Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 新『子犬、育ててます。』 ピコと睡眠 | トップページ | 脱!脚側散歩のススメ。 »

2015年2月 8日 (日)

犬に選択肢を与えちゃいけないって誰が決めたの?

Dsc_0593


ごぶさたしてました。

ところで現在、サリー先生のHUTSGでの連載、ご講読いただいてますでしょうか?

サリー先生、なんと、シェルターからボーダーコリーを迎え入れたのです。

新しい家族ですね。

自宅へ連れ行く前の過程から、サリー先生の記事は始まっていて、へちまことしてもサリー先生の連載記事、犬に関わる者にとって、いろいろと考えさせられるものがたくさんあり、また、得るものも多いです。

なので、ご講読をお薦めします。

特に、保護犬を迎える(出す側も)ということに対して、自分のやり方がまだまだだなと、実感しました。

さて、へちまこは、近ごろ、犬の情動や動物福祉のことを本当によく考えます。

 強要しないこととは?

 ラベリングしないこととは?

 犬のためのお散歩とは?
   ↑(これね、犬のためといいつつやり方は優しいが結局押し付けてるみたいな?)

へちまこは、犬たちが過剰に人にすがったり、人に依存したりせず、自分の意思で決められることが多いほど、その犬の自信のある自制を得ることができるのではないかと思うようになりました。

今回、HUTSGのFBページに動画をアップしました。

そう、お馴染みのグローネンダールのチェシア。

この動画には様々な犬語が観察され、チェシアの心の動きとそれを表すシグナルやボディ・ランゲッジが多数みてとれます。

そして、街中でも回避行動を選択させる大きな意味があるのです。

その意味は、今年12月(まだ2月じゃないの(゚ー゚;)開催予定の日本初BATのセミナーで明かされることでしょう

で、動画なんですが、途中でチェシアの自転車へのやや過敏行動が現れるのは、自転車が苦手ではなく(普段は全く平気)その前後にある刺激なのです。

苦手な犬が目前『10mほど先』を横断したのです。

やや固まる身体、やや強ばる筋肉、やや硬く閉じる口角。

チェシアは自分自身を掬う決断を自分で出します。

回避行動を犬が選択するとき、それはその選択した環境(回避することで得る安全な環境など)から得る出来事がごほうびであり、内的報酬になるのです。

それには物理的なごほうびは必要ではなくなります。

だって、安心で安全で普通の環境を犬は望んでいるのですから。

そして、犬に選択肢と選択権を与えることの大切さを考えてみるのもいいかもしれません。

★ FBページで動画付きをご覧くださいませ。連載でーす

https://m.facebook.com/HUTSG

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 新『子犬、育ててます。』 ピコと睡眠 | トップページ | 脱!脚側散歩のススメ。 »

Harnessuser's Technical Support Groupの日記 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬に選択肢を与えちゃいけないって誰が決めたの?:

« 新『子犬、育ててます。』 ピコと睡眠 | トップページ | 脱!脚側散歩のススメ。 »

最近のトラックバック

カテゴリー