無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月23日 (木)

犬たちにエンパワーメントを!BATは相手も救う

Dsc_0098_248x440
前回の続きになります。

BATは都会では無理、非現実的、といわれる人も多いのですが、そんなことはないと思います。

都会こそ、至る所に回避行動や過剰な反応を起こさせない工夫ができます。

BAT環境のコツさえつかめば、人の介入の多い過剰な無理やり回避させるような刺激は必要なくなります。

BATがうまくいく、環境を整えるのが、黒子(飼い主またはハンドラーのこと)の役目なんです。

BATは、実験室を作るようなものとお伝えしました。

なので、犬が自ら、冷静に状況判断ができるようにハンドラー(飼い主)が実験室の環境を整え、成功するようにします。

散歩しながらも、頭の中では常にシュミレーションを組み立てます。

いつ何時対象物が現れるのか、わかりません。

だからと言って、緊張していては失敗させてしまいます。

まずは、ハンドラー(飼い主)がガチガチでは困りますから、初めのうちはなるべく対象物の少ない時間帯を選ぶ、お散歩コースを組み立てます。

ハンドラーが失敗しない環境作りも大切になります。

いつも同じ時間で同じ散歩コースで犬が過剰反応を起こしていたなら、きっぱりとその時間とコースは棄てましょう。

なぜなら、犬がすでに何回も反応をしているからです。

そして、回避に利用できるものはすべて利用します。

たとえば、駐車中の車、植え込み、枝道、道路の反対側、街路樹.......

こうしたものを犬と歩きながら、「今犬と出会ったら、どれが利用できるか」を考えるわけです。

また、自分たちが対象のものの風上か風下にいるかも、重要な情報になります。

特に同族への過剰反応のある場合は、浮遊臭には注意が必要ですが、私たちは犬ではないので匂いはわかりません。

わからないので、自分の犬の行動をよく見るわけです。

そして、犬よりも早く対象物を見つけなければなりません。

スマホなどやってる暇はないのです。

犬が匂いに夢中になっている間も、刻々と変る環境に注意を払います。

特にリードの長さ調節には気をつけ、手はリードを扱うので始終動くはずです。

回避行動をうまく犬にやってもらうには、リードの扱いはとても大切になります。

地面の匂いをかんでいたら、ふっと犬の視線が上にあがって、鼻をひくひくさせる、遠くを見る、耳を動かす、胸が膨らんだり縮んだり等の見て取れたら、周囲をよく見てください。

犬に過剰反応のある犬には、散歩で出会う犬すべてがデコイになります。

これは、相手の犬にも過剰反応がある犬なら、相手にとっても良い対応になります。

お互いを過剰反応というストレスから救うことになります。

そのよい例が、先日のチェシアの自己回避スキルです。

相手には、激しく同族に吠えかかるという過剰な行動があります。

飼い主はそのことをそれほど重要に考えていません。

これは致し方ないことですので、こちらが注意するしかないのです。

散歩で幾度かこのペアに出会ったわけですが、その出会う都度に私たちはこのペアを回避してきました。

時にはUターンで、時には道をそれ、時には路駐の車の陰に隠れ・・・(笑)

