無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

犬の砂場 Dog Communication Class

ティーチングドッグを介在させた、犬による犬の社会化の場を提供しています。

2017年9月28日 (木)

犬たちのサイレント・コミュニケーション

数日前のお話・・・対照的な犬に出会った。

ヒトリは礼儀正しく自分がどんな犬かを知ってもらおうとする、柴犬×チワワの7ヶ月の子と、出会ったその日にハグしないと気がすまないフレブル君5歳。

ベルジアンズと7ヶ月の子とは会うのは3度目で、出会うと路上にフセをし、ベルジアンズが近づくと耳を倒し目を細目お辞儀をするように頭を下げた上げたり…

私たちが道の反対側で追い越すと『アレレ?』と言うように後をつけてくる。
渾身の力でベルジアンズの後を追ってくれるのだ。

リードが短いのとハーネスが身体に合ってないのか、ゲホゲホ。

飼い主さんはそれを止めようと、後ろでリードでクイクイするので、その都度咽頭を刺激するのかゲホゲホ、ゲホゲホ。

ハーネスでも身体に合ってなければ、なんにもならないし、リードの扱いが悪ければこれまたなんにもならない。

遅れて公園に入って来たシバチワちゃんは、あーいたいたとこちらを見ながらオスワリ…その距離、15m(犬飼あるある、距離即座に読めるw)

ああ、なんと犬として礼儀正しい子なのか(^-^)
そして、ベルジアンズと知り合いになりたくてたまらないのだ。

だからと言って、ベルジアンズの意思を無視して私が近づけることは強要になるのです。
犬の挨拶のOkサインは犬に任せなくてはならないのです。

そして、ベルジアンズは匂いの散策をしているようでも、実は、シバチワちゃんの様子や行動を把握している。

シバチワの礼儀正しさがわからない飼い主はリードをまたもやクイクイ。
早く歩けと、動けと催促をする・・・

ささやかなシバチワちゃんの抵抗はフセで『それ、やめてよ』を伝える。
すると飼い主はますますリードでクイクイ・・・犬が何を要望しているのかわからないのである。

その間、ベルジアンズは匂いとりをしながらも、ジグザグと曲線を描きながらなんとなく距離をつめだした。

ベルジアンズの挨拶に行ってみようのサインが出たのでたのです。

私はこれを犬からのOkサインだと思ってる。


犬の自身の気持ちが新しことへの興奮や恐怖よりも好奇心や興味がいい意味で現れ、自分自身にゴーサインを出している、もちろん相手の心理状態が可視化されて、ベルジアンズにも相手から現れているそのサインが出ているのがわかるのです。

シバチワちゃんの飼い主は、フセのまま一向に動かないシバチワちゃんを、荷物を持ち上げるようにリードで吊り上げる様に立たせて公園を後にしようとしているwobbly

シバチワちゃんにしてみれば、もう少しで願いが叶うのにナニスンダコノヒトハッ😱

だって彼は(排泄姿勢確認済み)自分の持っている犬としての言葉を礼儀正しく使えているのか試してもいるし、ベルジアンズのボディランゲッジや行動から自分に近づいてくれるのがわかっていたから…

私も、ああ、残念な…と、思い、シバチワちゃんの思いに答えるべく飼い主に「おはようございます。かわいいですね、まだ1歳前ぐらいですか?」とフェンス越しになったこの飼い主に声をかけた。距離は5m以内にまで近づいている。

飼い主とは、7ヶ月であること、柴犬×チワワのMIXであること等、雑談を交わし、大きいけどおとなしいんですね…と、飼い主の警戒心を希釈し、フェンス越しで安心もあるのかリードの緊張がなくなり、それでもシバチワちゃんは過剰なサインはなく、フェンス越しにベルジアンズと鼻を突き合わせて、頻りにチョビベロ、耳を倒し目を細目座ったまま少し前肢を上げ(パピーリフトか不安)自分で行動を自制していた。

