無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« フワフワ彗星、コメットがやってきた! | トップページ | へちまこがイケナイノカ? »

2015年4月13日 (月)

Cheshire The Teaching Dog

Dsc_0849_340x191
チェシアのteachingを見ていると、リデルとは対照的な犬語が観られて、これはこれでとても勉強になる。

この日は初めてのクロチビでお散歩に。

ポメラニアンにしては、吠えないタイプのコメットですが、ここ数日、見慣れない犬が近づこうとすると吠えかかるようになってきました。 

距離をとって脱感作すれば吠えませんし、テンションをとれば直ぐに吠えやむのですが、今までどんな暮らしをして来たのか履歴が判らないコメット。

少し、犬語の世界に疎いところもあります。

そこで犬には犬ということで、我が家の博愛主義、チェシアとのお散歩を初めて実行。

始めてみて初めてわかったのは、チェシアがリデルとの同行より、大人ぶるところが観られるのです。
Dsc_0848_340x191

お姉さんなアタチは、努めてよい行動(犬として)をし、コメットに指導的(´▽`)

昔馴染みの犬がこちらへ来ようとして近づいてきたら、それに反応して吠えかかろうとしたコメットへ、すかさずスプリッティン・グアップ!

キョトンとするコメットを鼻で押しやったり、緊張が走る場面でチェシアのスプリッティング・アップ。

そのうまさは、犬語がわかるなんてことを軽々しく口にしてはまずくね?と、思うのです。

その後も都度都度、チェシアのコメットと他の犬との関係の調整が見られました。

リデルと一緒にいるときには、あまりキリリとした顔をしないチェシアですが、本当はずいぶんと成長していたチェシアだったんだと、改めて思った散歩でした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« フワフワ彗星、コメットがやってきた! | トップページ | へちまこがイケナイノカ? »

」カテゴリの記事

コメント

コメットちゃん、幸せですね。
うちの子も捨てられ子なんですが、ストレスがなかなかなくならないようで、少しの物音にハアハアしながら、上を見上げてウロウロしたり、吠えたりします。
最近は夜吠えるようになってしまい非常に困っています。
もしよろしければ、このような場合はどういう対処をすれば治まるかアドバイスいただけませんでしょうか?
現在室内フリーで飼っています。
またコメットちゃん、テンションをとればなきやむというのは、リード
を引くということですか?

イチゴさんへ。

コメント、ありがとうございます。
そして、保護犬を迎えてくださって、重て感謝いたします。

保護犬はその前の暮らしぶりがわからないので、戸惑うことも多々あります。
イチゴさんが言うようにストレスレベルも高そうです。

コメント欄では断片的なことしかわらないので、適切なアドバイスができないと思いますので、ぜひとも、メール送信でご愛犬のことをもう少し詳しく教えてくださいませ。

なにかしら、お力添えができると思いますので、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/61433230

この記事へのトラックバック一覧です: Cheshire The Teaching Dog:

« フワフワ彗星、コメットがやってきた! | トップページ | へちまこがイケナイノカ? »

最近のトラックバック

カテゴリー