無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

ワンコの新しい家族探し

2014年2月14日 (金)

22日間のパピ

Img_20140117_203101
ボランティアの仲間のWさんから、飼い主が認知症で入院することになったけど、お子さんもおらず、近くに親族もいなくて行き場を失いそうなパピヨンを保護したいという相談が年末からあった。

犬は個人の財産に当たる生き物だから、当然、所有者放棄の書面が必要になってきます。
パピの元飼い主は、パピが目の前にいればパピを認知できたけど、ひとたびパピが視界からいなくなると、パピの存在さえあやふやになってしまって、ゴハンやらお散歩やらの世話をされていなかったらしい。

元飼い主のケアマネージャーさんが犬好きな人で、何かとパピの世話を焼いてくれて、パピは生き延びることはできていた。

ただ、今回保護するに当たって、一番大変なことは犬を手放さす書面での取り交わしというその書面がなかったことで、私たちはその書面作りに苦労したのです。

前例がないということがこれほどに大変だとは・・・思わなんだ・・・(@Д@;

犬なんて黙って連れてきてしまえば誰も文句言わないよ。

逃げたことにしちゃえばいいよ・・・

と、浅知恵のようなことはあっても、私たち公的なボランティアとしては、後々、これが他のボランティアすべての評価につながることになってはならない。

人の財産を勝手に持ち出して(たとえそれがいいことであってもだ)しまうことは犯罪にしかならない。

書類を作っても当のご本人はサインすらできない・・・orz

甥子さんを見つけても、パピの登録書が見つからず、誰の犬であるかを証明しなくてならなくなったり・・・ι(´Д`υ)アセアセ

犬ひとつの命にこれだけの法的手続きがいるなら、簡単に殺処分のボタンなど押せないものではないかと、痛切に思った次第です。

すったもんだの末、どうにか公的に機能する書面を作り(これはWさんの尽力に他ならない)パピを晴れて保護することができて、我が家にイソーロー初日の写真が冒頭のものです。
Img_20140117_202821 パピはそれはそれはよくできた犬で、それは言わずともパピの顔つきを観れば一目了然!

犬ほど自分のHappyさを顔に表す動物はいないと、へちまこは思う。

そしてこれが、何かを望まなくても犬は私たちの最良の伴侶になりうるという、ロージーの「サイレント・コミュニケーション」のよい例ではないかとさえ思えた。

できることはオスワリだけのパピ。

でも、誰に対しても堂々とそのかわいさで振る舞い、それでいて分別があり、明るく活発で、人の言葉に耳を傾けることができていたパピ。

パピは周りの人が思うほど不幸でもなく、自由気ままにそれでいて、まわりの人間から愛され、かわいがられていたようでした。

ゴミのようにうず高く積まれた物の中で、パピはお年寄りと犬好きなケアマネージャーさんによって、天性の小型愛玩犬のすばらしさを捨てずにいられたようでした。

へちまこは家は久しぶりの愛玩犬のかわいさにメロメロとなり(特にダンナと次男)ました。

パピはチェシアを相棒と決め(性質が似ているので気が合うのだろう)、またチェシアもすんなりパピを受け入れていたけど、硬派なリデルはパピに意地悪な行為はしないけど、パーソナルには近づくことを許しませんでした。

それをいち早く理解したパピは、リデルに一目置いていたようでした。

Img_20140130_170106
いつの間にかフタリを差し置いて警戒モードにつくパピ。

パピの警戒吠えに一同が集まる図(笑)

本当にかわいやつだった。

こんなかわいやつをここへ置いておくのはもったいない。

けれど、公募拡散での譲渡は嫌だったので、ネットワークでの出会いを待つことしばし。。。

22日目にこれぞと思う人、家族に出会う。

かわいそうな行き場のない犬を欲しがるということではなく、一目見てパピが好きで、パピと暮らしていきたい、パピがほしいと思ってくれる人と巡り会えた。

パピはもう戻ってこない。

ここへ戻ってくることはないのだ。

朝起きてリビングに下りると、パピの寝ていたケージを開けろと犬がフタリで言ってくる。

そして、扉を開けてやると22日間「おはよう」と出てきたパピはもう出てはこない。

チェシアなどはケージの隅まで頭を入れてみるけど、パピはもうどこにもいないんだと、そこで諦める。

パピが行ってしまって、今日で1週間。

正式譲渡の通知が先ほど届いた・・・

もう、ここへ戻ることのないパピの幸せを、パピが死ぬまで祈っていよう。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2012年5月13日 (日)