ベルジアンズもしつこく嗅ぎ回ることもなく、数分の人間の会話に合わせる様に匂いとりをしながら、シバチワちゃんから離れだしたので軽く会釈し私達は離れました。

僅かな時間ですがお互いの情報が交わされ、犬同士がお互いを認知した瞬間です。

シバチワちゃんはオスワリのまま見送ってくれ、飼い主に促されると素直に腰を上げ、飼い主さんを見上げながら反対方向に歩き出しました。
ゲホゲホもなく、リードも緩んで…。

その後ろ姿は犬として同族としての挨拶が成功した自信に溢れているようで、こちらもうれしくなったのでした。

多くの人が犬のかすかな会話の行動を観察すること楽しまず、自分の気持ちいい犬の行動のみを求めてドッグランなどに連れ出し、走り回ることを犬のこの上ない喜びだと感じている人の多さが、犬の本来の世界である美しいサイレント・コミュニケーションが見えないのです。

それはとても残念なこと・・・大声ばかりに目が行く飼い主の犬はいつもどなり散らしている犬になっていて、周囲の犬たちに脅威を与えているときもあるのです。

私はすべての犬語がわかるわけではないのですが、こうした出来事に出会うたび、犬たちから学ばせたもらえたことに感謝せずにおられないのです。

Cimg1809_440x330 本文とは関係ありませんが美しいです・・・



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村>






2014年11月 8日 (土)

『犬の砂場』への参加希望、見学希望、非公開ブログ閲覧希望について

0100_xlarge
Dog Communication Class『犬の砂場』へのご質問へのお応えです。

① 『犬の砂場』を必要とする犬さんが対象です。

  同族を求めてはいいるけど、うまくやれない犬。

  同族に攻撃的に振る舞うのだが、本当に攻撃的かどうかわからない犬さん。

  子犬さん、若犬さんの犬による犬社会への社会化を求める飼い主さん。

② 申し込こみたいのだけど・・・

  現行の参加者の紹介か、へちまこと直接会ってくださる方で、へちまこが『犬の砂場』が
  必要である犬さんと判断した場合。

③ 見学希望も現行の参加者の紹介か、へちまこと幾度か直接会える飼い主さんになりますが、見学者の見学者紹介は差し控えていただいてます。

④ 非公開ブログの閲覧は、現行の参加者とその紹介となっております。

今回、鍵とお渡しした人数と合わなくなってきてました。

整理のつもりで鍵の変更をしましたが、『犬の砂場』を愛する方、自分の犬のために犬の世界を知りたいという方の要望がありますが、参加者のプライベートの尊重のため、どうぞ、ご理解いただけると、助かります。

以前もらって、どうしても気になるという方はもう一度コメント欄に必須事項くださいませ。

また、Teaching Dogのステータスのキャラクターは、実際にその犬に会ってみないと、へちまこには文面のみではわかりかねますので、申し訳ないのですが、お応えは差し控えさせていただいてます。
m(_ _)m

では、次回の『犬の砂場』開催は、12月に発表しまーす。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

 

  

2014年10月 3日 (金)

10月16日Dog Communication Class『犬の砂場』を開催します。

Dcim2072

長らくお待たせしました。

予定通り『犬の砂場』を、開催します。

 

詳細は、非公開ブログへ掲載しました。

パスワードをおもちの方は、ご確認後、お申し込みくださいませ。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2014年6月 3日 (火)

ドッグ・コミュニケーションクラス「犬の砂場」再開のお知らせ。

0002_large_2
いや、なんといっていいのか、そりゃ、人間だって言葉のニュアンスなどはその相手側の取りようというものがあって、100%ではないってわかっております。

