無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

房総いなか犬通信

2016年8月24日 (水)

2016年 8月の田舎家

Dsc_2620_440x248初日の夕日・・・涙がすぅーと(ノω・、)

夏と言ったら、夏休み・・・大人になるとBon休みとなるわけですが、今回は少々長く、南房総の田舎家へ滞在しました。

2週間以上、犬たちと(あ、旦那たまにいたっけな)ぐだぐだと過ごし、つらつらと毎日過ごしました。

_20160808_073634_398x440野には勝手に咲くユリの花・・・ここ数年、このユリ(高砂百合という種類)がところかまわず咲き誇ってました。


今年はいろいろなことが動き出すようで、今までの毎年開催していたイベント等をどうするか考えてみたり・・・

2030年開所を目指す「川崎市動物愛護センター新設」のこと、これからの川崎の動物行政のこと、ボランティアのことなどをたっぷり考える時間もありました。


_20160808_073554_440x150ユリが群生していて、見事でしたよ・・・こんな中、犬たちと散歩していました(*^-^)

いろいろなことを整理するとうことは、棄てるモノも新規に取り込むモノも出てくるわけで、そこん所を整理してみたわけです・・・

で、一大イベントでありました「かわさき市民祭り」は、昨年をもちまして終了するということになりました。

川崎市最大のお祭りといってもいいイベントでしたが、スタッフの高齢化?(゚ー゚;や、個々のおかれる状況の変化なども考慮して、ほぼ20年間参加していたイベントですが、今年は開催しないということになりました。

長かったな~、11月の3日間というのは楽しかったけど、それ相当の家族や犬への負担もあったわけです。

今まで、ありがとうございました。

_20160819_070317_440x352で、へちまこ、これからどうすんの?まだやることは山積よ!

わかったいますとも!

今後は、川崎市動物愛護センター新設事業にボランティアスタッフとしてボランティアトレーナーとして、職員さんや行政のお偉方と協働していくわけ!

Dsc_0596_247x440公認ボラとして、みんなで立ち上がるわけね!ヽ(´▽`)/

そうそう!

新施設を作りたい、動物福祉や愛護の発信の場として、教育の場として、新たな理念と理想の「みらいプロジェクト」なのよ!

Dsc_0594_248x440へぇーーーー!チーちゃんは、犬や猫や、そのほかの仲間たちが人と平和に暮らせることを望む!

わかってるよ!

新施設は、川崎市のほぼ真ん中、駅近なのよ!
誰もが集い、動物と人との「みらい」を考え、実行できるオープンな行政施設を目指すからね!


Dsc_0599_248x440_2
夏はすぐに移ろう季節だけど、平成11年から今まで、仲間と目指してきたことがひとつひとつ実行されてきた。

変わらずやっていきたいものは、リードスキルアップクラスと犬のコミュニケーションクラス。

秋の企画を立てておこう。

Dsc_0600_248x440
今年の夏も、もう終る。

あんなに暑かったのに、台風が過ぎて、少し風が変わった・・・


Dsc_0569_411x440チーちゃん、パパの趣味をじゃましないで!

Dsc_2641_248x440海に来たら、叫ばないと・・・

Dsc_2675_248x440渡る風も、涼やかになった。

2週間でも、時は巡り、昨日と同じではないことがわかる。


Dsc_2653_248x440
秋の実も、彩づく。


2016年8月の夏が終わる。

Dsc_0575_440x248

さあ、新しいことを始めよう!





























