無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月20日 (土)

すれちがわない!

Received_1701071579904839_330x440

新たに企画した《ハーネスとリーシュスキル、回避スキル、スプリンクルズ(犬のストレス軽減ツール)》は、5月10日の雨で次週に延期になった以外は、順調に終了しました。

ご参加いただいたみなさんの中には、夜行バスでこの地に向かってくださる方も゚゚(´O`)°゚カンゲキ…

少数精鋭?での開催にしたのは、大勢だと正確に伝わらないのではないかという懸念があったから。

おかげさまで、短い期間でありましたがゴールデンのTちゃんが自然に回避行動を選択するまでになりました(維持してねFさん^^)

犬が自ら、人の過剰な介入なしに回避行動を選択できることがとても大切だと、人間側が気づくことがポイントになりますが、世の飼い主や多くのトレーナーがすれ違いこそが信頼関係の証とばかりに、犬が苦手とする、または興奮する対象とすれ違わせようとします。

で、毎回いますが、あなたは向こうから嫌な奴が近づいてきたらどうするんですか?ということ。

できれば挨拶さえも避けたい相手が前面から来たら、避けませんか?

へちまこは絶対避けます、自信持って避けますsweat01

でも、なんなんでしょうね・・・人間は犬には無理くりでも食べ物を使ってでもすれ違いを成功させようと躍起になり、たまたま成功した日が自分の強化となり、繰り返そうとしてすれ違い敢行⇒ここ2、3日できたのに今日は失敗でorz…
成功体験の積み重ねは大切ですが、犬は自ら争いを避けるという素晴らしい機能が備わっています。

それが、私たち人間が考える安全安心な距離と犬たちが感じる安心で安全な距離が違うし、個々の犬にとっても違うわけです。

道の向こう側にいるのに吠えかかる、突進する、逃走しようとするは、それしか選択できなかったのです。

そうではない、1番初めにできる穏やかな方法は、犬自身が選択できる回避行動なのです。

犬の適切な回避行動を手助けするためにも、ハーネスにつながる5mリーシュのスキルはとても大切です。

・ 犬の脚に絡まらないように常に犬の動きに気を使い、5mリーシュを繰り出す、手繰るをわすれないこと。

・ リーシュは常に両手で持ち、必要な分だけ伸ばすこと。ただし、環境を考慮し、街中等では適宜、短めに使えるように人が練習すること。

・ リーシュを手繰る場合は2通り、犬の動きに合わせて手繰るか、手繰りながら自分で犬の脚側につくかを環境から判断する。

・ 自分の犬の観察ばかりではなく、自分の犬が地面の匂いなどを嗅いでいる間に、周囲を見回し、回避行動を犬が選択できるようにシュミレーションしておくこと。

・ 止めるときには歩く速度を落としながらリードに細かく圧をかけながら伸ばしながら止めること。スローステップ&スローストップ(ポンピングブレーキ、スライド)

・ 犬がUターンを選択して、こちらへ戻ってくるときにはリーシュを犬の身体のどちらへ添わせながら手繰るをスムーズにできるように練習すること。

・ 回避は逃走ではないので、犬を誘導するときには走りを使わないこと。

・ 犬の身体のリーシュテンションはすぐに解除するが、犬の四肢への力の入れ方や背中や首の筋肉の張り、尻尾の付け根の筋肉の硬さを観察し、徐々に解除すること。
* 腕の長さ分をゆっくり伸ばしてみる。
これらのことは、最初は人間が慌てない環境から始めることをお薦めします。
5mあるいは3mリーシュを手繰る練習は、お家の柱などを使う、家族に繋いで練習、TVを見ながら手元を見ずに練習するのもお薦めです。

最終日は、総合的に様々なリーシュスキルを使ってのお散歩練習でした。

ゴルのTちゃんがMさんのよい先生になってくれましたよ~good

Tちゃんも、犬に突進気味なところがありましたが、実際は距離をとれば自分で回避することができる子でした。

ドッグランで走り回る犬たちに少し興奮しましたが、そこから自分から離れることを選択でき、リーシュを持ってくれたMさんも、うまく今までのスキルを使い分けれるようになってきてましたhappy02

そして、ストレス軽減ツールスプリンクルズにもリーシュスキルは大切なのです。

スプリンクルズはノーリーシュでするのが理想ですが、日本の法律や条例ではまず無理。

スプリンクルズを犬に最大限楽しんでもらい、リラックスに導くにも、犬に負担のないリーシュスキルは欠かせません。




Dsc_0765_247x440_2
さて、最後に回避スキルで心得ていて欲しことがあります。

上の画像のように、枝道が少し離れたところにあるのがわかりますか?