でも、そこから相手がコミニュケーションを学べるならいいのですよ。

だけど、飼い主としてはいい言葉を話してほしい、だからこそ、お手本となる犬の言葉って大切だと思うのね。

ある犬語の勉強で集まったという動画を見て、率直な感想で、あれではお互いのストレスを煽るだけで、未熟な犬語のとばし合いにしか見えなくて・・・

しっかりとした大人犬の言葉を持っている犬も、宥めの言葉も自分自身に向けられるもので、抑えに回る犬も抑えきれるそこまでの技量はないわけです。

どの犬も、実際に大声を張り上げるだけの犬もいたしで、あの場は他の犬にも、かなりの不安を抱えたモノじゃなかったのかって、へちまこは思った次第です。

あ、いや、ごめんなさい・・・僭越かもしれませんがね。(本当にごめんなさい、悪気はありませんsweat01

良い出会いの場でないとならないのですが、たけど、それが和やかであればいいというわけではなく、そこに犬たちの喜怒哀楽がしっかりと織り込まれていることは、大切だと思うのです。

やたらフレンドリーや奥歯にモノが挟まった言い方ばかりのなあなあ犬らの集まりでは、押しの強い若いオス犬の比率の多さも手伝ってマウンティング合戦となって、周りの緊張をさらに増幅させちゃうし・・・・

と、いろいろ、能書きを垂れましたが、

10月16日あたりにでも(体育の日週は晴れの確率高し)

Dog Communication Class「犬の砂場」を再開したいと、思っております。

ではでは、「犬の砂場」大好き、犬バカ編隊のみなさん、当日、再会を喜びあいましょう。

犬の砂場のご見学、参加は、当砂場経験者のご紹介の身とさせていただいておりますので、一般の方からのご参加は申し訳ないのですが、お受けしておりません。

また、飼い主さんの他の犬と仲良くしてもらいたい、走り回ってほしいという、飼い主側の願いだけでは参加できません。

その犬が、本当に同族との交流を求めている、ということを大切にしています.


そして、そのためにTeaching Dogとクラスメイトをご提供しております。

どうぞ、ご理解のほどをお願いいたします。

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年3月25日 (月)