すると、近ごろはトイプーの飼い主さんがこちらを避けるようになってきましたヽ(´▽`)/

以前は、激しく吠えかかる前傾姿勢のまま、歩みの速度を落とさず向かってきてすれ違おうとするのです。

うちの犬以上に、このすれ違いに対してのストレスを感じているし、過剰反応は繰り返せば繰り返させるほど、激しさと強さと速度を増していきます。

私たちが、幾度も回避行動を選択するうちに、トイプーの飼い主さんも距離に気をつけ、近づかない、すれ違わないを選択するようになりました。

ただし・・・遠い噂で、私たちは感じの悪い大型犬の飼い主ということになってしまっているようですが・・・(;´▽`A``

けして、そうじゃないんですがね~~(笑)
犬友、少ないのです、私たち・・・

いえいえ、犬友を作るために犬と暮らしているのではありません。

私たちは、共に暮らす犬たちに毎日気持ちの良いお散歩をしてもらいたいだけなのですから。

そして、暮らす環境の犬たちにも気持ちの良い環境をと思うのです。

たぶんあのトイプーも自分で回避するという選択をするようになるなるでしょう。

そこまではいかなくても、飼い主さんが気を配ってくれるようになっただけでも、あのトイプーにエンパワーメントできるたのではないかと思っています。

Dsc_0450_248x440
犬たちに行動を選択できる力を与えたまえ・・・

では・・・・

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2017年3月22日 (水)

リードスキル、回避スキル、スプリンクルズのワークショップやります

Dsc_0428_440x336

昨日は、「犬のストレスを考えて快適生活を提供しよう講座」にご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

狭いお部屋でしたが、その分、密着した座談会風になり充実した午後ではなかったでしょうか?

この講座にご参加いただいたみなさんには、犬の毎日に、より低ストレスの暮らしを提供する必要性をお伝えできたと思います。

また、犬語の真実を知ると、より良い、保護と譲渡までのケアやマネジメントを知ることができ、知らないで保護活動をしていた時より、更に犬のために活動できるボランティアになると思っています。

では、イベントのお知らせです。

★ 4月12日、4月26日、5月10日をすべて受けられる犬同伴者

《ロングラインを使った犬に負担のないリードスキル》
日時 4月12日(水)午前11時~14時ぐらい
*ロングラインを上手に使って低ストレスのお散歩のコツ

 

《お散歩や道路での回避スキル》
日時 4月26日(水)午前11時~14時ぐらい
*うまくいく回避のスキル

 

《ストレス軽減ツールスプリンクルズ》
日時 5月10日 午前11時~14時ぐらい
* ストレスをかけてしまったら…
* 新しい犬や新たな保護犬を迎える時。

 


*場所未定ですが、川崎区内の広い場所
  募集定員 3組(すでに1組予約あり)あと、2組まで募集。

* 費用 1回につき2,000円、全コース6,000円

 

* 1組ずつ、丁寧にレクチャーしたいので少数です。
  ご了承ください。

*またこちらのワークショップは
「犬のストレス講座」を受けた方を優先する場合があります。

*ハーネス装着(お貸しします)、ロングライン(リード)5m(お貸しします)
その他の詳細の注意は申し込み時にお伝えします。

*雨天の場合は中止になりますが、このイベントは水曜日に固定しますので、次週にまたは次々週に延期になります。

 

★お申し込み方法★
 
コメント欄にてお申し込みください。
 実名、必ずメールが届くメールアドレス

dog 定員になり次第締め切ります。

 

ご見学はご相談くださいませ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2017年3月14日 (火)

犬たちにエンパワーメントを!ビヘイビアアジャストメント・トレーニングの実力

Dsc_0668_285x440

今までいろいろな最新の犬にまつわる情報をお伝えしてきているが、へちまことしては、特に犬に過剰反応する犬には2015年に催行した≪Behavior Adjustment Training 通称BAT≫をお薦めしています。

BATは、科学的根拠に基づいた、犬の恐怖、過剰反応に有効な行動調整トレーニングです。

BATの効果は即効性ではありませんが、そのジワジワをくる効果は緩やかであり穏やかに犬に自分で行動し決める権限を与えることができるのです。

BATというと、あ~回避行動ばかりさせるあれね・・・効果ないじゃん!人が介入しなければ犬の心理をコントロールできないわって、決めてかかる人がいますが、それはホンモノBATを聴いたことも試したこともない人の言葉だと思って、棄ておいてくれてもいいかもぐらいで考えてください。

BATはいわば、毎日が本番の実験室という環境を作るようなもので、リハーサルではないということになります。

トレーニングというと、練習だから失敗してもいいんじゃネ?と思いがちになりますが、犬には練習であるということは理解できません。

なので、犬に過剰反応を起こさせてしまったら、速やかに撤退し、過剰に噴出したアドレナリンや持続するコルチゾールの値を下げなければなりません。

実験が失敗したら、その実験をその場で続ける科学者はいませんよね?