実は、前方からチェシアの苦手な犬が迫ってきているんです。

姿は見えないけど、チェシアの前傾に向く耳が伝えているし、こちらは風下です。

いつもならカーブミラーが立っている枝道を使うのですが、チェシアはどうしたと思いますか?

後退し、Uターンしたんです。つまーり、回避を選んだんです。

人間なら、前進して早足でも枝道に入るを選択するかもしれませんが、犬は苦手なことや恐怖の対象に向かっていくことはないのです。

たとえ、その枝道に至るのが2mでも、自分が早くそこへ到達できても、相手に向かうということはしないんです。

前方から苦手な犬が近づく、2mほど前に枝道がありそこへ退避の方が早いと人間なら考えがちですが、相手が迫りくる道を前進するということは犬にとっては立ち向かうとことになります。

たかが2mでも、犬にとっては大きなことなのです。

できることならば、犬が最善の回避行動を選択できるように、私たち人間が慮ってほしいと願っています。

だって人に飼われた犬は、人間ほど、行動の選択の自由を与えられていないのですから・・・

では、リーシュスキル、回避スキル、スプリンクルズの3回コース募集は次回は秋になります。

2017年5月14日 (日)

犬と私と社会的学習

Dsc_0815_248x440
【犬の社会的学習に基づく新しいトレーニング法 Do As I Do】満席のお知らせ。

早々と、満席となりましたsign01ありがとうございます
dog

昨夜FBページでアップしました上記のイベントお知らせですが、募集開始とともに2時間ほどで満席となり、スタッフ一同、驚きとうれしさで沸いております。

これは、私たちの催行するイベントに普段から注目されている利用者がおられること思い、感慨深く思っております。

ただ、キャンセル待ちの方々のためと現在確保したスペースがもう少し広ければと思い、日々、スタッフ一同で探しております。

犬を入れるという条件では、かなり絞られてきますし、レンタルする方の不安もわかりますので、どなたか良いスペース(東京、横浜近郊)がありましたら、ご紹介いただけるとありがたいです。

さて、桜も散り、すっかり葉桜になりました。

いろいろとサボり気味の拙ブログでありますが、そこそこ忙しく活動しておりまして、1日の時間がすごく早く過ぎていくような毎日です。

そんな中でも、自分の犬たちとの関係性のためには、お散歩ばかりではない、頭を使うようなトレーニングは犬たちの優れた能力を発見でき、改めて犬の魅力に引きつけられます。

11月には、イタリアよりクラウディアを招聘し、日本初になるDo As I Doの理論と実践に興味を待たれたプロのトレーナーも多くいるようです。


犬の社会的学習というと何だろうと思う人も多いとは思いますが、簡単に平たく言うと模倣学習です。

他者のとる行動を観察して、それもコピーするわけですが、私たちと共通語を言葉をもたない犬たちにとって、相手の行動を模倣することはごく自然なことではないかと思います。

犬にやさしい方法とか、ストレスをかけない方法はもはや当たり前なことですが、それでも今使っている選択した方法が、自分の犬にとって本当に苦痛や不快を与えているのかどうかは犬に聞いてみないとわかりません。

報酬ベースのだからと言って、犬が苦痛を感じぜずに学習しているのかは、外観から判断せざるを得ないわけです。

実は、ABAの手法であるシェイピングの反応はリデルは良いのですが、チェシアはいまいち・・・ということが多々ありました。

もちろんこちらの稚拙さや雑さが、教え手の私になかったわけではないのですが、毎回成功や正解へたどりつくリデルと違い、チェシアはわからない答えに苦痛を感じていることもしばしば・・・

けして学習者が悪いのではなく、うまく学習の環境を与えられないフガナイワタクシのせいなんですが。

分析をしてみました、リデルは自分で答えを探すことに喜びを見いだせるのですが、チェシアの場合は答えが早く欲しい・・・早く報酬が欲しいのであせってきてしまうようでした。

で、最初から、答えを教える方法を見せてやってもらうに変えたところ、あれっ?

