無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« すれちがわない! | トップページ | 穏やかチェイスで相手への嫌悪を変える、そして追い越さない »

2017年6月13日 (火)

アナタノ犬、イジワルナ犬になってない?

Dsc_1092_248x440

「おい、リデル、なんだってオマエはコメットそんなに意地悪なんだsign01

今日は、珍しく夫氏がリデルに対して声を荒げた。

なに?何がどーしたのsign02

と、見に行くと、リデルがソファーのお気に入りの場所でコメットを睨み付けながら仁王立ちしていた。

怒りで、首の毛が逆立っているようにも見えるくらいだ。

はあ、コメット、またやったな…結果がわかってるんだから夫がソファーの座る場所を考えて座ればいいのに…と内心、思いつつも、穏便に納めるためリデルの剣幕に怯えるコメットを呼んでソファーから離しました。

コメットはソファーで寛ぐ夫の側に行きたくて、ソファーに飛び乗ったようで、その飛び乗った場所は既にリデルがいたのです。

夫とリデルの間隔は50㎝ほど。
その間に入ろうとしたのか…orz
Dsc_1090_248x440


それに対してリデルが犬として当然の権利を主張したに過ぎないのに、夫はそれがイジワルというのだ。

リデルは犬として正当な対応をしたとでも言いたげで、その証拠に、リデルの表情には『当たり前だっsign01どこに眼をつけているannoy』(コメットへのフィードバック)ということが読み取れます。

そうリデルはなにーも、悪くない。

悪いのは気を使わない、夫よ、オマイなんだから。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、イジワルな犬はいます。

イジワルな犬は飼い主がいないところでイジワルで、いなくなるとイジワルなんですよね。

リデルは同族に厳しい行動を選択する犬だけど、けしてイジワルな犬ではない。

イジワルなら、もうコメットはこの世にいないと思う。

フリーで3頭、留守番させても怪我ひとつ負う犬は今までのヒトリタリトモいなかったから。

いさかいが起きるのは、殆ど、人目のあるときだけだし(笑)
この人目があるところでしか、いさかいが起きないというのが多頭では大事なんです。

ある知人の家のゴルはとても訓練の行き届いた犬で、それこそ良くできた犬。
競技会でも成績はいいし、飼い主の命令にはひとつ返事で素早く対応。
誰もが憧れる犬でしたが…

2頭目の犬、シェパードの子犬を迎えてから雲行きが怪しくなり、ある日、飼い主が外出から帰ると、シェパードが行き倒れ首から夥しい出血。
Dsc_1091_248x440

慌てて獣医に行くも、命は助かったけど首は曲がってしまった。

私は、シェパードを迎えたと聞いたときに、あのゴールデンならやるだろうな、ああ、やっぱりやっちゃたんだとしか思わなかった。

ゴールデンの焼きもちとかそんなカワイーものではなく、心底イジワルな犬に育てたのが飼い主なんですから。

ゴールデンは幼い頃からトレーニング漬けの生活で、何時でも脚側、臭いかぎゼロ!、首にはチョークチェーン、いつもコマンド管理でピリピリ。

一見、飼い主のコマンドに素早く反応するいい犬に見えるけど、神経質この上ないゴールデンだったし、自分が監視され過ぎているので相手も監視しすぎる。

シェパードが来たときにも、ずっとついて回り行く先々でシェパードを監視していて偉いと飼い主は言っていたのだけれど。

その目は同族への親和があるという目付きではありませんし、いたずら盛りのホンの子犬を見る眼でもなく、冷たいささえ感じました。

そして、これこそ、イジワルな犬である。
飼い主の犬の育て方に良く似ているのである。
監視と管理の違いがわからないのである。

そこで首噛んじゃった事件が当然起きたのです。

お勉強の良くできる、親の言いつけ良く守る、できのいい子どもが、人の目があるときにはいい子で人目がなくなると虐めの中心格だって良くありますよね。

リデルは、相手との距離にはうるさいけど、すべてにおいてそうではなく、車中などの狭い場所ではチーともコメットとも接触して休める。

電車の座席と同じで空いていれば離れて座り、そこしかないというなら自制し適度に無視ができるのです。
Dsc_0080_248x440

パピーライセンスが切れるまでは忍耐強く子犬をティーチングするし、人間も人物によるリデル的格付けでリスペクトしている。

チーとコメットが遊んでいるのを見ていてもなんとも思わないけど、睡眠中にあまりにもうるさくなると一喝する、向こうで遊べっpunchannoy

夫は、コメットがかわいくてしかたがない。愛玩犬の王道ポメラニアンらしいコメットは全幅の信頼を人間に寄せるし、自分からダッコをせがみ、夫のcueにも良く反応する。

夫はコメットがかわいいのである(^-^)

それに引き換えリデルの夫の要望に答える確率は限りなくゼロに近い(笑)

なんだよ、リデル、もう長くコメットはいるんだから少しはわかってやれ、と夫が左側で眠るリデルの頭をポンポンした。

リデルはピクリともせず、目を閉じそれを受け入れている。
立派である。

いや、夫よ、わからないKYは、夫、アンタとコメットなんですよ、リデルとはコメットよりも長く暮らしてるんでしょうが(^-^;)

我が家の犬のボス、リデルは孤高のボスである。

自分をしっかり確立している犬にはこちらから、頭を下げるしかないんだと私は思っているのです。

* 画像は、お散歩中にリデルとコメット。本当に仲が悪ければお散歩一緒になんて、無理ですよね。

では~~

« すれちがわない! | トップページ | 穏やかチェイスで相手への嫌悪を変える、そして追い越さない »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/65408076

この記事へのトラックバック一覧です: アナタノ犬、イジワルナ犬になってない?:

« すれちがわない! | トップページ | 穏やかチェイスで相手への嫌悪を変える、そして追い越さない »

最近のトラックバック

カテゴリー