寄せるか、リードを手繰り自分で犬の側に行き、美味しい食べ物をあげます。

動画ではそのままUターンになっています。
チェシアの眼の形からは普通の状態がわかります(^^)

また、名前を呼ぶ変わりにPはよくリードを微かに揺するということをしています。

動画では食べ物をあげていないのは、その場を離れることで穏やかを取り戻すことのできる環境が内的報酬になっています。

印の付いた文節は、市街地での回避行動をスムーズに行うためには必須になります。刺激の少ない環境でよい反応が返ってくるトレーニングをたくさんすることをお薦めします。

この記事は、HUTSG、FBページからの転載になります。

記事内の動画は ↓ をクリック!

★ FBページで動画付きをご覧くださいませ。連載でーすsign01

https://m.facebook.com/HUTSG

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2015年2月25日 (水)

「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室」2015年度前期募集中!

Img_20141214_110527_2   cafe君も、川崎のイタリヤを歩いてみないかgood


みなさん、お待たせしました。

dog かわさき犬・ねこ愛護ボランティア 主催(川崎区)cat

『犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室』2015年度前期募集中でございます。

★ 新規募集10組(市内優先だけど市外のペアも可)

★ 新規生徒さんは3月29日の講習会に必ず参加のこと。講習会は無料です。

★ かかります。実費と教室運営経費で一回につき1,000円ポッキリsign01

dog 場所 川崎区内(講習会場も郵送にてお伝えします。駅近)

bud 329日 1回目 *講習会:社会化と飼い主マナーの重要性・犬のことを知ろう    

           *川崎市の動物の条例(法律)


cherryblossom 4
月 5日 2回目 *犬のいる環境が安全だと伝えるには?
            (継続組はこの日から)

(犬からのアイコンタクト強化)

           *ハーネスと首輪について

tulip 4
19日 3回目 *お散歩の仕方、道の歩き方。 

             *時と場合による脚側歩行。


riceball 510日 4回目 *時と場合によるスワレとマテ

*いろいろな人とのつき合い方を犬に教えよう。


clover 5
月 24日 5回目 *社会性を養う散歩の仕方

           *よその犬とのつき合い方を犬に教えてみよう


snail 6
月 7日 6回目  *社会から嫌われない飼い主と犬になるために。

           (犬と犬、人と犬のトラブル回避)

cat 6
14日 7回目  *川崎駅前犬同伴ツァー

          自分で判断しながら街中を犬とともに歩いてみよう。

  


* 新規講習会329日は、犬は同伴できません。
  
  この講習会は教室参加をご希望されない方でも聴講できます。
  ご家族で、ご友人をお誘いいただいてもかまいません(o^-^o)


 * 2回目(4/5)からは犬同伴になります。

   実技は天候によりミーティングとなる場合があります。

danger 継続組さんは、4月5日から10:30開始になります。

★ お申し込みは当記事、コメント欄より必須事項(実名、郵便物が必ず届く住所)を
  ご記入してください。追って詳細を郵送します。

★ 当コメント欄は非公開です。ご安心してご記入くださいませ。

dogcat かわさき犬・猫愛護ボランティアは川崎市公認の動物愛護のボランティアです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

cherry 2015年・前期 日程予定表

2015年2月11日 (水)

2014年後期「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室」のご報告と2015年度新規生徒募集

Img_20141214_110527
今さらなんですが(イヤスッカリ、忘れていました)かわさき犬・猫愛護ボランティア主催「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室」終了しました。

これは去年の暮れの話しで、誠に恐縮ですm(_ _)m

アップしているものだと思い込んでいたようで、アップはFBの方で速報で載せていたんです、こちらのメインでのアップを忘れてしまっていて、教室参加のみなさん、本当に申し訳ない・・・

2015年前期の募集をかけようと思ってカテゴリ開けてビックリしました( ̄○ ̄;)!

短い期間でもみなさんの頑張りは眼見えての結果として、川崎駅前ツアーに現れていましたね。

人ごみをわざわざ歩かして何んになると、思われるかもしれませんが、川崎という街に住む人や犬にとって喧騒に少しでも慣れてもらい、おたがい、快適に過ごせるようになることと、不測の事態の時に犬と人との連係プレーができるように、教室最終日に駅前ツアーを自己判断で参加していただいています。

その最終日の様子をお伝えします。

Img_20141214_1049382
旧東海道はこのツアーの一番初めの歴史的?観光地になります(いや、飲み屋ばっかりよ)

どのペアも、ガンガンセカセカにならないように歩いていましたgood

Img_20141214_104958_4
ペニーレインよろしくなぐらいの旧東海道を横断する、犬連れ。

焼鳥屋の匂いに誘われて思わず、早脚に?

Img_20141214_105158
川崎の銀座を、堂々と歩く。

かーちゃん、おパンツ売ってる!