失敗した原因を探り、次には失敗しないようにするはずですよね・・・

で、BATもそうですが、犬のどんな行動が増えているのかを見分けられないと、人間の介入の多い、ただの、犬の行動をコントロールするのが好きな飼い主になってしまいがちになります。

環境を整えて、目標行動が起こるようにしてもその行動が増えないのは、人間の介入という刺激がなければ反応がおきなくなってきているのかもしれません。

それだけ、人間の過剰な犬へのコントロールでやさしい支配をしているということではないかと、へちまこは思うのです。

BATのエンパワーメントは、犬に時間と環境をコントロールできるように力を与えることです。

人間だって、人に指図されるより、自分で行動したことで得る快感は自信ということにつながるんじゃないかと思うのですが…

Dsc_0633_248x440_2
画像は、吠えかかる犬との距離を推し量るチェシア・・・

あなたはこんな時にどうしますか?

呼び寄せる?

傍に行く?

リードを軽く引いてこちらを気づかせる?

犬の前に立ちはだかる?

いえいえ、そんなことをしなくてもチェシアのBATの積み重ねは、自分で環境と行動を選択できるエンパワーメントを与えています。

犬は、確かに人間が最終的には守らなければならない存在かもしれませんが、その心までもコントロールすることはないのです。

犬の本質は、争いを避けることが第一選択です。

その本質がデフォルトするように、犬たちに環境を自ら変えることのできる力と権限を与えてほしいと願っています。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2017年3月12日 (日)

≪アンジェラ・ストックディエルによる犬の行動を知る2日間≫

Dsc_0931_440x139
去る、3月4日、5日と犬の情報三昧の、犬好きにはたまらないセミナーとワークショップを催行しました。

4日が、犬のボディ・ランゲッジ初級~中級編

5日が、Prey drive(犬における捕食行動について)


アンジェラの初来日は10年も前、一番最後は7年前。

ここ数年は、犬のトレーニングに特化したイベント催行が多かったのですが、行動分析学も応用行動分析学も犬という生き物の、行動や習性や本能を知っておかなければうまく使いこなせないと思っていたので、アンジェラの来日はグッドタイミングでした。

アンジェラの犬への感性は、行動分析学や応用行動分析学とは違う、そうしたものを超えた長年犬やら猫やら牛やら羊やらと暮らしてきた人間の観察力と洞察力で教科書や本の中では学べないことばかりです。

そういえば、10年前のアンジェラのセミナーは時期尚早で、わからない人続出でした。

へちもこも、カーミングシグナルやボディ・ランゲッジを知ってはいたけど、それは知っていただけだったってわかり、その後。勉強しましたね。

アンジェラの講義を聴きながら、耳の筋や、筋肉の張り、尾の振り方、足の運び・・・その一つ一つの説明が、自分の犬と相まってきて、セミナー後の犬の散歩にはより一層犬の行動に注意を払うことが多くなります。

Dsc_0680_338x440
アンジェラの話を聴いてると、犬の言葉は繊細でシンプル、でも深くて広がりがある複雑さも併せ持っていることが良くわかります。

以下は、アンジェラがくれた言葉の数々です。

犬の言葉は世界共通で、犬種や国に関係なく、犬たちはボディ・ランゲッジを本能的に使い、お互いがコミュニケーションします・・・アンジェラ語録。

 

ボディ・ランゲッジでお互いの気持ちを伝えることで、犬たちは身体的な衝突の必要性を避けます。生存のため一緒に狩りをする家族グループ内での調和を保つために、この能力は欠かせません・・・アンジェラ語録。

愛犬はあなたを観て、そしてあなたに耳を傾けます。中でも、他の犬に対すると同じように直観的な方法で、あなたに関わろうとしています。
あなたも愛犬を観て耳を傾けるのですが、同じようにあなたも直観的な方法で愛犬と関わる必要があります・・・アンジェラ語録

