無料ブログはココログ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

« 恐るべし正の強化のすばらしさ・・・! | トップページ | 今年初めての動物介在活動 »

2017年12月10日 (日)

Do as I Doは本当にすごいんだってば!

キュートなクラウディア先生!ほめ言葉もブラァ~ボォオ!

またまたしばらくぶりでございます。

そんなことばかり言い続けていたら、なんと!暮れ・・・早いもんです1年というのは。。。はあ、歳とりたくネorz

まあ、でも、2017年は新しい知識も豊富に仕入れることができ、ホクホク感は来年にも続きそうです。

さて、へちまこは犬のソーシャル・ラーニング「Do as I Do」(以下DAID)のテストを受けてDAIDの認定トレーナーを目指そうかと思っています←coldsweats01ダイジョブかsweat01

ソーシャル・ラーニング(社会的学習、モデリングとも言います)、模倣学習ですね。


犬が「do it」今見た行動をイミテーションするんだと学習するまでには、やはり手続きが必要になってきます。

人の行動をその場で瞬時に真似ることはできても、人間がその行動をやめたら犬は真似しないですよね。

今のやってみてといったところで犬は(・_・)エッ....?いーまーのー?となります。

そうその場ではできても、行動は起きない。

ところがDAIDプロトコルを学習すると、人の行動を観察してからその行動ができるようになるんですsign03

do itに至るにはあるものを習得しないとDAIDは学習できません。

それは基礎行動の習得です。

既にできる行動を3つをバーバルキューで、そのうち一つはオブジェクト(対象物)を入れることというのが基礎行動となります。

そこでへちまこは近頃、DAIDの基礎行動を含め、次回の勉強会のためにDAID練習をたまーにしています(タマーニポイントなw)

で、基礎行動3つバーバルキュー、ここが一番乗り越えないとならないところだなって感じるのです。

競技会訓練の経験があってバーバルキューで3つなんて、簡単じゃん・・・って、思っていたのですがsweat02

いやいや・・・ヾ(_ _*)ハンセイ・・・です。

犬の記憶を使うということは余計な身体的プロンプトを排除しないと、犬は人間の身体から発せられる手がかり・・・人間が見ても気づかないであろうかすかな手掛かりを探そうとするのです。

もうそれは、犬が記憶を使うということにはなりません。

で、人間がどれだけ犬に対して身体的プロンプトを出しまくってるのか実験をチーに手伝ってもらいました(夫氏が助手)

フセでもスピンでもなんでもいいんですが、今回はフセ。

シットステイで対峙でバーバルキュー、フセ1回で、100%\(^o^)/

次に後ろ向き(アタクシ)でバーバルキューのフセ1回で、100%\(^o^)/

次に対峙で(まあ、ここは停座でも立止でも)目から下隠してバーバルキューのフセ………しばし悩む(確実性↓)cue2回出し後フセ。

ん?なぜ、そこで悩む?(マスクで声がこもって聞き取りにくい?)

次に眼を覆いバーバルキューのフセ。

ダンナが「できてないよ」と………cue出し4回でフセ。

ふむ………後ろ向きで100%なのに視線を隠すと確実性が60%とな?

つまり、後ろ向きだと身体的プロンプトがないというか読み取れないので声のcueのみを純粋に聞き取り、正面だと声よりも私の視線に依存し、視線がプロンプトになっているということなんですよね。

うわああ、どんだけ人間からの微かなプロンプトを読み取ってるのよ。

で、へちまこは思ったのです・・・基礎行動習得って、人間に課してね?

Dsc_1640_234x440 能書きはいいから、はやくね、トリーツおくれ!



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村









« 恐るべし正の強化のすばらしさ・・・! | トップページ | 今年初めての動物介在活動 »

Do As I Do!(犬の社会的学習法)」カテゴリの記事

コメント

「Do as I Do」を買って、練習しているところです。youtbueみてまねて数回試しても上手くいきませんでした。今度ちゃんとした方法で試します。

もともとクリッカートレーニングされていると「Do as I Do」は難しいとかありますか?でも、「Do as I Do」が向いていると思われるオスのほうはトレーニングしていないので6つもトリック知らないから「Do as I Do」をはじめるのも難しいというジレンマに気づきました。(^-^; ぼちぼち取り組みたいと思います。

シェルターでの取り組みにも興味ありますので、ブログのほうゆっくり読ませていただきます。

cocoさんへ。

ご訪問、コメントありがとうございます。

「Do as I Do」(以下DAID)には基礎行動の取得がとても大切なことになります。
これをすっとばすと、do itが何を意味するものかを犬は理解できないと、今年催行したセミナーで実感しました。

