無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月28日 (水)

第1回「Dog Language class」を開催しました。

Dsc_1652_440x247なーにー・・・これがトレーニングと言えるのか?ただ歩く?いえいえhappy01これがミソなんですよん(笑)


10月25日は、第1回「ドッグ・ランゲッジクラス」を開催しました。

これはかわさき犬・猫愛護ボランティア川崎区が16年間継続してきた「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室」を閉講し、新たに設けた少人数制のクラスです。

まあ、早い話がたまにはのんびりと広い所でお散歩でもしようよ。

しながら、犬たちにはお互いのボディ・ランゲッジで話し合う機会を持ってもらおう、人間はそれを観察しながら犬語を学ぼうという主旨で始めてみました。

良いお天気の中、自分の犬が穏やかさを保てる距離をお互い確認しながら歩いてみます。

初回のこの日は、何もしない何も起こらないから犬は安心する、穏やかになるを実感していただけたのではないかなと思っています。

犬に何かをしないと犬がよくならないと思っている人には、何もしないただお散歩するだけのクラスは生易しいと感じるかもしれませんが、数頭の犬がいてもその中で何も起こらないことが犬を穏やかな安寧に導いていきます。
Dsc_1651_440x219いいてんきだね~~、おだやかにすごせるきょりかんってあたしたちとてもだいじにしてるの・・・

そして、犬の保護者も穏やかな心になっていき、それが犬にも伝わっていきます。

この日は、周囲の人間に脅迫されて、知らずに強制訓練を選択した保護者もいて、犬の心身が壊れてしまい、そこから回復した犬たちも参加してくれました。
Dsc_1650_248x440_2オイラ、もうごめんだよ、くびがちくちくするの・・・こうしてにおいとりしてじぶんでおちつけるようになったよ・・・


その犬たちの保護者は1年以上かけて、犬の心身の回復を待ちました。

その間、私が指示したのは「犬にないも求めない」「過剰反応をする刺激を極力避ける」ことでした。

過剰なストレスから突進突撃を繰り返しているわけですから、その原因を回避することで、問題となる行動が目立たなくなってゆきます。
Dsc_1653_430x348そばにいなくったてにおいがあればあいてがわかるのがいぬなのよ。

犬が苦手な犬も、十分な距離と自分でよい犬語の選択ができる環境さえあれば、嫌悪刺激や痛み、過剰なトリーツなどを与えなくてもいいわけなのです。

この日は、基本的なハーネスリードワークの確認と、「ネコさん突進組」には突進しないでネコさんを静かに観察させてもらう」という機会にも恵まれました(笑)
Dsc_1656_440x279ねこかじょうはんのうぐみって、だーれーのーこーとー?とおおぉいむかしのこと・・・

リードワークもみなさん、自主的に練習してくれて、良い犬飼さんに恵まれたな~と、スタッフ一同、この犬飼さんたちはこの先も立派な犬飼でおられるであろうと、確信した次第です
Dsc_1657_247x440

ふくのえがををあげるよ~~~あたいじゅしゅれんちゅーのしちゃった!



では、ご参加のみなさん、お疲れさまでした。

次回も、犬たちのために良い環境をご用意して、参加をお待ちしております。

次回は、11月27日(金)を予定しております。

予約開始は11月1日の午後1時からとなります。

参加申し込みは、当ブログコメント欄より。コメント欄以外での受け付けは致しません。
(実名、犬名、犬種が必須です)

定員 8組(一人一頭原則です)

★ トレーニングがなんだかうまくいかない、同族への過剰反応がある、広々としたところで犬に過干渉しないで緩衝しながらの環境でさりげないトレーニングをご希望の方は、お気軽にご相談くださいませ。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

2015年10月26日 (月)

今年も「かわさき市民祭り」に参加します!

Dsc_0300_2
川崎市で一番大きなお祭り「かわさき市民祭り」

www.festival-kawasaki.com/event_kawasaki-shiminmatsuri.html

今年も、11月1日、2日、3日で参加しますsign01

場所は、川崎市川崎区富士見公園一帯(trainJR川崎駅から歩いて10分ほど)

開催時間は、10:00~16:00(最終日は15:30で閉場)


Harness User's Technical Support Groupとして、ハーネスの販売と試着も行います。

この機会にあなたのご愛犬に合った
、『犬の身体にやさしいハーネス』をご試着くださいませ。

Dsc_03022ご好評いただいております、フリースラインドハーネスはその場でご購入いただけます。

dogcatの用品の販売ブースもたくさん出店event

また、かわさき犬・猫愛護ボランティアブースにも注目eye

Dsc_0304

連日、「ハーネスリードワーク教室」「犬のお悩み相談会」も開催予定。

一日ぐらいは、行ってもいいよという犬飼のみなさん、どうぞお越しくださいませ。


Dsc_03072
チーもまってるよ~~happy02


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

2015年10月24日 (土)