2016年5月21日 (土)

2016年 GWの田舎家

Dsc_0357_248x440
GWと言えば、民族大移動であった我が家も、子どもが成人した今となっては、田舎家に引っ込んで緩々のお休みを取るようになりました。

そうそう、まだ子供が幼かったころ、双方、田舎という環境を持たない私たち夫婦。

子どもに田舎の暮らしを~と思いつつ、別荘地(高くないお安いほうね)探しましたが、結局は、あちこちいろんなものを見させて経験するほうがよいのではとなってやめました。

その時に契約寸前までいったある別荘地がTVで「あの有名地は今?」みたいな番組していて、そこがすっかり忘れられた荒んだ別荘地になっていたのを見て、買わなくてよかったのかも・・・と、改めて思いました。

Dsc_0360_248x440
この季節は、本当に気分がいい。

深呼吸ばかりしてきた・・・

Dsc_0361_248x440
園芸種の豪華な藤の花もいいけど、山藤の楚々とした美しさもいいよね。

Dsc_0364_440x248
実は今回は、行く前の日から喉が痛く、着いた日にはのどの痛みは倍増で、咳とくしゃみ・・・口の中に熱感があり、食欲も減退・・・久しぶりに病気になりました。

Dsc_0368_248x440
熱でお散歩に行けない日が2日ほど続きましたが、お庭のある暮しって犬たちにとっても人間にとっても本当にいいなぁ…と実感!

お散歩には行けないけど、お庭に出して用足しをしてくれるし、じぶんたちで好きな時に庭に出て、遊んだり、日向ぼっこをしてくれたので、都会にいる時よりは動くことも少なく、休むことができました。

Dsc_0379_248x440
犬は、2歳から3歳の子どもみたいなもの、とはよく言ったもんで、寝ている時以外は、何かしら楽しいことを探しています。

Dsc_0397_248x440
犬たちが毎日楽しく暮らせるように・・・

Dsc_0378_248x440
今度来るときには、田舎家のシンボルツリーの海紅豆の花が咲いているでしょう・・・

Dsc_0402_248x440
犬たちが楽しいとい毎日が、犬飼人の極上の喜びに他ならない。

Dsc_0404_440x248


田舎家の夕焼けは 毎日見ていた。

Dsc_0410_440x248


野生動物が、渓谷を横切ると 匂いが漂ってくるようだ・・・

悲しいこともあった・・・7年前、センターから迎えたドウバネインコのだいずが亡くなってしまった・・・

Dsc_0383_248x440
田舎家の庭の 百日紅の根元にお墓を作った。

アイスの棒に だいずの名前を書いていたら 涙が出てきた。

夏には 百日紅が咲いてくれるよ だいず・・・安らかにね。



















2016年4月21日 (木)

2016年3月のお彼岸

Dsc_0247_248x440

お彼岸の連休を使い、房総の田舎家へ滞在。

春はまだ浅く、お花も少なくさびしかったのですが、田舎家の庭では植栽し続けたモッコウバラがどうやら根付いたようで、やっとつぼみをつけてくれました。

5株植えて残ったのは、たったの2株・・・寄らば大樹の陰で大きな木の陰で房総の強い夏の日差しから守ることができた2株が残りました。

モッコウバラらしく、モコモコになるまでには5年以上かかるようですが、大事に育ててゆきたいです。

Dsc_2168_248x440
海が怖かったコメットも、だいぶ、馴れてきました。

海というよりも、押し寄せる波なんですが・・・それでも波打ち際しか行けません。

浸かるになるまでには、また数年必要になるのでしょうね。

Dsc_2159_248x440
小鳥のオーナメント・・・可愛いです。

田舎家の庭に木に止まらせておきました^^

Dsc_2180_248x440
ゆっくりと時間が流れること・・・

普段、川崎でも感じる風と違いがあるとしたら、その時間の流れなのかもしれない。

Dsc_0249_244x440
土をいじり、草木の手入れや、犬たちには泥足で内と外へのアクセスを許し、どこで汚れを掃除することすら、喜びを感じる・・・

Dsc_0266_440x248
贅沢といえば贅沢だけど、犬がいての贅沢(インコたちもいるけど)は犬がいるからできる贅沢。

ソファーを壊されること、スリッパを何足もかじられたことも懐かしい思い出になる。

Dsc_2152_248x440_2Dsc_2119_248x440

いつか犬が飼えなくなった日のことを少しばかり思う日が増えた。

それは近い将来で、自分の時間の終わりも近付いてきているということ。

それまで、犬たちとの時間を大切にしよう。

贅沢と言われようが、自分の稼いだお金でしているんだから(笑)