ようこそ!「犬の砂場」工業高校へ。

Dcim1160 23日に開催されたDog Communication Class「犬の砂場」。

この日は、まるで工業高校並みの女子率の低さでした。

10頭中、7頭が男子犬。

女子は、ダダ女史、ミューズさん、リデルの3頭で後はみんな犬男子です。

この日のメインは、ベルジアン・タービュレンのアーサー君。

大都会の真ん中に住む、イケメンタービュレン5歳でした。

タービュレンのアーサーくんには、本番の「犬の砂場」以前に、ミニ犬の砂場的なところで一度リデルとは会っています。

その時のリデルのアーサーくんへの対応は「このヤロー」でしたね~(;´▽`A``

なにがこのヤローかと申しますと、観るわ観るわ、ガン見もいいところ。

犬が好きすぎて観てしまうし、アーサー君は相手への興味がありすぎて勢いまでもありすぎて、どうしてもガンガンドコドコズカズカと近づいてしまうのです。

そして、アーサー君は、空間を読めない男でもありました。

ほら犬って全速力で走っていても、障害物になかなかぶつからずに走りますよね。

人が栗林していても、その場所をヒョイヒョイ避けて走り抜けていく子が大概です。

が、アーサー君は相手を追うのに夢中になるあまり、ぶつかりリデルをなぎ倒したことがあるのです。

リデルは草ハミハミしていてちょっとうつむいていました。

そこへ、うちの走り屋チェシアの後を追って来たのです。

チェシアはもちろんリデルを避けて走り抜けましたが、アーサー君は夢中のあまりあろうことか、リデルをなぎ倒してしまったのです。

へちまこ、久々、リデルの背中の毛がおっ立つほどの怒りを見ました。

言葉にすればannoyき・さ・まーーーーーーっsign03コロすpunchヽ(#゚Д゚)ノ┌┛)`Д゚)・;」でした。

アーサー君は、アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

danger実際にコロシはしませんから、ご安心を(;´▽`A``

その後のアーサー君に再会したことになります。

で、リデルの反応は「このヤロー」であったわけでありますが、あの日何かを学んだのか、

この日のアーサー君のいろいろな場面で、あの日のことが反映されていたのは確かなことでした。

Dcim1162 空間感覚も、狩りをする動物にはなくてはならないものだと思います。

相手との距離や、仲間との距離。

仲間の位置や障害物を把握していないと、ハンティングはうまくいきませんよね。

空間の距離感を学ぶには同族との遊びは欠かせません。

犬は、仲間との遊びを通してその空間距離を学んでいるんだと思います。

ほら、犬たちって狭いところで遊んでいてもぶつからずにいることが多いと思いますよ。

ぶつかりそうで、ぶつからない…周りの状況をよく観ていないとできないことです。

そのことを学んで何になるのか。

なんて穿った事を考えずに、犬が同族を通して学ぶことは後あとになって、そうか、これがあの時のインパクトだったんだ…と、ニンゲンがわかる時が来ます。

周りのモノを気にするようになると、自然と相手へのガン見が減ることは確かなことなんですよ。

だって、周りに気を使うことは、視線が外れると言うことなんですからねwink

Dcim1161 こうたくんの成長も、周りを驚愕させました。

ね、穏やかでしょう。

以前のチンピラはありません。

まだまだ、自分のやりたいことを押し通そうとする時もありますが、チンピラにはなりませんでした。

へちまこはこうたくんとアーサー君はどうかな~と、思っていたんですが、案ずるより産むが易し…争うことはなかったフタリでしたhappy01

Dcim1163 ふむ、この平和を乱すモノはいないのか…と、言っているかどうか?

ここへ全てをお伝えできないことは残念ではありますが、あれだけの♂犬が集まり、中には未去勢の犬もいました。

少々のいい争いはありましたが、あの犬男子が対峙した時の嫌な緊張はなかった…。

♂同士は、すぐにケンカするモノではないのです。

犬との社会性があるオス犬は優位性の牽制の応酬はありますよ。

でも、すぐに流血ざたのケンカになるわけではありません。

「お前もなかなかのもんだな。よし、今日は、このぐらいにしておいてやろう」と、お互いがお互いの存在を認めあうことで、激しい争いが避けられているのかもしれませんね。

Dog Communication Class「犬の砂場」で語られる様々な犬語は、人間に向けられる犬語ではなく、すべて純粋に同族へ向けられる犬語です。

へちまこは、犬たちの言語のレパートリーの多さには、毎回、驚かされるのです。

そして、ノンバーバルな言語(正しい使い方ではないとは思いますが)を、駆使しながら同じ空間を共有する平和を保とうとする犬たちに、へちまこは感服するのでした。

では。

非公開の方は今しばらくお待ち願います~m(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2013年3月 6日 (水)

Dog Communication Class 犬の砂場開催します。

34_large       寝るもよし、スワルもよし、語るもよし・・・

長い間お休みいたしておりました Dog Communication Class「犬の砂場」を開催いたします。

今回のメインは、タービュレンの男子。

気は優しくて力持ちですが どうも女子犬たちの心が読めないのでは、というご相談です。

このタービュレン男子に愛の手を差し伸べていただける、クラスメイトを募集します。

もちろん 心強い犬男子のクラスメイトも募集します。



chick日 
時  3月23日(土) 12:00~

penguin場 所  参加犬さんのみお伝え

dollar参加費  犬さんの飼い主&見学者 2,000円
             (ハーネス普及活動に使途されます)