10月18日、川崎市動物愛護センターでの譲渡会でした。

Dsc_1629_248x440           お、きょうはなんだかひとがたくさんくるぞ・・・と思うのかのシロくん。

10月18日は、川崎市動物愛護センターでの譲渡会でした。

市公認のボランティアの会員になって、センターへ関わるようになって、数十年、川崎市動物愛護センターは確実に広く開かれた行政施設になりました。

数十年前では、公示期限の切れた保護動物や飼い主持ち込みの飼育放棄動物は、殺処分の運命にあり、文字通り、殺すための施設に他ならないものでした。

真冬でも水浸して清掃される床の上に震えながらたたずむ犬、大きな怪我や病気でもたいした治療もさない動物たち…

Dsc_1628_328x440      へちまこの靴の匂いを嗅ぐシロくん・・・蹴られていたのか足を嫌ってたけど・・・




職員もあまり関わらなかったのは、情をかければかけるほど辛くなるから。

ふれあい事業の犬たちのトレーニングもチョークチェーンが当たり前でした。

それが少しずつ改善され、床は水浸しにならなくなり、洗われた床はきれいに吹き上げられ毛布が敷かれるようになりました。

ふれあい事業犬以外の収容犬も施設外へ散歩に出られるようになり、怪我や病気は手厚く治療も看護もされ、ミルク飲み子猫はミルクネコボランティアを募るようになりました。

フードは個体に合わせて揃え、保護された犬にはストレスマネジメントが徹底され、保護、放棄された犬のすべてが譲渡対象犬となり、そのためのトレーニングにはチョークチェーンでの嫌悪刺激を使う訓練から、ハーネスと正の強化を使うトレーニングに変換していきました。
 
なかでも、ストレスマネジメントに関しては職員、ボランティアの並々ならぬ努力もあり、他の行政施設には見られない愛護センターとなりました。

ここへ収容される動物は、飼い主が捨てた厄介者ではなく、その次に繋げる生かされるべき命であるなら、手厚くケアをされるべきであるというスタンスは、市民の一人として誇りに思うことです。

私の担当する紀州犬のシロも、昔なら殺処分を免れることができないはずでした。

元の飼い主の意図しないシロに対する心身的な虐待は、酷い人間不信として表れていました。

トレーニングの前にとにかく人間へのストレスや犬らしく行動できなかったストレスのレベルを下げることを優先してきました。

ちょうど日本に来てくださったサリー先生にもシロを見ていただいて、犬舎でのストレスマネジメント、散歩でのストレスマネジメントを教えていただいたことは、今でもシロ以外の犬たちにも効果的なツールになっています。


センターでの暮らしが長引けば長引くほど、犬という社会動物はストレスを抱えてしまいます。

そのストレスを極力低くするためにも、トレーニングよりもストレスマネジメントによるリハビリなのです。

愛護センターへ保護される動物たちは、自分の意思とは関係なく収容されます。

前歴がわからない保護犬は、満たされない生活を送ってきた場合もあります。

その満たされなかったモノを取り戻せるようになる頃、犬たちには穏やかになるようです。

シロは、今年でセンターでの暮らし3年目を迎えます。

和犬にありがちはワンオーナードッグでありますが、穏やかで坊っちゃんな紀州犬です(笑)

恐怖からの攻撃と突進は、ここ数年のストレスマネジメントとBATにより、自分からそこから遠ざかる、回避するを選択できるようになり、少しずつではありますが、出遅れた社会化の階段を登りだしています。

川崎市動物愛護センターは、殺処分を全くしないという施設ではありませんし、それを目的にしているわけではありませんが、殺さないですむ目標は高く持ち続けているセンターなのではないかと思うのです。
Dsc_16312_306x440                 おれ、よゆうでしらないひとみにけるぜ・・・


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

『BAT東京セミナー2015』受講受付のみなさまへ。

『BAT東京セミナー2015』受講受付の皆様へ。 

セミナー受講お申し込み、誠にありがとうございました。

セミナー詳細が決まりましたので、お知らせを致します。

 

受付け 午前9時30分より~(両日とも)

 

第1日目 2015年12月5日㈯ 10:00~18:00
     
     開講 午前10:00
     11:00~11:15 休憩
     12:00~13:00 昼食
     14:15~14:25 休憩
     16:00~16:15 休憩

第2日目 2015年12月6日㈰ 10:00~17:00
     
     開講10:00
     11:00~11:15 休憩
     12:00~13:00 昼食
     14:15~14:25 休憩
     15:30~15:45 休憩

 

セミナー会場 東京ビジョンセンター 八重洲 4階 401号室
http://www.visioncenter.jp/tokyo/

 

* 受講のみなさまへのお願い。

2日間セミナーで使うハンドアウトは、ページ数が多く、予算を大幅に上回ってしまいました。

催行主体はボランティアということもあり、日本の犬関係に携わるみなさまに有意義で新しい情報を低料金でお伝えしたく頑張ってまいりましたが、今回のBATのハンドアウトに関しましては、残念ながら有料での配布となりました。

内容とも納得のいくものとしてご購入いただけるものと思いますが、希望者のみの購入で構いませんので、一部2,000円となりますこと、どうぞご理解いただきますよう、お願い申しあげます。

 

* 会場への当セミナーへのお問い合わせはご遠慮くださいませ。


かわさき犬・猫愛護ボランティア セミナー委員会 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

最近のトラックバック

カテゴリー