無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アンジェラ先生のHP

sallyのフリースラインドハーネスのHP

Another Sandbox

  • Another Sandbox
    “犬の砂場”の非公開ブログです。閲覧には許可が必要です。こちらの砂場ではより多くの犬たちの活躍、そして犬たちのa substantial speech を楽しんでくださいませ~。

お勧めマズルガードのお店はこちら

㈳日本愛玩動物協会

FB

Dog Language Class

教室に代わる新たなクラスです。広い河原を犬ともに歩き犬を知るクラスです。

2016年12月22日 (木)

Liddell The Teaching Dog「衰えない感覚のために」

0044_xlarge_440x2782015年のクラスの様子。たくさんの情報が読み取れる。アンジェラの講義は画像の洪水。その講義がまた聴ける。犬が犬によるときに頭を下げるのは?偶然なのかどうか?行動は情報なのでその回数にも注目する。尾の左右の揺れの違い、背負い方、尾の位置。


≪本文と画像は関係ありません≫

15日は、久しぶりにティーチングドッグで活躍だったリデル。

若いハスキーのお嬢さんと野犬出身の6ヶ月と11ヶ月、元保護犬の小型犬さん。

リードスキルも合わせてレクチャーし、犬がリードを引っ張ってるのではなく、人間がリードを引き戻しているから、犬がリードを引っ張るという、負のスパイクから、みなさん抜け出せそうです。

特に小型犬の飼い主のみなさんは、市販の120㎝リードをそのままお使いの人が多く、ハーネスでも小型犬は身体にいつも上へのテンションがかかった状態。

いつも引っ張られているような身体への刺激は、速足や吠えかかりという行動に現れているのかもしれません。

試しに3mリードに交換したら、ピタリとリード引きが収まり、自分で決めた間隔で飼い主さんの傍にちゃんと、佇みます。すばらしーーsign03

しつこい吠えも徐々に収まり、落ち着いた行動も増えました(^-^)
0040_xlarge_440x340気づかないふりをする回数・・・匂いかぎの提供さえ、意図的に犬的な無視を使うかもしれない・・・

さて、野犬組と超ハイテンションのハスキー。

ハスキーは同族へのリアクティブがありますが、恐怖からではなく、とにかく同族と触れあいたい、遊びたいという大興奮系。

そのパワーに押されて、ご近所では避けられてしまうということです。

リデルとの初対面もガンガンと突進し、リデルからのきつい一喝で狼狽える、狼狽える。

どうにかお近づきになり関わりたいという、同族を強く求めているのです。

野犬の子犬ちゃん6ヶ月との遊び方も、リデルからの指導が入りますが(とにかく乱暴)

クラスの終わりごろには『このぐらい?こんな感じなら?』と、自分で力のセーブをするようになってきました。

リデルの視線が、ハスキーの子犬に集中し過ぎてそのまんま高いテンションで、遊び出そうとするハスキーの行動をうまい具合にカットさせます。

野犬組の2頭は、天然犬語でリデルとの挨拶も、無関心さを装うことも、さすがに上手。

リデルの同族への公平さは健在で、この日もハスキーの乱暴さが収まれば子犬との遊びを許容します。

常に子犬の保護に回るのかと思うと、そうでもなく、パピーライセンスが切れかかった子犬へも、犬としてのティーチングをしていました。

0132_xlarge_440x293遊びと遊びではないボーダーラインは?これさえもわからない飼い主がドッグランで犬を自由にし過ぎてないか?自分の犬を守るためにも犬の行動を知ることはとても大事なこと。

ずいぶん前、同じ犬種を飼った人で、リデルと同じように同族を強く求めるので、1年以上、同族との接触をさせず、トレーニングで同族から引き離した人の話を聞きました。

私にはリデルにそれができず、ティーチングドッグの仕事を与えたのです。

与えるのか取り上げるのか。。。人間と暮らすには人間との関係はいちばんなのですが、中には同族を求めてやまない犬もいるのです。

犬の社会は犬にしか教えられない。。。久しぶりのリデルのティーチングを見ていて、アンジェラの言葉を反復しました。

犬は人間の社会で生きていくわけですから、犬のことを無視できる犬の方が安定し安心な暮らしができるのかもしれませんが、私たちが同族を求めるように犬たちにもそれがあるのかもしれません。