_20160326_200818_313x440

田舎家地方は春祭り。

曳舟神事というそうだ・・・・

お囃子聞きながら、田舎の家へ帰ろう・・・みんなが待っているよ。


*  記事をゆっくり更新していたら、熊本での震災。

   どうぞ、一日でも早い安息の日々が震災の地に訪れますよう、心よりお祈りしております。













2016年3月 6日 (日)

うわっ、2016になったのに更新してなかったのね!

Dsc_19312_258x440_2

房総いなか犬通信・・・2016年になったというのに、写真だけ撮って、記事にもしてなかったことが判明!

房総半島の外れの海近に家を買って、早5年・・・。

いつかは永住と思いながらも、都会のしがらみに身を任せるへちまこ家。

いつになったら、あこがれの田舎生活にどっぷり浸れるのか・・・

Dsc_0028_306x440
あ~~、あたし、へちまこ家に来て、早、1年目。

野獣どもとも、仕方がないから一緒に住んでやってんの!

あれ?そ、だったの?

_20160212_153939_259x440
アンタもこの1年、ガンバッタと思うわよ。

多分、コメットは同族と暮らしたことはなかっただろう。

だから、たいへんなことばかりだったはずなんだけど、安心して眠れるようになったことは、うれしい。

Dsc_0001_440x432
すべてがアンタの家だから、たまにリデルに反抗するけど、リデルの無視ぶりが絶妙だから、助かってるようなものなのよ。

Img_20160108_103925_330x440_2
多分2月に滞在した時のもあるみたい。

今年は、暖かい冬だったもんだから、水仙は早かったなぁ。

Dsc_2016_248x440
河津桜も咲いてしまっていた。

四季は、毎年同じように巡るけど、同じようで違うんだろうなぁ・・・

_20160104_092149_440x216
田舎家の庭でたくさん遊んで、好きな時に排泄できて、泥足でリビングに走りこんで来ても、誰も何も言わない生活は犬にとって理想だよね。

Dsc_0004_440x248
今のところ、息抜きで新鮮でおいしい海の幸や、

Dsc_0005_248x440
川崎にないものを食べたりで、人間は幸福になれる。

ラーメンは、生姜ラーメン、身体がポカポカしてきます。

Dsc_0014_440x248
都会よりもさらに多くなる犬中心の時間が、心地よければ・・・・

Dsc_0100_306x440
それで満足な、へちまこたちなわけね。

Dsc_0088_248x440_2
3月も、早く来たいな。



























2015年8月29日 (土)

2015年8月の田舎家

Dsc_1344_360x440
夏休みといったら、田舎でのTHE BONEsign03

そして、このモクモクの雲に青空~~。

Dsc_1355_440x248

ユリが夏の花だって知ったのは、子どもの受験のとき。

田舎家近くの原っぱには雑草のごとく咲いていました。

Dsc_13512_357x440
一人暮らしの長男も盆休みで田舎家に来ました。

男の子はいくつになっても犬と全身で遊んでくれます。

Dsc_13492_440x408
そんなにーちゃんが大好きなチェシア。

Img_20150810_123456_330x440
とりあえず、BBQでもhappy02


Dsc_1345_440x248
サンテロシャルドネスプマンテを開けてbeerもかんぱい~。

Dsc_13532_390x440
コメットもすっかりなじみました。

Dsc_13642_315x440

毎日散水のたびに濡れるチェシア。

Dsc_13482_187x440
びしょびしょのまんまで部屋に入ってきます。

Img_20150812_173219_330x440
柵をなおしました。

中国製のアイアンロート風の柵は塩害で早くも壊れました。

Img_20150812_173256_421x440
今度は、ヒノキ製の柵と門扉を大工さんに作ってもらいました。

木目を生かすたセラコートという塗料を使っています。

セラコートは米軍指定塗料でペンキとは違うんだそうです(ようわからない?)