pig見学は、過去参加犬さん、参加者さんの推薦が必要です。

snail参加犬さん、同伴人間さん、見学希望の人はコメント欄から
 お申し込みくださいねsign01

danger締め切り 3月21日まで よろしく~ヽ(´▽`)/


danger犬さんたちの参加状況によってはお断りする場合がありますので
 ご了承くださいませm(_ _)m


full参加許容数にに達しました。募集を取りやめます。
 ご協力、ありがとうございましたm(_ _)m


追記です・・・


danger初参加の希望の犬さんには保護者さんの砂場見学からお願いしています。

danger同族に対して攻撃的に見える、突進して困ると言う場合は、必ず個別のセッションを経てからの参加をお願いしております。

dangerメインで参加になる、ならないは個別でのセッションで決めさせていただいています。

97_large  
近づくもよし、尻の匂いを嗅ぐもよし 目当ての女子に近づいて玉砕するもよし
      
      思うがままに 自分の気持ちを伝えてみよう ふられて傷ついたこころは

              君の大切な人間さんが癒してくれるよ( ^ω^ )

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2012年12月31日 (月)

公開限定版「犬の砂場」からのお願い。

37_large
年の瀬になってやっと更新しています。どうぞ、ご訪問くださいませm(_ _)m

Dog Communication Class 「犬の砂場」は、非公開ブログです。

このクラスに参加した犬とその保護者のみ、閲覧が可能になります。

見学者の場合も閲覧許可をいたしますが、見学者は「犬の砂場」参加犬の保護者のご紹介のみ、受け付けておりますので、ご了承、お願い申し上げます。


それから、近ごろ、こちらに登録してあるIPアドレスと別のアドレス、複数のアドレスを

ご使用の場合は自動的に閲覧を拒否する機能が働きますので、そのような場合は、

もう一度、当ブログコメント欄より申請くださいませ。

IPアドレスの読み取りは自動で行いますので、個人情報のみをコメント欄で送信してください。

メール送信では受け付けできません。


当ブログコメント欄は、非公開ですのでご安心くださいませ。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

へちまこ。

2012年10月27日 (土)

10月26日の犬の砂場より。

Dcim0681
昨日は延期になっていた、Dog Communication Class「犬の砂場」開講の日でした。

犬同士の遊びなど観ていて何が楽しい・・・ななていう方もおられるようですが。

犬同士は興奮するだけで一利もない、なんてこともいわれちゃったり。

犬同士の姿を喜んでいるのは人間だけ…なんてこともささやかれ

ま、そこは誰でも思うとかもしれませんね。

それでも犬の砂場は観ているだけで楽しいと思える犬バカ編隊の集まりです(^-^;

