無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 犬につき合うことは人間には不義理だけどね(笑) | トップページ | 『どうぶつ愛護団体 The VOICE』さんのイベントにでますよー! »

2015年9月 8日 (火)

不断の眠りを提供するとは・・・

Img_20150812_201541_330x440

天気の良いある日のこと。

洗濯物が少ないので2階のベランダに干そうと準備をして、洗濯機が止まったので、洗濯機から洗濯物を出してベランダに向かうと、ベランダのサッシの前でリデルが眠っていた。

今日は朝から秋らしい風が吹き、身体が冷えすぎるクーラーの前より自然の風を選んだのかもしれない。

スヤスヤと眠るリデルをどかす気になれず、ロフトに干せばいいことだしと選択し、リデルをそのままにした。

かくして、洗濯物<リデルの不断の睡眠という図式の確立です(笑)

以前の私なら、アルファ理論、リーダー理論よろしく、犬はどかすもの、としてこの眠りを中断させどかしたに違いない。

しかし、ここ数年、アンジェラやサリーやエミリーに触れたり、ロージーの本を読んだりして、犬に不断の眠りを妨げてはいけないと肝に命じている。 (ただし、犬、人双方に危険が迫る場合は別)

センター譲渡犬のコメットは、我が家に来た当初、眠らない犬だった。

眠らないというより、睡眠が浅く、何かの物音を拾っては飛び起き吠え出すことが多々あった。

私や家族が穏やか休息をしていてもだ。

不馴れな環境ということもあるけれど、以前の飼い主との生活は想像でしかわからないけど、いろいろと過敏生活を送っていたのかもしれない。

コメットのために不断の睡眠を提供すべく、犬たちが眠っている間はテレビもピンポーンの音もしぼり、刺激を与えないように心がけた。

犬たちが眠っている間は抜き足差し足で歩くことも心がけた。

そして、現在はよく眠る犬になりつつある。 穏やかさはトレーニングで教えるは、なかなか思うようにできないが、環境を穏やかに保は簡単にできることの一つだ。

人間だって熟睡しているのを中断されることが重なれば、イライラしてくるはず。

さしわたり、何も支障がなければ、犬に不断の眠りを提供してほしい。

それが穏やかな犬にする秘訣でもあるのですから(^-^)

そんなことを考えながら、別の家事をしていたら、夫氏が、 「リデルがどいたよー」と教えてくれた。

夫氏も感化されつつあるんだなーと、思った日なのでした。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

« 犬につき合うことは人間には不義理だけどね(笑) | トップページ | 『どうぶつ愛護団体 The VOICE』さんのイベントにでますよー! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/62200663

この記事へのトラックバック一覧です: 不断の眠りを提供するとは・・・:

« 犬につき合うことは人間には不義理だけどね(笑) | トップページ | 『どうぶつ愛護団体 The VOICE』さんのイベントにでますよー! »

最近のトラックバック

カテゴリー