無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« アナタノ犬、イジワルナ犬になってない? | トップページ | BATはじわじわで効果でてくるのです! »

2017年6月25日 (日)

穏やかチェイスで相手への嫌悪を変える、そして追い越さない

Dsc_1006_248x440

はぁあ・・・ちーがこんなにかわいーのは、神様のいたずらとしか思えん・・・;:゙;`(゚∀゚)`;:゙



回避行動がうまくいかない。

相性の悪い犬がどうしてもいて、その犬と、出会い頭や曲がり角で予測不可能な接近があり、犬を興奮させてしまう・・・失敗させてしまうという人も多いと思います。

十分な広さがあれば、人が介入して回避させるのも犬が自ら回避できるのですが、ある一定の犬に対する嫌悪をどうするのか?ということについて、一つの方法をお話します。

チェシア(グローネンダール♀6歳)には、どうしても好きになれない道があって、そこをなるべくなら通らないで過ごそうと思うようです。

どうしてそう思うかは、そこを避けようとするし少しナーバスになり、ストレスサインも出てきます。
なぜかというと、その道には外飼いの犬がいて、柵越しに吠えかかってくるのです。

人間から見れば、柵があり姿も良く見えない犬んをなぜそんない恐れるのか?と思いがちですが、当時犬にしてみれば暴言を吐かれているのです。

コロス凸(`Д´メ)、とまではいかないにしても、チェシアにとっては耐えがたい恐怖となるのです。

もうそこは避ければいいんじゃネ、そこだけが道ではないし・・・犬的にはもうこれが正解ですが、そこの家の犬に散歩で出会うこともあります。
チェシアはもうアワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

毎回、回避がうまくいくとは限らず、私でも失敗します。

で、嫌な相手って気になりますよね。

その相手の犬の嫌悪の気持を軽減させる方法が、相手の後を追わせる方法です。

ただし追わせ方はあくまでも、穏やかにを基本にストレスサインが見られない状態でとなります。

苦手な犬でなくても、他の犬に過剰に反応する犬には効果があるのでお試しください。
ただし、短気な飼い主、犬のサインを読もうとしない飼い主、即効性を求める飼い主には不向きですので、お薦めはしません(^-^;


Dsc_1098_248x440
上の画像の上の方(ナンノコッチャ)に、吠えかかりの犬がいます。

私はこの写真を撮るために片手でリードを保持したので、リードは張り気味ですが、緩んでいる(やたら緩んで地面に着くのはNG!)のが理想です。

そしてこの日は都合よく風下、相手の匂いは流れてくるがこちらの匂いは向こうへな届かないという好条件good

嗅ぐとはなしに相手の匂いがかげるということでもあります。

距離的には30mほど、チェシアは冷静に見ています。

胸の膨らみの忙しさ、それに伴う早足、リードの引きが強くなるという目に見ての行動がないような距離を必ず保つのが秘訣です。

犬は、人以上に相手との距離に敏感で繊細です。

自分の思い込みで犬を見ず、科学的に観ることができるようにして下さいね。

早足でもいいとか、多少ストレスをかけてもいいとか、それらは人間の思い込みですので、犬の心理状態は必ず行動に現れます。

画像のように直線で視認でき、尚且つ、途中途中に曲がり角や枝道があるなんて、理想中の理想です。

でもって!かーざーしーもーーーーっsign03;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ハアハア

BAT環境設定完璧なgood

犬が、多少の反応(誰?)・・・浮遊臭嗅いで、あれ?アイツ?

または、前を行く相手を見たのち、地面の匂い取りを始めているが、道を変えずに追跡しだしたかのような行動が現れている距離を保ちながら追跡させます。

犬がもういいというまで、追跡可能ならさせますが、相手を見据えながらという追跡ではなく、地面の匂いかぎ⇒相手を確認(数秒)⇒地面の匂いかぎ・・・という図式になるように距離の設定をお願いします。
怖いと思う相手を凝視することは、私たち人間にもありますよね。

怖いからつい見ちゃうとか・・・

犬は視覚を使うと疲れちゃうし、観ることで興奮を煽ることがあります。

過剰反応の犬にとって、相手の犬がその環境で絵の中の存在になるように、手助けしてくださいね。

なかなか頭が下がらない場合は、地面に細かい食べ物を撒くのもお薦め!

チェシアはこのセッションで、最終的には10mほどまで匂いを嗅ぎながら相手に頭を下げつつ距離を詰め、その後、自ら枝道にないりました。

頭は下がっていても、目は都度都度、相手の動きを観察していたと思います。

これらの行動は、チェシアという犬が自分で選択した行動です。

追いつかせない、追い越させない・・・・ただしガツンと止めたり、犬の前に立ちはだからない。

このセッションを繰り返していくと、少しずつですが過剰反応が軽減されていきます。

人の介入で何とかなると言う前に、犬が適切な距離を自分で選択できるように手助けができること、黒子に徹することがBATの極意なのです。

では、いつか犬たちに、みなさんがグッジョブsign03を言ってもらえますようにhappy02

あ、30mでも反応するよっていう人は、自分の犬の反応しない距離を探りましょう。

隠れる場所のあるひろーいひろーいところで、反応しないで犬を見ることができたことが報酬になるような環境を設定したところから始めてみてくださいね。



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村









« アナタノ犬、イジワルナ犬になってない? | トップページ | BATはじわじわで効果でてくるのです! »

Behavior Adjustment Training」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/65325544

この記事へのトラックバック一覧です: 穏やかチェイスで相手への嫌悪を変える、そして追い越さない:

« アナタノ犬、イジワルナ犬になってない? | トップページ | BATはじわじわで効果でてくるのです! »

最近のトラックバック

カテゴリー