そして、DAIDメソッドが良くできたソーシャルラーニングであると実感しました。

クリッカーはDAIDでも使用しますが、シェイピングと違い細分化の使い方はしません。
犬がdo itを認知すると、細分化の部分をすっ飛ばし正解にすぐにたどり着くので1回のクリックとなります。

オブジェクトが絡むとシェイピングより優れていると思います。

私も長い間シェイパーでしたが、DAIDには眼からウロコでしたよ。

こちらから失礼いたします。
うちの犬は約1歳なのですが、超臆病でお散歩が出来ないでいます。
始めは家から出ることも出来なかったのですが、少し興味を持ってくれて、家の周りは歩くことが出来るようになりました。
ぼちぼちと考えいましたが、車を異常に怖がり、エンジンの音が遠くでするだけで、家に猛ダッシュで帰ってしまいます。
中型犬の大なので、力が強く、何度も引きずられ、何より楽しくお散歩をさせてあげたいのですが、なかなか難しいです。
あるドッグトレーナーさんを知り、行動してみようかと迷っているのですが、その方は犬の本能を全て閉じ込めるという方法のようで、心配になりました。
それで、以前、私の住む街の近く、宇部に講習に来ていただけたのを思い出し(その時は仕事で行けなくて残念でした)、ご相談させてもらえたらと思いコメントさせていただきました。
メールの宛先が分からなかったもので、失礼いたしました。
お忙しいところ、申し訳ありません。

みけさんへ。

コメントありがとうございます。
デスクトップの具合が悪く、返信が遅くなりましたことお許しくださいね。

車が恐いとなると、その車の何が恐いのか?なのですが、コメント欄に書いてある通り音ならば、その音の大きさや強さだと思います。あと、車の迫るスピードかもしれません(観察してみてください。お家の車のエンジン音は大丈夫という犬もいます。特定のエンジン音がダメな犬も私の犬はそうです。)

音量ならば、聴いていられる距離があると思います。
このぐらいなら気にならないという音量の距離です。
そこから少しずつ距離を縮めて行きます。

自宅の車を使うなら、家の中では犬はどういう行動になるのかを観察します。
家の車のエンジン音を怖がるなら、まずはご自宅の車のエンジン音に馴らしていきます。
全然怖がらないなら、音以外の原因はあるかもしれませんし、それには馴れているかもしれません。

怖がるようでしたら、犬はどうしているか?
安全地帯な場所に逃げ込んでいるか?
遠くに行こうとしているか?
好物は食べられるのか?

好物を食べられる距離や場所があるなら、車のエンジン音がしたら一番の好物の時間にして下さい。
好物の大きさは小さく少しずつでいいので、それを食べることのできる環境を整えます。
つまり、エンジン音=美味しいものの時間、となります。

家の外でも、まずは車の交通量の少ないコースに変えるか、なるべく通らないコースを選択します。
逃げたいという行動であれば否定せず、そこへ留めず犬に従って下さい。その犬にとっての安全は距離は人間が決めるものではなく、印が決めるものです。
押しとどめようとすれば猛ダッシュは当たり前に出てきます。
そうならないためにも、車の少ない、できれば通らない時間帯でのお散歩をお薦めします。
そうすれば、みけさんも慌てないで済むし、対応にも余裕が出てきます。

私が迎えたコメット人間社会のことはほとんど学んでいず、車は恐怖でしたが、コメットが車のスピードが気にならない距離から始め、少しずつ暴露してきました。今は全く怖がることはありません。
ただし、すぐに効果が出るものではなく、ジワジワと効果が出てきますし、小さな変化を見逃さないという人間側への要求はあります。

人も犬も急激に変われるわけではありませんよね。
短時間での効果を期待する方法を選択すると、必ずと言っていいほど犬に負担がかかります。
蜘蛛が怖いと言っている人間を蜘蛛がたくさんいる中に放り込んで馴れろという方法を選択するのか、蜘蛛の絵を見てもなんでなく美味しいケーキが食べられるから初めて徐々に更新していく方法を選ぶのかですね。

いつでもコメントくださいね。
今度はメールで回答いたしますから( ^ω^ )

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502764/66144831

この記事へのトラックバック一覧です: Do as I Doは本当にすごいんだってば!:

« 恐るべし正の強化のすばらしさ・・・! | トップページ | 今年初めての動物介在活動 »

最近のトラックバック

カテゴリー