かーちゃんは今日はおパンツ買いませんよ・・・

Img_20141214_1054422
おサルのいる町、川崎(また言ったねhappy02

このおサルに会えるだけでも教室に参加した意義があるのかないのか?

このおサルもスルーできるようになりましたね(v^ー゜)ヤッタネ!!

Img_20141214_1105432
この喧騒の中に突如、現れるイタリア的な、チッタデラとチネチッタ。

ミスマッチな?(経営者も美須さん)

イタリア的に構えるイギリスのボーダーコリーのゆのさん。

だっこのダックスチャ―君は、成長目覚ましい!

教室当初は、最初から終わりまで吠え吠えでしたが、いつの間にか、法ん頭に誰にも気づかれることなく吠えなくなっていた。

そういう成長が観られるのがいいと思う。

チャ―君の存在を吠える犬として特別視しなかったから、チャ―君は吠えなくなってきたんだろうと思う。

ママさんの継続する気持ちも強かったんだろう・・・

シーズーMIXのななちゃんも、ママとよく笑うようになった。

いろんな人に声を掛けられてうれしいという表情もでてきた。

初参加のべル嬢も意外と肝が据わっていましたね(*^-^)

Img_20141214_1106232
黒い方のピンチヒッターでの参加、スタンダードダックスのアクセル君。

始終、穏やかな子でした。

Img_20141214_1106332
もうヒトリの吠えなくなったよ!の美らさん。

前期は、ホエホエでしたが、いつの間にか吠えなくなったました。

ママさんに言われるまで気づかなかったへちまこ。

そういえば・・・美らさんの吠え、あんまり気にならなかったのかもしれません。

周りの人の気の使い方というか、吠えるからダメだとか、落ち着かないからダメだとかではなく、ま、とりあえずみんなとガンバッテみようかという気持ちさえあれば、人の心に余裕ができて、それが犬にも伝わるのかもしれません。

だんだんと自制がきくようになってきて、4月からの教室も参加してくださいね。

Img_20141214_113030_2
人の方が過剰に犬に気を使わないくなると、犬も落ち着いたり。

気にかけることは大切ですが、気にしすぎるとスルーできることもできなくなったりします。

おおらかに穏やかにかまえること、心に犬と暮らす余裕を持ってくれると、犬たちも穏やかに過ごせるかもしれません。

Img_20141214_113130
一杯のコーヒーを飲む間に、犬たちも大好きな人の腕のぬくもりをきっと感じているでしょう。

教室を通じて人、犬共に友達ができて、人は会話を楽しみ、犬たちはサイレント・コミュニケーションを楽しんでいるのかもしれませんね。

2014年度、前期後期教室をご利用いただいた、犬飼い人とその犬さんたち、ありがとうございました。

 

2015年度 新規「犬との付き合い方と飼い主のマナー教室 生徒」募集

10組(川崎在住犬飼い人優先)

初回 3月29日(日) 座学とオリエンテーションは無料です。
こちらは教室へ参加しない方も聴講できます。

以下は犬同伴で、すべて川崎市内での開催になります。


4月5日(日) 継続組さんはこの日から参加くださいませ。

4月19日(日)

5月10日(日)

5月24日(日)

6月7日(日)

6月14日(日)

実費(通信費、開催経費)として1回ににつき1,000円がかかります。

希望者は必須事項(実名、郵便物が必ず届く住所をコメント欄より記入ください)と明記、申し込み案内を送ります。(コメント欄は非公開ですのでご安心くださいませ)

かわさき犬・猫愛護ボランティアは川崎市公認の動物愛護活動のボランティアです。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2015年2月10日 (火)

脱!脚側散歩のススメ。

Dsc_0579


ハーネスでのお散歩はあえて脚側をしません。(言い切ったよん(^-^;)