犬の言葉を理解することは、犬との自然なコミュニケーションの第一歩です。そこから、あなたと愛犬は一緒に成長し、この唯一無二の友情を最大に楽しむことができるでしょう・・・アンジェラ語録

_20170303_155621_371x440
犬のコミュニケーションシステムはさりげないげないけど、繊細・・・

アンジェラの言葉は、本の中では学べないことばかり。

_20170303_192606_326x440
さりげないけど、犬同士にはきちんと通じているのがわかる・・・
些細な耳の動かし方、傾き、息使いさえ、こちらが息を殺して聴かなくてならない・・・

_20170303_192733_440x391
このフタリの本当の会話は憶測でしかわからないけど、誰もが、和むだろう。
そして、誰もが無粋なことをしたいとは思わず、このフタリの会話の完結を観ていた。

多くの飼い犬たちは、自分たちの(犬同士)の会話さえも、リードと飼い主の介入ということで完結を見ずに終わることが多い。

人がいれば、犬は幸せかもしれないが、犬には犬自身で行動を選択し、その感情だってその犬のものなのだ。

アンジェラが「犬の感情は犬のもの。犬自身でしかコントロールできない」と、言っていた。

人間が心を育ててやろうなんて、そこまで介入する必要はないと思う。

それこそ、やさしい束縛であり、支配であると、アンジェラの話を聞いていて、へちまこは思いました。

_20170306_223643_440x285

2日目の≪Prey drive 犬の捕食行動≫では、個人的にはハーディング種のそれぞれの捕食行動違いにワクワク。

こんなこと、日本では聴けないってsign03

ボーダーの羊の扱い方や、ジャーマンシェパードの羊の扱い方、オーストラリアンシェパードの羊の扱い方やの違いとか。

キルバイト、グラブバイトの違いとか。

はたまた、サイトハウンドもガンドッググループのも・・・知らないことばかりで脳内アドレナリン出まくりでした。

Prey driveのことは、八王子のゴールデンの事件と重なって、あーグラブバイトだったのかなぁ・・・と。

で、よくこうした事件が起きると、犬のしつけが悪い、社会化されていないからという、もっともらしいことを言うトレーナーや専門家がいるけど、アンジェラの捕食行動や衝動の講座を受けた人は、ゴールデンがしつけや社会化云々(でんでんちゃうで!)ということは、軽々しく口にしないと思う。

それだけに、奥の深い犬の≪Prey drive≫なんです。

では。短いけど、言いたいことだけ報告でした( ̄▽ ̄)

気が向いて、細かく書けたらまた書きますね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2017年3月11日 (土)

講座「犬のストレスを考えて快適生活を提供しよう」

≪犬のストレスを考えて快適生活を提供しよう≫

🐶 人と暮らす犬たちには多かれ少なかれストレスがかかってきます。

人間が困る多くの犬の行動はストレスの蓄積が原因とも😨

その犬たちのために手軽にできるストレス軽減方や快適お散歩の工夫、ストレスシグナル見極め方の情報を提供いたします。

対象   一般飼い主、一時預りボランティア、かわさき犬猫愛護ボランティア会員

日時   3月20日(月) 春分の日🎌  午後1時より

場所     川崎駅近だけど、お申し込みいただいた人にお伝えします。  

定員     15名 先着順 定員になり次第締め切り

📢  お話する人   かわさき犬猫愛護ボランティア会員
   センタートレーニングボランティア   へちまこbleah

費用       500円sign01

お申し込み   当コメント欄より  お名前(実名) 所属団体があればどーぞ
コメント欄は、非公開です。

川崎市動物愛護センターのストレス軽減の工夫、自宅でのストレス軽減を目指した犬の環境作りもご紹介(^-^)

お申し込み、お待ちしてます。

Dsc_0450_248x440犬にとってストレスって何かわかる?
ストレスが少ないと笑顔も増える~

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村>

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

最近のトラックバック

カテゴリー