黒ラブmixの子犬ちゃんのご家族になってくださる方募集。

Dcim0220

ももちゃん・・・比較的おとなしめで、抱くとくたくたになるタイプです。

黒ラブmix子犬ちゃんのご家族になってくださる方、大募集sign03

2ヶ月半の女の子2頭です。

現在の体重は10kg~11kgですので、成犬時には28kg~35kg級に育つ可能性大です(;´▽`A``

Dcim0224

みどりちゃん・・・やんちゃさんですが人は大好き。

この2頭のご家族になってくださる方、コメント欄よりご連絡くださいませ。

Dcim0231

みどりちゃん・・・ちょっとオネム~~happy01

大きくなるのを覚悟の上、ご連絡くださいませ~o(*^▽^*)o

Dcim0233

子犬ちゃんって、やっぱりかわいいのぉ~~heart04

現在、子犬ちゃんたちは、へちまこ家にはいませんが、近くの保護活動仲間がお世話をしています。

そちらの譲渡条件があります。

共働き、独居、ご高齢、小さい子どものいるご家庭ではない方を先方は希望しております。

室内で一緒に暮らせること、多頭飼育ではないことも希望しております。

一回目のワクチンは終わっています。

では、みなさん、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年7月16日 (金)

リ助のその後。

Dcimg3722 神奈川は、すっかり梅雨明けのようなsunです。

彼方此方では大雨の影響で命を失くされた方もおられるようで…ご冥福をお祈りいたします。

さて、認知症の飼い主さんからお預かりしたシーズーリ助の新しいご家族が決まりました。

たくさんの方にお声をいただいたのですが、リ助にとって、一番、良いことを考えて、このままさんパル家の養子となります。

さんパルさんも悩みに悩んだ末の決定です。

へちまことしては、優秀で貴重な一時預かり先を一つ失うことになるんですけどね~~coldsweats01

シーズーとしては一途な面があって、今や、さんパルパパさんのストーカーになりつつあるリスケ。

このままさんパル家で残りの犬生を、おおらかにのびのびと過ごせるでしょう。

さんパルさんの心うちはOkiniのリンク「chanpalのブログ」をぜひとも読んで下されm(_ _)m

ネットを通じて、ご支援、ご協力いただいたみなさんsign01

またひとつ、運と縁がつながりました。

ありがとうございました。

2010年6月24日 (木)

リリーくん改め…。

20100624_p6243182

本日、リリーくんはもとのお家を離れ、こちらへお引っ越しされました(かわいいお顔のりりーくんですねheart04

そして名前も“り助”に改名。太助の母経由でこちらへ一時預かりになったことと、リリーくんの元飼い主のおばあさまのご家族が“り助”と呼んでいたので“り助、いいじゃんgood”と、なりました。

20100624_p6243181リデルにあいさつをするり助。

り助は、リデルを初めてみたときにかなりびっくりし、体が動かなくなりました。でも、それが功をなしたのかリデルがゆっくり近づいても逃げずに匂いをかがせてくれました。

り助のような小型犬で、大きな子と交流のない子は大概が驚きパニックになり逃げようとしますが、逃げないほうが恐い目に(追いかけまわされないからね)遭うことは少なくなりますね。

Dvc00142 今夜から、さんパル家で合宿生活。

少し犬らしくふるまえるようになるといいなぁ~。

さんご姉さんと目が合うと、自分からサークルに入ってしまうそうです。普段でも穏やか系なり助ですが、けっこう明朗活発な面もありますので、それが自然に表現できますように。

リ助くんの新しいご家族を引き続き募集しますので、どうぞ、よろしくお願いします。

20100624092917_3 でね、今日、さんパルさんがとっても素敵な人だって再確認したお話をこれからします。

さんパルさんは、自分の家の周りにいるネコたちのこともご近所と協力してお世話しています。

先日、お世話しているネコの一匹が交通事故に遭ったのか路肩で死んでいたそうです。

さんパルさんは泣きながら抱きかかえ、火葬所にもっていき焼いてもらって丁重に葬ったそうです。

ところがぁーーーーそのネコはよく似たネコで本当のネコは生きていたのです w(゚o゚)w

でも、みんなで見も知らないネコのことを丁重に扱って、あちらの世界へ送り出せたことを喜んだそうです。

ああ、なんてステキな人たちなんでしょうかねヽ(´▽`)/

では。(このお花は、ブーゲンビリアなんですよ。20100624092901 自然に大きく育ったそうです)

2010年6月18日 (金)

シーズーのりりーくん。

20100524_p5243033 シーズーのリリーくん。今度8歳になる男の子です。フィラリア-。健康状態良好。去勢済み。大きさ:ごく普通のシーズーの大きさです。排泄は基本、外派です。

飼い主の方が認知症になり、この子の存在をも忘れるようになってしまいました。

飼い主ご本は介護施設への入所となりましたが、そこはペットまでは入所できません。

若いとは言い難い年齢のリリーくんですが、人が大好きな子です。8年間ご老人と暮らしてただけあって、やさしく穏やかで吠えもありません。

20100524_p5243036 人との暮らしばかりでしたので他の犬とのコミュケーションは苦手ですが、攻撃的、吠えかかり、過度の怯え、嫌悪はありません。

小さいお子さんがいるご家庭より、今までの暮らしのように大人なご家族に向いていると思われます。

20100524_p5243038 どうぞ、リリーくんの新しいご家族になってくださる方、ご一報ください。

詳細はメールにて、よろしくお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年4月18日 (日)

ラブくんからありがとう!

