無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2月27日のドッグランゲッジ・クラスの様子と3月17日クラス開催のお知らせ。 | トップページ | 祝!1年目のコメット »

2016年3月11日 (金)

フリースラインド・ハーネス&パーフェクトフィット・ハーネスのご質問へのお答え

英国の犬の攻撃性問題行動のスペシャリスト、アンジェラ・ストックディエルが日本に紹介した、サリー・ホプキンズ考案のフリースラインド・ハーネス&パーフェクトフィット・ハーネス。

アンジェラがフリースラインド・ハーネスを日本に伝えた日から、約10年の月日が流れました。

10年です・・・なので、あのころ1歳であったリデルは、この3月で10歳を迎えました。

早いもんです。

当時は、リデルの同族へ対する威圧的な行動が、不安で不安で、ハーフチョークの首輪を使ってながらも正の強化でのトレーニングにくじけそうになり、嫌悪刺激首輪を使えば、どんなに楽だろうかということが脳裡を横切っていました。

そんな悩みの中で、アンジェラとサリー考案のフリースラインド・ハーネスとの出会いは、リデルのみならず、へちまこの後退しようとする思考にストップをかけてくれました。

犬には首輪という常識から、『犬には、とりあえずハーネスを』という、考えに変わりました。

それまでは、力の強い犬には首輪、ハーネスなんてとんでもない!

指示に従わない犬にはチョークチェーンやプロング・カラーに強制訓練で、リーダーウォーク。

首から上をコントロールできなければ、犬を支配することができないと、信じこんでいた日々・・・

常にヒールポジションで歩かせ、首は下に下げさず、匂い取りなどとんでもないという、犬のしつけのおかしさに気付きだしたら、もう止まらない、犬のしつけの常識を覆すレールに乗ってしまった(笑)

究極は、犬の自由な犬語の表現を阻害しないという、犬のからだにやさしいハーネス愛用者となった自分が今の常識となった。

へちまこは、様々な犬が、首輪からハーネスへ転向しただけで、問題な行動というものが目立たなくなるのを何度も見た。

それは、リデルとて同じことで、現在に至ってます。
Dsc_0470_248x440子犬ちゃんにも安心!
サリーが、人間の子どもの足がすぐに大きくなって、靴が合わなくなれば親はすぐに買え換える・・・子犬のハーネスもそうあるべきと説いています。そのような考えの飼い主さんになってほしいなぁ。



さて、前置きが長くなりましたが、フリースラインド・ハーネスを使用しても、犬の首を刺激しているようで、犬が苦しそうにゲエとなりますという、質問が寄せられてきてます。

近ごろでは、英国のサリーのサイトからネットで直接購入とか、日本国内の通販のお店でも(Sala LabさんやHonde Hokさん以外のへちまこの知らないお店)購入できるようになりました。

FLH(フリースラインドハーネス)は、ざっくりとしたサイズであるものの、カバーする犬種は幅が広いですが、明らかにそのFLH、あなた犬には大きすぎ、またはその反対というのもあります。

で、まずは、サイズをきちんと合わせること。チェックしてみてください。

Dsc_2076_248x440

犬の身体にやさしいハーネスでも、サイズが合ってなければ、何にもなりません。

リデルは体重17.5~18kg、胴周り61cm、首の付け根41cmです。

4号、ぴったりです。

Dsc_2093_248x440
フロントのY字の部分ですね。

犬の胸のとんがった骨をちょうどカバーする位置が理想。

画像では、へちまこの指先が隠れているところに、リデルの胸の骨があります。

この位置が背中のDカンにリードを着けて引くと、大きく上にずれれば、骨の位置から外れ、犬の喉を刺激します。

つまり、大きいということですね。

Dsc_2091_248x440_2
サイズが小さい場合は、この胴周りというか、内側に入り込むというか、犬の脇に干渉しすぎ、犬の前脚の動きを阻害しているのも多いように思います。

画像では、前脚の付け根から指1本~2本ぐらいの離れていることが理想。

ここが合ってないと、脇が赤く擦れたりします。

Dsc_2092_248x440
ぴったりと着けるハーネスでないので、余裕はこんな感じです(指3~4本、0号~3号は2~3本目安)

この緩みは胴周りも同じ。

Dsc_2094_440x248
脇のサイズが合ってない、合わせてないと、胴周りのラインがリードを引いたときに大きく下方にずれ、胴のラインが柔らかい腹回り下がりすぎて、犬が不快を感じる原因になることもあります。

上の画像だと、どんなにリードを下方に引いても、背中の正中は大きくずれませんし、首もサイズが合っているので、胴周りのラインはこの位置からずれません。(胴周りのサイズ調整は定期的に点検)

大は小を兼ねるとは言いますが、首のラインがずれれば、肩のラインもずれるわけです。

肩の動きを阻害するようなずれは、やはりお薦めできません・・・。

ネットで上がるFLHの装着画像でもよく観るのが、下方に大きくずれているタイプ。

リデルのような犬の標準体型な犬種ですと、FLHは合わせやすいですが、イレギュラーな体型の、ブル系、短頭種系、サイトハウンド系、あと雑種で頭が小さく体が大きいなどのタイプは、やはりパーフェクトフィット・ハーネスをお薦めます。

Dsc_1796_248x440
40㎜です。

体重27~28kg。

胴周り 73cm 首回り48cm。

トップ:L フロント(Yの部分)S ガース(胴の部分)M です。

3つのパーツを組み合わせて、その犬の骨格に合った(フィット)ハーネスをカスタマイズします。

パーツのバリエーションは多いですよ~。

だから、様々な犬種や体格に対応できるようになっています。

Dsc_0410_248x440
サリーも、力の強い大きな犬にはFLHよりも、強度の面で安心なPFHを薦めています。

5号や6号のFLHは動きの穏やかでのんびりとした犬には向きますが、力持ちの引っ張る傾向の犬には、不向きと思われます。

HUTSGは、サリーからサイズの合わせ方や注意するポイントを学んでいますので、参考になればと思います。

Dsc_2000_415x440
で、もっと力持ちさんには、バランスハーネスがお薦め!

http://www.balanceharness.com/balance-with-buckle-neck/

これも、胸の骨の位置で装着ですし、毛量の多い犬だとフリースという素材で毛玉になりやすいので、これをお薦めすることがあります。

軽くて、耐久性はサリーのハーネスよりあります。

水中でも平気!

フロントにはDリングがあるのでダブルリードにもできます。


では・・・あなたの犬も、良いハーネスに巡り会えますように。


にほんブログ村


にほんブログ村>


にほんブログ村






« 2月27日のドッグランゲッジ・クラスの様子と3月17日クラス開催のお知らせ。 | トップページ | 祝!1年目のコメット »

パーフェクトフィット・ハーネス装着ついて」カテゴリの記事

コメント

先日は偶然?にもアドバイスいただけて感激でした。
参考になります(^^)
記事を見ながら調整してみますネ!

マミタスさんへ。

すっかりお返事が遅くなり、申し訳ありませんでした。
参考になりましたか!

それはとてもうれしいこと!!!

今後とも、末永く、ハーネスユーザーでお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/63327575

この記事へのトラックバック一覧です: フリースラインド・ハーネス&パーフェクトフィット・ハーネスのご質問へのお答え:

« 2月27日のドッグランゲッジ・クラスの様子と3月17日クラス開催のお知らせ。 | トップページ | 祝!1年目のコメット »

最近のトラックバック

カテゴリー