なに?それでこの複雑な行動を一連でできるようになっちゃうの?

え、では、私がチェシアのためを思い、細分化したあの過程はなんだったの?

typhoontyphoontyphoon・・・

さてさて、クリッカーでのよいタイミングでクリックができないという飼い主さんにたまに出会います。

細分化が苦手というか、なかなか思いつかないという飼い主さんも。

誰だって得て不得手があるように、どうしてもタイミングよくできないというのです。

もし、こうした飼い主さんや、チェシアのように穴があくほど人の動きを見ているのが好きdogであれば、Do As I Doが、クリッカーのタイミング不得手の飼い主の朗報になるかもしれません。

自分で答えを探すことよりも答えがわかっていて、それを記憶し、再現できるという能力を伸ばすことも、その犬にとっての答えがわからずという苦痛から救うのかもしれません。

アダム・ミクロシさんとクラウディアの犬の長期記憶の研究から生まれたDAIDプロトコル。
(このプロトコルが大事、闇雲に真似させればって考えていると失敗するよ←経験者)

私たちは、また違う犬の能力に出会えることになりそうですねヽ(´▽`)/

では・・・受講者のみなさま、お楽しみに!

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2017年5月13日 (土)

2017年 5月の田舎家

Img_9zzihp_440x248
今年のゴールデンウィークはよく晴れましたね~~。

へちまこ一家も、もうもう、田舎の散歩三昧、新鮮な海山の幸、食べ放題でした。

Img_391jgw_440x293 ちょっと人間!記念写真ばかりじゃなくっ!あーはいはい、ギャラお支払いするから良いお顔くださいませ^^


3頭も、毎日海で遊び、好きな時に土や草や砂利や砂の感触を堪能。

Dsc_0951_440x248
身も心も洗われるというのも月並みですが、本当にのんびりとした連休を過ごさせていただきました。
Dsc_0922_248x440
田舎や近所の人の話では、今年は呪われたかと思うほどの山藤が見事に咲き誇ってました。

田舎家は隣が川なのですが、少し深い小さな渓谷のようなところにあって、その川にかかる橋から毎日、朝な夕なに藤を楽しみました。
Dsc_0955_248x440
毎日毎日、周りが藤色に染められていくんです・・・
Dsc_0894_248x440_2
調整された園芸種の藤の花とは違い、生命力にあふれる山藤・・・

Dsc_0913_248x440
花もあまり多く咲くと、その匂いに蒸れて死んでしまうとか・・・

Img_ni0wcq_248x440
大手毬の花もすごかった・・・小手毬の花はよく見かけますが、大手毬はここ数年見かけなかったのですが、圧倒されました。

Img_pcpe7k_440x248
大きさ対比・・・ものすごくボリューミーなのがわかりますよね。

Dsc_0946_248x440
これでもかっsign03と、いうほどのふじふじふじっhappy02

Dsc_0932_248x440
どこで寝ようが勝手だが、頭落として、尻落とさず・・・


Img_6ilptb_440x249
そこっ!それで5台目なのよっ・・・・こわさなーいι(´Д`υ)アセアセ


Dsc_1013_358x440
そうそう、隠れ家ラーメン家さんへも。

隠れているつもりはないと言ってましたが、農道?字?染め字?大字小字じゃないの?と思うほど、こんな処にというお店でした・・・濃い味好きな人に良いかも。

Img_oeo0hj_248x440
はあ、良いゴールデンウィークでした!

ちゃんちゃん・・・ふるっ(≧m≦)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

最近のトラックバック

カテゴリー