20100417_p4172920 ラブラドールのラブくんのその後ですが、とてもよいご縁がありまして4月17日に新しいご家族にお届けしてきました。

ラブくんは、人が大好きで人さえいれば後は何もいらない?(いやっ、食べ物入りますねhappy01)くらい誰にでもなついてくれる子です。

そんないい子なのですが、大きな子の新しい家族になってくださるの方は非常に少なく、ラブくんも一時預かりからひと月近く経ってしまい、諦めかけてたときに『一目見かけてから、この子は家にくる子』と、Sさんご家族が名乗りをあげてくださいました。

画像は、その日のラブくんとラブラドール大好きお父さん。ご家族とお友だちみなさんでラブくんの到着を、今か今かと持っていてくださいました。

この日、初めて会ったラブくんとSさんちのお父さんですが、旧知の友のようにすっかり仲良しに。

qoomamaさんのご紹介でもあり、とてもすてきな方々に巡り会えたラブくんです。

一つの命をつなげるということは、その子の持っている運や縁といったものが、大きくかかわってくるなぁ~~と、いつも思います。

ラブくんも、Mさんという方に保護されなくては、犬らしい生活ができないまま、あのまま一生を過ごすことだったと思います(一日のほとんどをケージの中だったんです)

元親さんは、決して悪い人ではなく、ラブくんをかわいがってくれていましたが、どこかもてあましていたことは確かなようでした。

へちまこは、Mさんからラブくんの相談を受けてこのブログに掲載しました。そして、qoomamaさんがトラバしてくださり、そして、Sさんが本当に偶然にそれを見てくれたのです。

この偶然や少しばかりの縁、そしてその子の持つ運…やはり、考えずにおられないのです。

ラブくんのために、情報を下さった方、ネットに流してくださった方、そして数多くのラブくんを思う気持ちがラブくんの縁と運をつなげてくださいました。

心から、感謝いたしております。

そして、ラブくんの新しいご家族になってくださったS家のみなさん、ありがとうございます。末永くラブくんをお願いいたします。

20100404_p4042884 で、M家のみなさん、ジェイドさん、シェリーさん、お疲れさまでした。でも、少しさびしいよね。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年3月27日 (土)

ラブラドールのラブくん。

20100327_p3272863 みなさんにお願いです。

ジュノンボーイのように優しいまなざしのラブくん、5歳(♂)の新しいご家族になってくださる方を募集します。

ラブくんのもと家族の方が大けがをしてしまい、ラブくんのお散歩を含むお世話などができなくなってしまいました。

20100327_p3272864 男の子にしては、超小柄の22㎏しかありません。(去勢済み)引っ張ることはありますが、只今、練習中で改善されつつあります。(訓練所にも通ったそうですがそんなことしなくても穏やかな子ですね)ただ、元飼い主さんが比較的高齢だったためにあまりお外に連れ出してはもらってはいなかったようです。

20100327_p3272865 多少、興奮することもありますが基本、やさしくておとなしい子です。基本的なコマンドも聞き分けますし、ケージにもひとりで入って休むそうです。

へちまこは男の子のラブって、これまでゴッツイ子にしか会ったことなかったんですが、こんなに上品な顔立ちな子には初めて会いました。

現在は、友人のお家で居候してますが、そこも大型犬3頭は厳しいということで、十分に手をかけてくださる方をぜひともお願いしております。

どうか、このラブラドールのラブくんの新しいご家族になってくださる方、どうぞ、よろしくお願いしますm(_ _)m

詳細は、当ブログ、メールにてお願いします。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2010年2月24日 (水)

ありがとうございます、ZUZUままさん。

20100208_p2082776 2週間ぐらい前にロゼッタ(現かりん)の親元から、ドタキャンにあってしまったロゼッタの同胎の子が残っていて、1頭ぐらいは飼えそうだからと今まで飼ってきたが、どうしても飼えきれない事情ができてしまったと、ご相談がありました。(リリーちゃんと言います)

へちまこ、正直、coldsweats02ましたね。

だって、すでにロゼッタたちは5ヶ月は越えていましたから。犬種的にも社会化を十分にしていかないと道を踏み外しそうだなぁ~~と、感じていましたし。

どうです、この面構えっcoldsweats01まじめそうでしょう。健気なんですよ。一途だし・・・。そういうことをわかってこの子との暮らしを楽しんでくれる人を探してあげなければと思っていました。

そんなこんなで、幾人かの人に声をかけてみたところ、あまりよい感触を得られず、少しorzになりそうな所でflair「ああ。あのお方がいた。そうだ、あのお方ならケルピコのことをご相談できる」と、思い、さっそくご相談したら、リリーの新しい飼い主さんを探してくださいました。

m(_ _)mありがとうございます、ZUZUままさんhappy01

このお話の続きはhttp://www.geocities.jp/bintachopkellyzuzu/で、お楽しみくださいね。

リリーは、もう、新しいご家族になついてくれたようです。

ほっsign01安心してますよheart04

最近のトラックバック

カテゴリー