犬同士も人同士も、同族の関係をうまくやるスキル、うまくやり過ごすスキルは同種のほうが断然にうまくやっているように思います。

私は、アンジェラに出会わなければ、犬によりやさしいと思う方法や道具の選択が今のようにできなかったかもしれないし、アンジェラは確実に10年前に「犬にハーネス」を、伝えた第一人者です。

そのハーネスも、どこかを締め付けたり、身体に何かの刺激を与えるようなハーネスではなく、とにかく犬の言葉(ボディ・ランゲッジ)が良く分かるようにすること、犬が自由に話せるようにするためのハーネスでした。

犬の行動を知ることは、犬の言葉を知るひとつの大きな扉でした。

その後に続く、犬のストレスのこと、人道的な犬のトレーニングや道具のこと、エミリーやグリシャのBATへ続く道は、アンジェラから続く道なのです。

0022_xlarge

2017年、再来日のアンジェラに寄せて・・・
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

2016年11月29日 (火)

久しぶりに「Dog Language Class」開きます。

Dsc_0182_440x175

本当に久しぶりですね。

いやもう、忘れられているんじゃないかと思ったら、忘れられていないようで・・・うらしい限りです。

一大イベントの「エミリー・ラーレムワークショップ2016」も無事に終わり、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

WSのご報告は後ほどゆっくりと(忘れるんじゃネ?(^-^;)させていただき、今年中に開催したかったイベントのお知らせです。


《ドッグランゲッジ・クラス》

犬同士のリアクティブを軽減できない原因に、犬同士の距離と飼い主の心理は大きく関わります。

 ドキドキがリードに伝わり、止めようとすればするほど犬の飼い主の行動は怪しくなり、かえって犬の不安を煽ってしまっていたりします

 ドッグランゲッジ・クラスは、そんな飼い主さんのドキドキに距離という余裕を持たせ、犬のボディ・ランゲッジを学び、犬のリアクティブの軽減を手助けするクラスです。

 若くてエネルギッシュな犬にはティーチングドッグの協力もご用意(^-^) 

日時: 12月15日&22日共に㈭ クラスは11:00~1時間ほど。

参加条件は、5mロングリードスキルのある方。

ない方は、15日はご見学をお薦めします。

dog こちらのクラスは、5mロングリードスキルが必要になりますので、初めての方は15日10時から5mリードスキルショップをご利用くださいませ。

場所: 参加決定者のみお知らせ。

費用: 参加決定者のみお知らせ。

募集数: 6組(人6とその飼い犬1頭ずつ)

new お申し込みの方には今回から、簡単なアンケートにお答えいただきます。

お申し込み方法 

当ブログコメント欄に必須事項(実名、必ず連絡がつくメアド、都道府県)を記入。


15日10時からの5mリードスキルショップご利用者は、「リードスキルショップ犬なしで参加」と明記ください(ロングリードは数本お貸しできます。)

犬同伴者は自宅から現地までの推奨移動時間往路2時間以内。

また、今回より先着順ではなく、原則15日と22日参加できる方を優先、特に犬同伴の方は2回の連続参加をお薦めします(見学はこれにはあてはなりません)

当日の天候の件 当日雨の場合は前日の天気予報で決めますね。

では、ご参加お申し込み、お待ちしておりますヽ(´▽`)/

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

2016年3月19日 (土)

3月17日の『ドッグランゲッジ・クラス』

Dsc_0234_440x247
3月17日(木)『ドッグランゲッジ・クラス』を開催しました。

汗ばむほどの陽気でしたが、6組の参加がありました。

いつもは、8組を募集するのですがこの日は、自分の犬、グローネンダールのチェシアをteaching dogで参加させるために、参加数を控え目にした構成です。

Dsc_0221_440x248黒いヌリカベの後ろにはかわいい柴っこがいますよ~~(≧m≦)

Teaching godの能力を借りる場合、teaching dogの個々の持つ能力を越えないクラスメイトの構成は大切なことになります。

この日、チェシアにteachingしてもらいたかったのは、GシェパードのL君と、まだパピーライセンスの期限内の柴犬Lちゃん(♂)。

GシェパのL君はリデルを交えたセッションを2回行っています。

リデルはチェシアよりも強いボディランゲッジを使いますから、自分の力を試したがる若い♂犬のteachingには有効ですが、子犬ちゃんがいる場合はあまり良い環境が提供できなくなる恐れがあります。
(リデルそのものは子犬ちゃんは大好きですよ~。)

