無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 殺されないから幸せなのか・・・その2 | トップページ | しつけ直す・・・? »

2016年7月16日 (土)

乗車に対する動揺のひとつの軽減方。

Fb_img_1467290059929_440x248あたまかくして・・・ああ、あんしん。


今回の記事は、FBのプライベートページでシェアされている記事の詳細をお伝えしようと思いました。

プライベートで投降した記事は私の犬、グローネンダール・チェシアの車に乗ることへのストレス軽減の内容なのですが、記事があまりにもあっさりしていて、もしかすると、このままでは誤解を生んで、みなさんの大切な犬たちを余計に不安にさせてしまうかも、ストレスをかけてしまうかもと思ったからです。

犬のためのアイテムですが、使い方、取り組み方がまずければ、良いものも犬にとっては悪いものになります。

犬は、初対面、初体験が大切だと言います。

そのことを範疇に入れて、犬のストレスを軽減する良いものを、より良く利用されますよう、お伝えします(車酔いに悩む犬たち多いですものね)

私のチェシアは、幼いころから車酔いがひどく、気の毒なくらいでした。

今は、ひどい車酔いはセレニアという薬で、涎ダラダラ、吐くほど、震えるほどの症状は無くなり、最初の不安を乗り越えれば後は落ち着いて乗っていられるようにはなりました。

ところが、いつも車に乗ることへの不安や動揺がないわけではなく、そこは生き物・・・日によってはいつもより強い不安や動揺が現れることがあります。

セレニアという酔い止め錠は、劇薬扱いなので獣医の処方がないと不安で使えませんし、1度の投薬で2日ほどの効力があり、吐き気中枢に働くので犬の吐くという行為はありませんが、不安や動揺には効き目がないように思います。

吐くということがなくなったので、今ではセレニアに頼ることもなく乗車しているのですが、どうしたわけかこの日は乗った途端にひどい動揺に襲われてしまったチェシアでした。

目は視点が定まらず、口からはヨダレ、落ち着いて伏せていられず、身体は緊張していました。

車酔いする犬にはクレートを薦める人もいますが、チェシアは普段はクレートにも入るしその中でも睡眠もとれるのですが、車にクレートを試したところ悲惨な結果になり、それ以来、車の中のクレートは嫌いとなり、私の膝ダッコで乗ることが一番安心するようだとわかりました(笑)

それでもこの日の車への動揺は収まらず・・・そこで画像の様なタオルで簡易遮眼帯を作りました。

この遮眼帯は、今までにも、幾度か試していますが、本犬は外す意思はなく、このままで楽なようです。

犬は視覚の動物ではないので、多すぎる視覚はその情報の処理が追い付かず、過剰なストレスになるそうです(チェシアは特にトンネル内の光への動揺が強い)

チェシアは視覚を遮断するだけで、ストレス軽減ができるようで、こうしたモノはきちんと商品化されていて「カーミングキャップ」と言うそうです。

ただ、何でもそうですが、タオルにしろ、カーミングキャップにしろ、いきなり犬に被せれば、それがかえって脅威になりストレス軽減のアイテムにはならなくなります。

犬は1頭、1頭違うもので、その犬に合ったステップを細かく踏んでいくことになります。

チェシアは新奇のモノに関して、過剰な嫌悪を示すことは稀ですが、それでもこの遮眼帯に慣らすことは必要でした。

被せるモノも、重さや厚さ、材質なども考慮して、真っ暗になるようなことは避けます。

犬が平気でいられる、犬に受け入れるてもらえる、小さな刺激から徐々に馴らしいていきます。

まずは、いきなり頭や顔を覆うは避ける。

少しずつその刺激を上げていきますが、犬の身体や顔に現れる表情やサインに気をつけます。

チェシアのスタートは首に巻くから始められましたが、犬によってはもっともっと細分化をする必要があるかもしれません。

たとえば、ただ首の上に乗せるとか・・・

犬が嫌悪の表情や避けるような行動があれば、それはこちらのアプローチがまずく、やり方や設定したステップが雑だったことになります。

私のFBページではこの辺りを端折っていましたので、シェアいただいた人の中には、いきなり遮眼帯をしてしまう人がいるかも・・・と、不安になりました。

そんなことになってしまったら、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

なので、本当にいきなりはやめてくださいね。

そうそう、実は手作り遮眼帯もあるのですが、最初に使った使い古しのタオルがチェシアには安心なようです。

これも最初が肝心ということなのかもしれません。

タオルの結び目の調節の仕方によっては、わずかな隙間から外を眺めている場合もあります。

その時のチェシアは動揺もなく、狭い視覚からの情報を余裕を持って見ているようです。

人によっては外を見れなくてかわいそう・・・という方もいますが、犬が何に苦痛を感じているのかをきちんと見極めることのできる犬飼でいたいものですね。

Dsc_0435_247x440えへへ、あたち、お車苦手なの。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 

« 殺されないから幸せなのか・・・その2 | トップページ | しつけ直す・・・? »

犬とストレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/63890238

この記事へのトラックバック一覧です: 乗車に対する動揺のひとつの軽減方。:

« 殺されないから幸せなのか・・・その2 | トップページ | しつけ直す・・・? »

最近のトラックバック

カテゴリー