無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« この違いって・・・ほめらても嫌なものはイヤ! | トップページ | 5月30日のシロ「バックアップは任せて!」 »

2015年6月 9日 (火)

安全距離を意識して勇気をもってリードを緩めてみる。

Dsc_1050_540x304
5月24日(今更のアップでm(_ _)m)は、かわさき犬・ねこ愛護ボランティア 川崎区主催『犬との付きあいかたと飼い主のマナー教室 遠足の日』でした。

犬の保護者さんが「遠足と聞くとテンション上がる~♪」と、いうことで、みなさん、普通の教室と違い、どこかしらウキウキランラン✨

お天気も犬遠足には好都合な曇り空。

風は薫風。

そして、日頃の成果なのか、これだけの頭数がいても吠え吠えになる犬が誰もいない。

生い茂る草の匂い、干からびた魚の匂い、どこかの誰かが残していった排泄の匂い。

そして共に時間を過ごす仲間の匂いを堪能する、犬らしい犬の姿はいつ見ても楽しいものです。
Dsc_1052_540x304

この日の犬の保護者のみなさんに感心したことは、過剰な食べ物の使い方をする人がいなかったこと。

人間の不安を誤魔化すかのような、何かあれば食べ物による誘導に頼ることは、強要に繋がることもあります。

みなさんが意図するしないに関わらず、そうしたことをする保護者さんが少なかったことはうれしい限りです。

保護者さんのいつもと違うリラックス感が犬たちにも伝わるのか、リードに過剰なテンションをかける人も少なかったのですが、どうしても犬が動かないとリードをぐいっと引く人、それから犬同士の挨拶の時にも緩められず張りつめたリード使いをする人はいました。

張りつめたリード使いをされる犬たちは、どこか不安げなボディ・ランゲッジになって、相手の犬にも緊張を与えてしまいます。 

何かあったら怖い!という気持ちはわかりますが、大概の犬はその前にお互い会話をしていていますし、直接挨拶をさせなくてもサイレントな会話をしているようです。
Dsc_1053_540x304

若い犬の中には、交流するということに興奮しすぎて、年長の犬に叱られる場面もありましたが、今までのそんなこと言われたことなかった!という表情を見ると、改めて犬同士の交流の場は必要なんだなあ、と思いました。

状況を判断できるのが犬なのですが、犬の自発的なチャレンジを人間の介入が雑多すぎて、かえってそれが犬の成長を阻むことがあります。
Dsc_1054_540x304

また、日頃、やたらと出掛ける、やたらと何かさせる、やたらと犬に要求しすぎるとストレスがかかり、犬の状況判断能力を鈍らせます。

よい状況判断ができるように過剰なストレスにさらさないように心がけてくださいね。

そして、直接ふれあわない距離を保って、勇気をもってリードを緩めてみてください。

では、みなさん、お疲れさまでした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« この違いって・・・ほめらても嫌なものはイヤ! | トップページ | 5月30日のシロ「バックアップは任せて!」 »

教室のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/61702577

この記事へのトラックバック一覧です: 安全距離を意識して勇気をもってリードを緩めてみる。:

« この違いって・・・ほめらても嫌なものはイヤ! | トップページ | 5月30日のシロ「バックアップは任せて!」 »

最近のトラックバック

カテゴリー