チェシアはリデルよりもマイルドなので、子犬ちゃんのいる環境を良い状態で任せられます。

Dsc_0219_247x440

この日は、カメラを向けたら、ちょっと、気分を害されちゃいました。(ごめんよぉsweat01

ママさんの、『うちの子ビビりで臆病で』ということですが、久しぶりに礼儀正しい挨拶をする子犬ちゃん出会いました。
 
それがLちゃん。

前回はとても緊張していて、お話どころではなかったLちゃん。

自分で良い距離を取りながら、過ごしていました。

時折、大人犬が来るけど、子犬の挨拶がちゃんとできていて、周りの犬もそれを受け入れていました。

Dsc_0228_440x289飼い主さんのリードの緩み加減の保持、goodですね!
クラスに参加していくうちに、人間は犬に負担のないリードスキルを身につけることができるようになりますよ~。



大人犬へのリスペクトも上手ですし、犬語のレパートリーも広いです。

上手く自分の気持ちを表現できる子犬ちゃんです。

ということは、自分で行動を決められる(選択できる)ことが、Lちゃんの正解になり、それがLちゃんの自信へとつながります。

しり込みする子犬をリードで前へ引き出したり、飼い主の後ろへ下がった子犬を押しだして、怖くないから遊べとは・・・犬の気持ちにより添わないばかりか、恐怖を煽るようなものです。

私たちも、自分で行動を決め、それを実行するときに何とも言えない達成感という快感を得られるはずです。

犬の気持ちに共感する、人間の気持ちに共感できるという科学的な根拠があるにもかかわらず、人間の気持ちだけを押しつけるような社会化は百害にしかならないんですよ~。

また、犬を初めて飼う多くの犬飼さんが、社会化の言葉に踊らされてドッグランというところへ、子犬を連れだしています。

ドッグランが悪いわけではありませんが(使い方による)、初心者の飼い主さんに犬語がわかるわけではなく、子犬が初めての場所で驚いて怖がっているのに、周りの犬飼さんが(特に牢名主タイプ飼い主。特に自分の犬を嫌う犬)この子は臆病だとか、ビビりだとかとラべリングをしてしまいます。

臆病でもビビりでもない、正常な犬語を話している子犬にさっそくラベリングすれば、臆病やビビりがとても悪いことのように感じてしまう場合があります。

子犬の飼い主さんは社会化が遅れてしまってはと思い、子犬をますます連れ歩き、なちゃいない大人犬に会わせすぎ、子犬のペースなどお構いなしに社会化を進めようとし、最終的には犬嫌いにさせてしまうケースも往々にあります。

一般の飼い主さんは、自分の犬が基準になりがち。

また、不特定多数の犬が集まる環境は、それだけに管理が行き届かなくなり、事故に遭うリスクが高くなります。

子犬の大切な時期に、トラウマを抱えるような環境は、極力避けたほうが賢明ですよ~(゚ー゚)

Dsc_0227_440x307
さて、そうは言いつつ、子犬には人間社会への社会化と同族への社会化は重要なこと・・・

人間社会は人間が教えないとなりませんが、犬社会は犬からしか学べないのです。

では、どうしたらいいのか、なのですが、子犬期の良い大人犬との付き合いは、とても大切な経験になります。

ちゃんとした良い大人犬に出会ったら、お付き合いをお願いするのも良いことです。

こんんちは!からでもいいでしょうし、飼い主は自分の犬をほめられるのに弱い(へちまこもー!happy02)そして、理由をいうのもいいでしょう^^

良い先輩犬のチョイスがわからない場合は、ご相談くださいませ。

Dsc_0230_375x440
GシェパのL君には、子犬期に学習できなかった犬の言葉を、様々な同族を通して学んでもらっています。(L君はネグレクトのような生活を生後5カ月になるまでしていました・・・)

まだまだ空気(相手の犬語がわからないというより、なぜ自分の行動で威嚇されるのかがわからない)読めないというところです。

Dsc_0226_440x320いちごちゃん・・・L君のよだれ攻撃をそつなくやり過ごしてました



相手が不快に感じていても、自分のしたい行動が優先されてしまうのです。

でも、根は気立てのよいジェントルマンなんですよwink

その良さが、前面出てくれるようにお手伝い中です。

Dsc_0232_440x361柴犬福ちゃん。いつもニコニコの福ちゃんは柴犬Lちゃんに良いおねーさんぶりをしたいのですが、まだ空回り~。相手の犬語を読んでどう振る舞うかは模倣するしかありません。



犬の社会も人間の社会と同じで、老若男女ですよね。

そして、個性と個性との付き合いが展開していきます。

Dsc_0223_247x440自分からケアンの野花姉さんに近づくLちゃん・・・飼い主は見守り、じっと待つことの大切さを学んでいきます。


この日も、子犬~シニア期の犬たちがバランスよく、出会いと別れを繰返し、徐々に上達していく様子を観ていると、犬には犬の良きteacherと、その環境を整えることができる人間の存在は、やっぱり必要だと思うのです。

自分で適切な犬語で同族とコミュニケーションできたとき、犬たちのやった感!のボディランゲッジ!