Dsc_1363_371x440_2
最高に暑い日々を房総の田舎家で過ごしたのだけれど、夕方になれば都会とは違う風が吹いてきてました。

Img_20150812_173349_440x330
たっぷり遊んで、たっぷりと休んだ・・・2015年の房総田舎家の夏でした。

Img_20150811_212019_330x440
この方は、毎日海で濡れ、庭で濡れでしたね~(o^-^o)

Dsc_1367_440x248
犬のストレスが軽減されると、犬ってご機嫌でいてくれて、こちらまで和やかになりますね。






























2015年7月 1日 (水)

2015年6月の田舎家

Dsc_11832_395x540_2
田舎家の庭を改修した時に夏場のシンボルツリーにと植えた、アメリカンデイゴ(和名:海紅豆)。

昨年はとうとう見ることができずにがっかりでしたが、庭師の親方から連絡が来て、もう満開だよ!というので、何がんでも今年は必ず花のうちに見てきました。

Dsc_1185_304x540
梅雨の合間の晴れの日も続き、思う存分、海紅豆の花を犬たちと(犬たちは花より団子だねhappy02

恵みの雨で色鮮やかな緑の芝生に、海紅豆の紅い花が映えます。

Img_20150619_0836432_405x540

海紅豆とちー、かわいいなぁ~~heart01

黒いから、映えますなぁ~~~(゚ー゚)

Img_20150618_125112_405x540
近くのパン屋さん(ここのパン屋さんは隠れ家パン屋、知る人ぞ知るで有名です)で、限定販売されていた本を購入・・・いい雰囲気のお店があるので、そのうち行ってみよう。

Img_20150619_082400_405x540
まだ、計画途中の場所にギリギリ大好きなコメットのパフォーマンス!

道行く人に声を掛けられて、吠えたりしてました。

Img_20150620_1025482_540x540_2

前回植えた新品種の松葉ボタン・・・ジュエル・・・う~~んと、忘れました(^-^;

はかない感じですが、砂漠性の花なので日差しが強い海に近い田舎家でも頑張って咲いてくれました。

Img_20150620_1031252_540x540_2
幸せそう・・・こういう顔を見たくて購入した田舎の家・・・

Img_20150619_174910_540x405_2

少々の雨でも芝生なら泥足にもならないので、庭を駆け回ってそのまんま、リビングに入れるので世話なし~。

Dsc_1190_304x540
お気に入り・・・・(*^m^)

Dsc_12282_323x540
夕焼けの空の色は川崎と違うなあ・・・

Dsc_1229_540x304

月と星・・・周りに灯りがないから撮れる写真。

Dsc_1217_412x540
田舎家近くにある、海紅豆の巨木!

田舎家のも、こんないなりますよ~~に\(^o^)/

















2015年5月10日 (日)

ゴールデンウィーク2015!

Dsc_0960_360x640

GWって、本当に誰が作ってくれたのか、感謝!

なにしろ、一番いい季節じゃね?
蚊。夏ほどいないし、薫風だし。
Dsc_09632_340x184_340x184
緑も勢いあっても、夏ほどでしゃばらずで・・・(上は私有地です)

とにかく気持ちのよい季節、へちまこ一家も田舎家でのんびりしました。

Dsc_093922_253x340
田舎家じゃ、することといったら、庭いじり。
その傍で、チェっ子などこんな顔しているんだよ・・・頼みもしないのに。
Dsc_0975_191x340
近くのテーマパークにも行ってみた。
ハワイをテーマにしたというけど、一時寂れた感があった場所だけに、人が戻りつつあってよかった。
Dsc_09862_336x340
鳥とも戯れてきたし。
Dsc_09882_235x340
野薔薇・・・・
Dsc_0989_191x340 白い野藤・・・に、

Dsc_09912_540x522
野良ウコッケイ?

