Twitter

無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox


  • “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら


  • 画期的なマズルガード。当ブログに登場するブルケリ、ランディ君も使ってます。

㈳日本愛玩動物協会


  • 被災動物救済関連等の情報あります。

FB

« 犬に信用されたかったら犬の要求に応えてみよう。 | トップページ | 『強化の歴史』は裏切らない。 »

2015年3月17日 (火)

稼動30分前の奇跡から7年目のジェイくん。

Dsc_0732_416x640

3月15日は、辻堂の海側の公園である団体の譲渡会があって、そこに川崎市動物愛護センターの譲渡対象犬も参加させていただきました。

そしてそこへ、とても懐かしくとても嬉しい、お客様が来てくださいました。

今から7年前、センターで活動していると、ゴールデンを連れて一人の男性が訪れました。

センターの入り口から出るときには、ゴールデンのリードだけでゴールデンは男性の横にはいません。

『飼育放棄…』だということはすぐにわかりました。

今でこそ川崎市動物愛護センターは殺処分ゼロで有名になりましたが、7年前は飼い主が飼育放棄した犬はごく普通に殺処分でした。

午前中に放棄された犬は、午後即日処分。

午後の放棄は翌日の9時半処分でした。 

9時半には殺処分機が稼動してしまうのです。

ゴールデンの放棄は午後、明日の9時半までの命です。

私は職員さんに「今来たゴールデンはどこに?」と訊くと、既に殺処分用の檻入れられてました。

性格も良さそうなゴールデンはハタハタと尾を振り、ニコニコと愛想を振りまきました。

この子は明日の午前9時半までの命。

このまま殺処分するのは忍びなく、写真に姿を納めると、ボランティア仲間の菊地さんに相談してみました。

小型犬ならまだしも、大型犬を突然引き取れる所はそうあるものでもなく、Kさんと私は(特にkさん)刻々と時間が過ぎる中、朝が訪れず、センターの業務が開始される9時を迎えてしまいました。

誰かいないのか、自分で引き取れればいいのですがそうもいかず、他力本願な望を持つしかないことが情けなくなりました。

あと、30分で殺処分というところで、ある人がこのゴールデンを一時預かりで引き出してくれることになったのです。

稼動30分前の奇跡でした(当時は躊躇なく時間通りに業務が遂行されます)

そしてその後、このゴールデンはSさんというご家族と巡り会い、現在に至ります。

そのSさんご夫妻がこの日に譲渡会が開かれる、そしてそこに私が来るというので、J君(ゴールデン)を生きている間に一目会わせたいと連れてきてくださったのです。

J君はあの日のJ君で、自分の運命も知らずに、ニコニコと尾を振るJ君そのまんまで今を迎えていました。

昨年末は大病を患ったそうですが、15になったJ君はとても可愛がられていて、特にお父さんが好きだといい、充実した毎日を送っているようでした。

J君は、もうそれほど長くは生きられないでしょう。

でも、最期の日が訪れる日まで、きっと幸せであると思います。

Sさんご夫妻は、J君と出会えて本当に良かったと言ってくださいました。

縁というものは本当にどこで繋がるものなのかはわからないのですが、あの日、殺処分機稼動30分前に救えることのできた命の繋がりと、それを取り巻く人の縁に思いを寄せた、日曜日なのでした。

Sさん、日曜日は、とても幸せでした、ありがとうございました。

J君、まだまだ長生きするんだよ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 犬に信用されたかったら犬の要求に応えてみよう。 | トップページ | 『強化の歴史』は裏切らない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 稼動30分前の奇跡から7年目のジェイくん。:

« 犬に信用されたかったら犬の要求に応えてみよう。 | トップページ | 『強化の歴史』は裏切らない。 »

最近のトラックバック

カテゴリー