これを見れるだけでも、犬と暮らして良かったと思いたいですね。

Cimg1809_440x330
お疲れチェシア、良い働きをしてくれました・・・(これは少し前のL君とのセッション風景です)



次回 『Dog Language Class』は、4月20日(水)を予定しています。

最大8組ですが、Teaching dog帯同の必要性があると判断された場合には、最大6組となることと、クラス構成の都合で参加お断りとなる場合がありますので、ご了承くださいませ。

申し込みは、この記事のコメント欄より。

飼い主実名、犬種、犬名、年齢、性別(避妊の有無)をお願いします。

何度か利用の方は、必要ありませんが、お名前だけは確実にお願いします。

参加受け付け数は、あと2組となりました。

お早目のお申し込みをお願い致します。

定員に達しました~ヽ(´▽`)/

お申込み、ありがとうございました。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 

2016年3月 7日 (月)

2月27日のドッグランゲッジ・クラスの様子と3月17日クラス開催のお知らせ。

Dsc_0178_440x248ピーチパパさんに言い寄る柴犬福ちゃんhappy02

2月27日は良い天気に恵まれた、Dog Language Classでした。

この日のクラスメートは、福ちゃん(柴)、ピーチちゃん(シーズー)、野花さん(ケアン)、レオ君(柴)、ドノ君(ボーダー)、漣君(G・シェパ)、ブラッキー君(ブリアール)。

少人数制にしてから、飼い主さんとよくお話もできるし、犬たちヒトリヒトリもよく観ることができてよりよいサービスが可能になりました。

Dsc_0173_247x440
若いけど、大人な犬なピーチ嬢。

大声の犬語を話さないタイプですが、カーミング・シグナル(CS)も、うまく使い分けていました。

静かなる大物のピーチ嬢です。

Dsc_0174_276x440
ニューカマーの、柴犬レオ君。カメラ構えたら大接近happy02

ママの、ビビりです、臆病です、怖がりです、というラべリングで参加ですが、すべてが本当にラベリングでした(笑)

大人犬への礼儀正しい挨拶や、もうこれ以上はご勘弁をのシグナルも十分すぎるぐらい使っています。

怖がりととらえられるシグナルが多いと思われがちの子犬ですが、争いを避けるスキルの高さをこのまま伸ばしてあげてください。

日本犬を扱うプロのトレーナーでも言い出す、子犬でも反抗したらギャフンと、言わせるは大間違いです。

また、ビビりだから日本犬の♂らしく堂々とさせるために、他の犬にけし掛け煽るようなことも必要ありません。

ほとんどの飼い主さんは、気が強い犬と暮らしたいわけでもなく、闘犬をするような犬がほしいわけではないはず。

穏やかに共に暮らす家庭犬

子犬には、その子犬のペースで環境に順応していってもらいましょう。

そして、良い大人犬に出会うことと、良い人間に出会うこと。

同族への社会化でドッグランに連れ出す人がいますが、ドッグランは無法地帯。

自分の犬を過大評価する飼い主も多いです。

ドッグランゲッジ・クラスでは、個々の犬にたちに合った、環境設定で無理のない同族への社会化を進めていきます。

Dsc_0175_318x440
G・シェパの漣君。

この日は、本物大人男犬に出会いました。

リデルに2度ほどブッ飛ばされているので、この日は見知らぬ犬へ飛び込んでみる!という、行動に移りませんでした(笑)

が、初めて会った大人男犬に興味津津でしたよ~(笑)