Dsc_09532_446x640_376x540
すっかり夏毛のリデルさん(^-^;
幸福そうでなりより・・・このような犬が見たかった。
Dsc_09492_316x640_267x540
ええ、お酒も飲みました。
自家栽培のミントを入れた、モヒートをね。
田舎の暮らしはいいよねぇ~~あ、都会も好きだけど。
2015年のGWもだらだらでのんびりでした。

2014年8月24日 (日)

夏夏夏!常夏じゃないけど房総の夏!

Img_20140812_083104サルスベリと書いて百日紅とは・・・日本語の美しさよ・・・

お盆休みったら、帰省するというのが日本の夏休みのような・・・

田舎を待たないへちまこ家は、田舎を作るということにしたのが5年ほど前。

房総の方田舎の田舎の家をコツコツと作り換え、昨年からは庭を大改装。

犬専用に庭にするために重機をいれて、日本庭園だった庭を犬のために造り替え。

ほとんどの庭木を撤去したのだが、この百日紅だけは残しといてよかった。

夏の花らしく、青空によく映えます。

Img_20140815_063207ああいいねぇ~芝生。犬としてはたまらんよね・・・

いつかは永住になる予定で田舎家をかったわけで、年とったら、温暖の地ということで房総半島の田舎家に落ち着くことになったわけですが・・・

田舎の夜の暗さに驚き

虫の大きさにおののき・・・

植物の繁茂に悪戦苦闘・・・


Img_20140816_082534それぞれの遊び方の違いはあれど・・・楽しかろ・・・

どうにか芝生も育ち(庭師さんのおかげですが・・・)

お犬さまたちにご満足いただいています。

Img_20140815_063659自発性スプリンクルズは毎朝の日課よ。夜の訪問者の痕跡探索中。


手のひら大のゲジゲジやアシダカクモヒコ(アシダカ軍曹)等にお目にかかると、いまだにぶっ飛びますが・・・

Img_20140816_110848
こんな幸福そうな・・・・

日向ぼっこを見たことあるかい・・・(T T)

Img_20140817_150417


ダーリンだって、ギンヤンマ!ギンヤンマ!と、虫網持って追いかけるてるし・・・

ダーリンは、とおおおおおおーい昔の

 

子どものころの夏休みを思い出して幸福なんだろうし

 

Img_20140815_062154
庭にはワンサカとカニが住んでいおるし。

朝早起きすると・・・

 

なに?なんでこんな早いの・・・え、マジこのニンゲン?

なに早起きしてんの?ないない・・・この時間はカニの時間よ

 

あだーーーーーっ!

なにつかまえてんのよ!

なにすんのよ こんな黒い中いれて やめれ!

 

と、カニの観察もできる・・・田舎っていいなぁ。

 

Img_20140813_175219


ダラダラと とかにいるときよりもさらにだらだらと散歩し

だらだらと すごす 2014年 房総の夏



Img_20140814_110811


反町さんや 広末さんが座って 夕陽を見ていたベンチに座り

 

夕日が海に沈むのを 観るだけの夏なのです・・・・だらだら最高!