昨日は、上々のお天気の中、犬語に少々難あり、と思われるオヒトリサマとそのクラスメートになるべく犬たち6頭が集まってくれました。

個性豊かな犬たちの言葉をダイレクトに観るとうことは、なんという幸福感~ヽ(´▽`)/

犬ばか編隊の人間のみなさんのニコニコ顔。

ここでは、人の指示など最小限。

スワレ、フセやら、ヒールなどの人間語は交わされることも稀です

その子の本当にしたいことを観るということ。

人間の指示なしでも犬同士の平和が保たれるのを観ることができる・・・

それが「犬の砂場」。

たまに起こる諍いを無粋に止めることも最小限です。

派手にガウガウやっているように見える子も

実は、ボディ・アタックで応戦しているだけのことも。

ヒトが犬はすぐに咬むもんだという認識がある限り

犬たちの言葉は霧散してしまう。

人だって、言葉でも力でも争いはある。

ヒトは、言葉でもって傷つけあうことがたくさんあるけど

犬語の世界はで、犬たちの口から出るガウガウやうなりや、吠えでは誰も傷つけやしない。

人間はそこのところが理解できないのかもしれない。

この日の難有りな子という犬。

地元では同族に突進してしまうという。

でも、この日・・・

秋の風を感じ、草むらの生き物の匂いを嗅ぎ 青々とした草を食べ・・・幸福そうだった。

彼なりの犬語で接触をしてみたり

リデルに窘められたり

少し同族と走ってみたり

誰と一緒に来たか思い出したり・・・

彼には彼の世界があって、誰も傷つけようとは

思ってはいなかった。

だから、突進などなかった。

そして、犬らしいく思い切り放尿できて、地面の匂いを嗅いで、若い仲間と遊んで、

少し女子の傍に行ってみたり・・・

今までやってみたかったことを

今までやらせてもらえなかったことを

すべて自分の考えでやってみた・・・

その結果がすべていいモノではないにしろ

人間が押し付けることのない

犬同士の会話は、彼にとって新鮮だったに違いない。

その彼の幸福を、昨日の仲間たち人間たちは共有できたと思うのです。

では・・・みなさん、ご協力ありがとうございました。

うんんんーと、少々難ありはもしかしたら、顔の黒いたち耳の子でしたかしら(;´▽`A``

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2012年10月 2日 (火)

10月23日 ドッグ・コミュニケーション・クラス 犬の砂場 開催します。

85_large 尻嗅ぎ合うのも、多生の縁?

長い間、勝手に夏休みをとらせていただいていた、
Dog Communication Class

「犬の砂場」を再開します。

「犬の砂場」は、人間の介入を極力抑えた、犬の同士のノンバーバルな交流を観察する場です。

すでに、今回のメイン犬は決まっております。

この犬が不参加の場合もメイン犬(次回繰り上げ)が決まっております。

今回犬は、同族との会話の仕方がいまいちわからな若いオス犬になります。

女の子犬たちと、大人な犬たち、Teaching Dogが彼をどのように導き、ジェントルマンとして成長さていくかを見守っていただきたいと思います。

またクラスメートのご協力をお願いします。

クラスメートとしてのワンコさんの参加希望と可能な子のタイプ。

他犬に過剰なまでの攻撃的な言葉を話さない子。

♂と見るとチンピラにならない子。

以前、砂場に参加しているワンコさん。

全体数で6~10ペアの構成になります。

制限頭数に達しました(*^-^)募集を中止します。

セッション犬以外、参加希望の初回の人間さんはご愛犬を同伴できません。

どのようなことが行われるのか、まずはご見学をお願いしております。

この場が合わないというワンコさんもいると思いますので、まずはご見学くださいませ

日 時  10月23日(火) PM1:00~(予定、変更あり)

      雨天の場合は26日。

場 所  参加者、見学者のみメールにて通知します。

費 用  2,000円(一家族)

ご希望の方は、コメント欄(非公開です)より必須事項(実名、ワンコさんの名前、犬種、フリーメールではないメアド、連絡可能な連絡先、見学)を入れてください。

フリーメールの場合は携帯やスマホのメールアドレスをお願いします。

締め切り 10月20日

見学者数に達しました。

新規見学者募集を中止しました。

なお、見学経験者の当日いきなり見学は応相談してくださいませ。

全体的なアシスト(経験者)をして下さる方、募集しています(参加料無料)

*なお、見学者数の制限があります。

dangerお知らせ

イタリアングレーハウンドとお暮らしになってる方、名無しです。

見学の件でお返事したいのですが、携帯メールで配信不能です。

ご見学の意思がおありならばコメント欄よりご連絡くださいませm(_ _)m

25_large

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2012年9月16日 (日)

非公開ブログ 犬の砂場 更新しています。

85_large  なが~~~い、夏休みをいただきまして?

いや、勝手にいただいてました~~(;´▽`A``

ま、秋も近しで(暦の上では秋ですが)更新しましたので、どうぞ、「犬の砂場」登録の方はご覧くださいませ。

お知らせしないと忘れている方も?いるよね~~(^-^;
そんなブログもあったんだと思いだして下されば、幸いでございますm(_ _)m

10月に入りましたら、再開します。

どうぞ、お楽しみに。

では、ではpaper

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

カテゴリー