Dsc_0172_429x440
ズっーと継続してくれているブリアードのブラッキー君。

BATを実践しています。

いろいろと翻弄されることがあったW家のブラッキー君ですが、着実に安定してきています。

縦に飛ぶ行動も少なくなり、他の犬との距離の取り方もうまくなりました。

この日は、大人な男犬、ドノ君の傍にいることが多かったです。

Dsc_0180_248x440
この日の、管理者、ドノ君です。

実に良い働きをしてくれました。

特に、力試しがしたい若♂漣君への指導を自主的にしてくれました。

漣君も本物大人の男に出会い、良い刺激を受けていました。

Dsc_0185_282x440
自分で、伏せをしたブラッキー。

小さな仲間がいても、過剰反応はこの日はありませんでした。

たまたまなのか、よほどご機嫌が良かったのか・・・身体の緊張も少なく、まだ子犬なレオ君にも穏やかに接していました。

服従訓練も頑張っていたWさんですが、犬が楽で毎日が楽しくなるように、人がリーダーになろうとするトレーニングから離脱したこと、嫌悪刺激首輪からハーネスへ転向したことも良い方向になったじゃないかと思います。

Dsc_0182_440x175
絶妙な距離感ですね!

人間がとやかく介入することはなく、自然にふるまえる距離を自分で選択できること、犬の自信にもつながりますよ。

もちろん、安全のための人間の介入はありますが、犬への過剰侵入にならないように気をつけたいもんですね。

みなさん、おつかれさま~!

みんな、良い犬たちでした\(^o^)/

では、次回は3月17日(木)に予定してます。

お申し込みは当ブログ記事コメント欄より、お願いします。

お申し込みは実名でお願いします。

今回は、開催日が来週ですので、新規の方は早めにお申し込みください。

定員 最大8組です(最小2組)


締め切りました!

参加表明のみなさん、ありがとうございます。


 


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

2016年1月26日 (火)

訂正します。ドッグランゲッジ・クラス、1月29日(金)です。

ドッグランゲッジ・クラスの日付を間違えました。


1月27日(金)となっておりましたが、イベントのお知らせのとおり、
1月29日(金)です。

大変失礼しました。
申しわけございません・・・・m(_ _)m

1月29日にご参加の方には、後ほど、個別にお知らせをいたします。

1月29日 ドッグランゲッジ・クラス開催します。

Dsc_1657_247x440
お待たせしました~。

昨年の12月も…・とは思っていたけど、いろいろなことがあって断念で残念なことになってしまい、みなさん、申し訳ありませんでした。

新年開催は・・・

日時  1月29日(金)  13:00~14:30(気温により早く終わる場合あり)

集合  いつもの場所(初めて参加は個別のお知らせします)

費用  2,000円ぽっきり!


すでにお申し込みをなされている方は、当日集合場所へ。

今回は、リードワークもしますね!

グリシャのBAT用リード(シンメトリーリード)をお貸ししますので、お試しくださいませ。
Dsc_1975_248x440

では、当日、お天気になりますように。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

2015年10月28日 (水)

第1回「Dog Language class」を開催しました。

Dsc_1652_440x247なーにー・・・これがトレーニングと言えるのか?ただ歩く?いえいえhappy01これがミソなんですよん(笑)


10月25日は、第1回「ドッグ・ランゲッジクラス」を開催しました。

これはかわさき犬・猫愛護ボランティア川崎区が16年間継続してきた「犬とのつき合い方と飼い主のマナー教室」を閉講し、新たに設けた少人数制のクラスです。

まあ、早い話がたまにはのんびりと広い所でお散歩でもしようよ。

しながら、犬たちにはお互いのボディ・ランゲッジで話し合う機会を持ってもらおう、人間はそれを観察しながら犬語を学ぼうという主旨で始めてみました。

良いお天気の中、自分の犬が穏やかさを保てる距離をお互い確認しながら歩いてみます。

初回のこの日は、何もしない何も起こらないから犬は安心する、穏やかになるを実感していただけたのではないかなと思っています。

犬に何かをしないと犬がよくならないと思っている人には、何もしないただお散歩するだけのクラスは生易しいと感じるかもしれませんが、数頭の犬がいてもその中で何も起こらないことが犬を穏やかな安寧に導いていきます。
Dsc_1651_440x219いいてんきだね~~、おだやかにすごせるきょりかんってあたしたちとてもだいじにしてるの・・・

そして、犬の保護者も穏やかな心になっていき、それが犬にも伝わっていきます。

この日は、周囲の人間に脅迫されて、知らずに強制訓練を選択した保護者もいて、犬の心身が壊れてしまい、そこから回復した犬たちも参加してくれました。
Dsc_1650_248x440_2オイラ、もうごめんだよ、くびがちくちくするの・・・こうしてにおいとりしてじぶんでおちつけるようになったよ・・・