2014年4月28日 (月)

一年めの春…シェルティたちのいない春。

Img_20140330_004419
日本の春といったら、桜ですよね。

facebookのでも、桜の写真を投稿すると外国のFB友から「びゅーてほー」と、コメントいただくこともあります。

これは、川崎の桜なのですが、桜が咲くほんの前、田舎家に滞在しておりました。

3月の連休です。

そして、今年は、我が家のシェルティのいない初めての春なのです。

20110703_p7033850
アリスは、我が家のシェルティ歴20数年を最後に飾ってくれたシェルティでした。

アリスが死んでしまったことを、たぶん、ブログには書いていなかったなぁ。

どうして書かなっかったのか・・・わけはわからないけど、アリスの最期はとても穏やかに来たので、どうか、読者のみなさん、安心してください。

ワンダーは腎臓だったので、とても苦しんだ最期だっただけにアリスの穏やかな死は、受け容れ易かった。

20数十年の間、常に愛くるしいかった我が家のシェルティの歴史にひとまず幕が下りたことを、お伝えしておきます。

Img_20140222_142616
さて、3月の田舎家。

房総半島は川崎よりも少しだけ春が早く来るのだけれど、半島の突端にある田舎家は、風の強い日が多くて、穏やかな日はなかなか・・・

日中、風がなかったのに夕方にはとても強い風が吹くことも多いです。

Img_20140322_101951
昨年より庭を大改造し、日本庭園を壊して全面芝生を敷きつめて、犬用の庭にしました。

2~3年はよい芝生にするために、雑草を手で引き抜く作業が大変といえばそうですが、黙々と作業することはけして嫌いではないへちまこは、3日ほどかけて抜いています。

Img_20140322_102123
庭師の親方がたまに何かを作っておくので、いつの間にか竹の垣根ができていて、なんでだろうと思っていたら、モッコウバラを植えるというから作っておいてくれたようで、これに這わせてみるといい、といってました。

Img_20140322_205728
ダンナくんが仕事で川崎に戻ってしまうと、犬たちとのんびり過ごす田舎家。

たま~~に、犬連れの友人が遊びに来てくれる以外は、隣の人(といっても一番近くて10ⅿだな)ぐらい。

朝6時に起きたら、庭いじりと犬と散歩とぐらいの田舎家ですが、ま、それはそれで、犬たちは幸せに過ごしている田舎家の3月でした。

つらつらとした毎日ってことです。
Img_20140321_204907
日没とともに寝る犬たち・・・




時はもう5月、緑の眩しい季節であります。





2013年8月23日 (金)

2013・BON VACATION(つまりお盆休みだな)

Dcim1809
お盆といえば、巷は夏季休業。

ダンナくん会社もお盆でお休みでした。

10日ほど田舎家に滞在、企業に勤める長男も田舎家へ来てくれました。

田舎家の周辺は、春は水仙が夏には百合の花が道端やら、あぜ道やら、田舎家の庭にも勝手に咲きだします。

都会の花屋では売り物になるようですが、ここらでは雑草のごとく、ザクザク刈り取られてしまうこともあり、なんだかきれいに咲いてくれる百合が気の毒に思いました。

Dcim1841
とにかくのんびりとした穏やかな時間が流れるのは、人も犬たちにもとてもいい。

昼間の砂浜は子ども連れと若者の喧騒でにぎわいますが、日暮れともに人がまばらになり、サンセットを肩寄せ合いながら見つめるカップルが増えだします。

Dcim1835
ふふ・・・なつかしい、砂に書いたラブレター。

誰が書いたんだろう・・・

夏の日差しなど怖くなかった頃、

夏のすべての時間が

まるで 味方のような時代

夏が過ぎるころの胸の少し痛む思い・・・とか。

Dcim1843
かわいらしい カップルが笑い声をあげながら

こさえていた モニュメント・・・

肩に揺れる長い髪

はじける しずくなど

若さって ほんとうにうらやましい

だから 思う存分 若さを大切に過ごしてほしい・・・

Dcim1842_2
夕暮だね・・・

お家に帰ろう・・・

明日も今日の続きでありますように

そして 穏やかな時間が等しく 巡りますように

Dcim1845
犬たちのモニュメントは・・・これだな~~(o^-^o)

Dcim1844
何かのロケしてましたよ。

このあたりは海に沈む夕日がきれいで有名なもんで。

では。

最近のトラックバック

カテゴリー