犬先行型のお散歩をお薦めする理由は、脚側では犬の言葉(犬語)を読めないことが多いからです。

キッチリ横付けで歩かれては、犬の頭部は見えますが、それでは全体的な犬語を拾うことはできませんよね。

それと、犬の苦手にしているものへ反応が犬より先に飼い主が反応している場合があります。

飼い主が犬より先に反応してしまえば、脚側で歩いていようが飼い主から発せられる怪しい様子は、犬に伝播するかもしれません。

犬先行型のお散歩をお薦めするのは、犬のおかれた状況、状態の思い込みをなるべく避け、犬から発せられる犬語に目を傾けるためなんです。

犬先行型は犬に主導権を与えるもの!という考えからしばらく離れて、先ずはのんびり、ゆったりお散歩を実践できる環境を人間の努力で用意します。

特に何かにつけて過剰反応する犬には、過剰反応する環境から遠ざけないと、のんびりゆったりお散歩が難しいかもしれません。

毎日、そんなこと無理!と、思う人は、週に1回でも2回でもいいので考えてみることをお薦めします。

へちまこの回りの環境は下町の住宅街。

しばらく歩くと河原でのお散歩が可能ですが、普段は住宅街を歩くことになります。

都会で暮らすことは周囲の環境整備にも気を付けないと、犬の言葉を尊重するを、主張するあまり、マナーの面で人間がわがままになり勝ちなります。

そこはマナーを守りつつ犬先行型のお散歩を楽しんでくださいね。

人やモノとすれ違う時にはリードを手繰って短くする。

犬の自由を尊重と言いつつ、よそ様の敷地に入り込ませたりしない。

曲がり角は犬の先行させない・・・等の配慮は大切だと思います。

さて、HUTSGへ投稿した動画のチェシアのハーネスは、バランスハーネス、リードはBAT用の5mリード(使い勝手のよいリードです。お試しあれ!)

適宜、伸ばす、手繰り寄せる、弛ませる、上下させるという使い方をしています。

犬が何かにに反応しフリーズしたときは、犬を呼び寄せるということを頭から外して、自分からリードを手繰り寄せて犬へ近づくという判断を選択してみてください。

それが市街地での過剰反応する犬の回避行動をスムーズに行え易くできることがありますので。

動画のチェシアはゆっくりとした調子で歩いてますが、突進系の犬でした。

普段は穏やかな犬なのですが、不安要素なものには反応しやすく、せかせか歩きが出やすい個体です。

エミリーのセッションのモデル犬を勤めたときは、エミリーに『すごい力!』と、言われちゃったほど(^_^;)

また、犬のセカセカ歩きは心拍数を上げてしまいます。

心拍数が上がるということはどういうことかを考えれば、なぜ、ゆっくりのんびりな歩行を薦
めるのかはわかっていただけると思うのですが。

心拍数が上がったままで反応するものにであっちゃったら…一気にマックスへ!w(゚o゚)w

という状況は充分考えられませんか?

bud リードが張ったら止まる。

cake リードを引き戻さない。

dog リードが緩んだら前進できる。

このみっつさえ人間が守れば、ハーネスでの犬先行型のお散歩は実現できると思うのです。

★ FBページで動画付きをご覧くださいませ。連載でーすsign01

https://m.facebook.com/HUTSG

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

2015年2月 8日 (日)

犬に選択肢を与えちゃいけないって誰が決めたの?

Dsc_0593


ごぶさたしてました。

ところで現在、サリー先生のHUTSGでの連載、ご講読いただいてますでしょうか?

サリー先生、なんと、シェルターからボーダーコリーを迎え入れたのです。

新しい家族ですね。

自宅へ連れ行く前の過程から、サリー先生の記事は始まっていて、へちまことしてもサリー先生の連載記事、犬に関わる者にとって、いろいろと考えさせられるものがたくさんあり、また、得るものも多いです。

なので、ご講読をお薦めします。

特に、保護犬を迎える(出す側も)ということに対して、自分のやり方がまだまだだなと、実感しました。

さて、へちまこは、近ごろ、犬の情動や動物福祉のことを本当によく考えます。

apple 強要しないこととは?

bud ラベリングしないこととは?

clover 犬のためのお散歩とは?
   ↑(これね、犬のためといいつつやり方は優しいが結局押し付けてるみたいな?)

へちまこは、犬たちが過剰に人にすがったり、人に依存したりせず、自分の意思で決められることが多いほど、その犬の自信のある自制を得ることができるのではないかと思うようになりました。

今回、HUTSGのFBページに動画をアップしました。

そう、お馴染みのグローネンダールのチェシア。

この動画には様々な犬語が観察され、チェシアの心の動きとそれを表すシグナルやボディ・ランゲッジが多数みてとれます。

そして、街中でも回避行動を選択させる大きな意味があるのです。

その意味は、今年12月coldsweats01(まだ2月じゃないの(゚ー゚;)開催予定のshine日本初shineBATのセミナーで明かされることでしょうhappy01

で、動画なんですが、途中でチェシアの自転車へのやや過敏行動が現れるのは、自転車が苦手ではなく(普段は全く平気)その前後にある刺激なのです。

苦手な犬が目前『10mほど先』を横断したのです。

やや固まる身体、やや強ばる筋肉、やや硬く閉じる口角。

チェシアは自分自身を掬う決断を自分で出します。

回避行動を犬が選択するとき、それはその選択した環境(回避することで得る安全な環境など)から得る出来事がごほうびであり、内的報酬になるのです。

それには物理的なごほうびは必要ではなくなります。

だって、安心で安全で普通の環境を犬は望んでいるのですから。

そして、犬に選択肢と選択権を与えることの大切さを考えてみるのもいいかもしれません。

★ FBページで動画付きをご覧くださいませ。連載でーすsign01

https://m.facebook.com/HUTSG

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

最近のトラックバック

カテゴリー