その犬たちの保護者は1年以上かけて、犬の心身の回復を待ちました。

その間、私が指示したのは「犬にないも求めない」「過剰反応をする刺激を極力避ける」ことでした。

過剰なストレスから突進突撃を繰り返しているわけですから、その原因を回避することで、問題となる行動が目立たなくなってゆきます。
Dsc_1653_430x348そばにいなくったてにおいがあればあいてがわかるのがいぬなのよ。

犬が苦手な犬も、十分な距離と自分でよい犬語の選択ができる環境さえあれば、嫌悪刺激や痛み、過剰なトリーツなどを与えなくてもいいわけなのです。

この日は、基本的なハーネスリードワークの確認と、「ネコさん突進組」には突進しないでネコさんを静かに観察させてもらう」という機会にも恵まれました(笑)
Dsc_1656_440x279ねこかじょうはんのうぐみって、だーれーのーこーとー?とおおぉいむかしのこと・・・

リードワークもみなさん、自主的に練習してくれて、良い犬飼さんに恵まれたな~と、スタッフ一同、この犬飼さんたちはこの先も立派な犬飼でおられるであろうと、確信した次第です
Dsc_1657_247x440

ふくのえがををあげるよ~~~あたいじゅしゅれんちゅーのしちゃった!



では、ご参加のみなさん、お疲れさまでした。

次回も、犬たちのために良い環境をご用意して、参加をお待ちしております。

次回は、11月27日(金)を予定しております。

予約開始は11月1日の午後1時からとなります。

参加申し込みは、当ブログコメント欄より。コメント欄以外での受け付けは致しません。
(実名、犬名、犬種が必須です)

定員 8組(一人一頭原則です)

★ トレーニングがなんだかうまくいかない、同族への過剰反応がある、広々としたところで犬に過干渉しないで緩衝しながらの環境でさりげないトレーニングをご希望の方は、お気軽にご相談くださいませ。


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

2015年9月29日 (火)

第1回「Dog Language Class」開催のお知らせ。

Dsc_1050_540x304


教室利用のみなさん!

お待たせしました!

16年間、ご利用いただいた「犬とのつきあい方と飼い主のマナー教室」は、閉講されましたが、月一回でもいいのでみなさんに犬を知る機会のご提供するということで、新たなクラス


Dog Language Classの第1回を開講します。


当初の日時10月25日を予定しておりましたが、なんと!自分の今勉強している講座の最終日であるということに気づかず、日程を変更させてくださいませ

 

本当に申しわけございませんm(_ _)m

 

clock 日時        10月24日㈯ 10:30~約1時間程度です。

flag 集合場所     お申込受付者のみお知らせ。(川崎市内)

dog 定員        定員に達しました。
人と犬8組 原則1人につき1頭です)

cat お申込み方法  当ブログコメント欄より。

* コメント欄に実名、現住所、犬種、犬名、性別、年齢を記入。

* ひと組ないし2組を新規としてお迎えします。
   
  こちらの場合は開催日の前にお会いできる人と犬になります。

* ハーネス着用(ハーネスに馴れていないペアはご相談くださいませ)

* なお、こちらのクラスは、訓練や問題行動の矯正には向いていません。

* またこちらの趣旨にそぐわないと判断することもあり、参加を受け付けない
   場合があります。
  (常に犬に命令する人、普段は嫌悪刺激犬具使用者など)

* 現在上記であるが、よりよい選択をしたいと思っている人は相談くださいま
     せ。


申し込みは受け付けは、先着順になっております。

今回の申し込みにあぶれてしまった人は次回優先ではありません。
毎回、先着順になります。

次回のお申し込み受け付けは開催日のひと月前から開始します。

danger 
申し込み締め切り 10月18日

rain  当日が雨天の場合は、11月25日(水)へ延期になります。

apple  またこちらのクラスは平日開催が可能なので、ご希望日を受け付けます。


chick Dog Language Classの趣旨

① 犬と人との散歩の中で融和と宥和を学ぶ。

② ハーネスとよりよいハーネスリードワークを学ぶ。

③ 犬の言葉を観察し、犬との暮らしに役立てるように学ぶ。

④ 犬に負担のない回避行動の仕方や、距離の取り方を学ぶ。

⑤ 同じ環境にいてもお互いを無視できるように学ぶ。

Dsc_0558

あたしたちとハーネス着けてのんびり河原散歩をしませんか~~happy02

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

最近のトラックバック

カテゴリー